TakahiroOtaさんの映画レビュー・感想・評価

TakahiroOta

TakahiroOta

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

3.5

終始一貫して美しい映画

男の同性愛映画で美しく儚くのテンションで有名なものは多々あり、この女の同性愛も流石のフランスって感じで美

にしても芸術って良いよな

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

4.5

大事な生き方を学べる、人生哲学が詰まってた
観た後、青空とコーヒー全てに感謝するぐらいには心が澄んでた

生き急がないスローライフ、植物の癒し、何かに流されない選択と決定
少しでも取り入れれば人生豊か
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.2

特段盛り上がるとこなかった
ストーリー辛い話であんまり

頭が良いって本当にかっけえ、こんな博士の頭の中を見てみたい

グランドピアノ 狙われた黒鍵(2013年製作の映画)

2.6

面白くないタイプのB級映画

終盤の演出がチープ、ピアノの映画なのにピアノのメロディーの見せ場少なすぎ
難曲にトライするラストシーン、壊れかけの音も出ないピアノで成功して万歳じゃなくて、普通のピアノで
>>続きを読む

みじかくも美しく燃え(1967年製作の映画)

3.3

短くても美しく幸せなら良い人生なのか
クラシックに彩られたドラマチックな生涯

進行がスローすぎた

ザ・ライダー(2017年製作の映画)

4.0

かっけえ人間の夢を諦めるなって言葉、かっけえ!言う人間次第で沁みる

スポーツとか何か一つに心血注いでる人間の生き様は良いな、会社勤めとは比較できない

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.7

何段階かのドッキリ仕掛けと伏線が普通に面白い

長澤まさみええなあ

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.4

サイコ?スリラー?
割とゾクゾクするシーンもあり、色々と生々しく描かれててまあまあ

有名な最後の女の子の笑顔シーンも良し

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.6

がびょう飲み込むシーンとか、完全スリラーなとこを最後までやりきっちゃうフランス映画素晴らしいな

色味含め、さすがフランス

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

3.4

ビンリュー監督のおかんとの対談が一番沁みたわ

貧しくて学がなくてもがき苦しんでる人達に比べたら、めちゃ悩みながらもちゃんと仕事あって働けてるワシまじ恵まれてるのか、、んなわけないな転職しよ

とりあ
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.8

ヤクザの世界の移り変わりとヤクザとしての生き方が、生々しく描かれてた

中でも社会に合わせてヤクザが生きていくためにそのやり方を変えていく描写が、すごく切なかった。変えたくなくても変えないと生きていけ
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

3.7

5年くらい前ずっと見たいと思ってたのに、どこにも配信されてなくてTSUTAYAでもDVDなかったちょっと思い出の映画

オーディションで選ばれた本当の高校生たちと名監督による作品

要らん情報もなく淡
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

松岡茉優ええやん
ポップな効果音とかでコメディー風だったけどそこら辺も良かった

昔から大好きな人を追っかけてアホくさく死んで欲しかったけどな

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.4

めちゃんこ重い女の子、気持ちはわからんこともないけどやっぱあっさりサッパリした性格の方が人生こじらせないってことだね

気遣える人より、人のこと気にしない人の方が幸せになれそう
中原くんも、もてあそば
>>続きを読む

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.8

ロバートレッドフォードって鬼渋いよな
顔のしわすらめちゃかっけえわ

逮捕される時毎回笑顔ってまじで強盗とか人生楽しんでんだろうな、幸せやん

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.1

この手の映画を見るのに良い長さ

自分が味わうことのなかった人生の楽しみ方、楽しむことと真面目さが相反するものでないことを祈りつつ、社会人でも人生を謳歌していきたい所存

スケートして酒飲んで女いてっ
>>続きを読む

僕の好きな女の子(2019年製作の映画)

3.7

心優しい奥手な男が、ただの良い人と評されるの切ないな

脚本家の男が個展とかやる芸術的な女性を好きになるのはよくあることだろうし、そういう人ってみんなこういう人生辿ってそう

俺も似たようなもんかこり
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.2

人間の映画が好き故に、アバターがまじアバターすぎてびみょ
だからアニメとかハマれないのかもな

もしも昨日が選べたら(2006年製作の映画)

4.0

アホくさい展開多くておもろい中、急に最後に家族愛の物語になり涙

仕事より家族を優先する点は本当に意識して生きていこうと思う、まずは嫁さんと子供できますように

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

3.2

過労死寸前ワイ、超久々の映画

しかしびみょ、酒飲むのが一番

幸福の黄色いハンカチ(1977年製作の映画)

3.4

現実はこんなに甘くない気がしてしまうけど、良かった
高倉健かっけえなあ

純愛度がえぐい

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.5

ビル・マーレイって地味にめちゃくちゃ良いよね

同じ日を繰り返し過ごしてしまう人の恋物語、前見た若い人たちの話もこの大人たちの話も面白かった

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.8

想像以上に喧嘩、暴力、血な映画だった

冷静な人間いた?ってぐらい熱量はんぱないやつらしかいなくて、熱量向ける方向間違えてるやつもちらほら

この主演2人って良い役者だと思うわ

情熱注いでアチい人生
>>続きを読む

式日-SHIKI-JITSU-(2000年製作の映画)

3.3

岩井俊二主演で、撮り方的にも彼の作品ぽいんだけどあくまで監督は庵野

この人らの頭の中どうなってんだろうと思うような作品、やりたいように作品作れるの楽しいだろうな

同監督のlove&pop良かったか
>>続きを読む

ラブ&ポップ(1998年製作の映画)

4.4

良作、好きな人はかなり好きだと思う
第一に今ではこんな映画絶対作れないし、商業目線を捨てて独創的に作った90年代の遺作みたいな
岩井俊二的な映画

ショパンのノクターンの挿入があまりに綺麗で、、、
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

結構ゾワゾワしてたしホラーとして良かったわ

娘の顔が普通に怖いんすわ、ありゃこええ
奥さんのキャラもやばすぎサイコパスでそこがこの映画の面白いとこだった

エンドローンの曲が地味に良い、このサイコホ
>>続きを読む

小さな恋のメロディ(1971年製作の映画)

3.7

純粋無垢な子どもの恋
好きな人と一緒にいたいだけなのにって泣き出す女の子の心綺麗すぎたわ

大人になるってむなしいことでもある気がしてきた、もう純粋な心は自分には残ってないのでしょうか

LIFE!(2013年製作の映画)

3.7

人生冒険の方が楽しいけど、金と安定考えた瞬間にリスクある夢は追いかけられなくなっちゃう
っていう考えを打破するほどの夢はこの作品からは見出せなかった

けどなんか良い、ショーンペンちょい役なとこおもろ
>>続きを読む

ビーン(1997年製作の映画)

3.3

キャラ勝ち
王道コメディ、中指立てるとことかちょくちょくアホくさいシーンあっておもろかった

>|