Takaさんの映画レビュー・感想・評価

Taka

Taka

Netflixメインです。

映画(145)
ドラマ(0)

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

バケモノの設定と見た目のクールさに全振りした結果、割とホラー映画に凝ったストーリーとかバックグラウンドとか要らないよねってのがわかった一作

どんしんきっ
どんせいいっ

クリーチャー一本頼みなあたり
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.9

アイデア一発勝負の映画
これ以降に似た作品を作ってもそんなに面白くはならないだろうなって感じです。

遺体がとても綺麗でモデルさんなんだそうですがよくこの撮影を受けたなって思います。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

スタイリッシュクライムアクションみたいな
特に何も考えず観れて好き

アイってのはフリーメイソン的な奴なのかな
ダヴィンチコードみたいにアメリカ人的な感性ないと100%は楽しめない奴なのかな

前作だ
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

どうにもどっちにも感情移入出来ない
自業自得vsやりすぎ
な感じで見ているとなんだか蚊帳の外感を感じる。

暗闇で索敵が無敵なのをもう少し引っ張ればもうちょい怖くなったんじゃないかなーって思います。
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.0

脚本以外は良いんだけどなぁ…
映像も音楽も演技も良いんだけどなぁ……

なんだこのb級映画にありそうなストーリーはって感じでした


特にラストのとりあえずこうしとけばひとまず1作目は終われるでしょ!
>>続きを読む

サウスバウンド(2015年製作の映画)

3.8

オムニバス形式の5編?のホラー

それぞれが異なるテーマというか怖がらせ方をしてくる
一応それぞれがふんわり繋がってて主役の人同士がどっかですれ違ってたりする
けど全くそれぞれが相互に絡まるとかはなく
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます


なんで絶賛されてるのか…?
ストレンジャーシングスのが先?後?

ペニーワイズの狂気性だけでホラーにしたいならちょっと尺が足りてないと思う
子供達が多すぎて各子供達のシーンを描くためにペニーワイズの
>>続きを読む

TAU/タウ(2018年製作の映画)

3.1

意外と良き

最後の方力尽きたのかCGとか小道具とかがどんどん安っぽくなってくのは残念だったけど

ザ・リチュアル いけにえの儀式(2017年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

"山"ってなんだか不気味な感じあるよね
ってのを掘り下げてった感じかな
ステレオタイプの男四人組腐れ縁みたいな

リーダー格のイケメン
お騒がせ役のデブ
臆病な細身黒人
謎覚醒する主人公

主人公は友
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

1.9

このレビューはネタバレを含みます

破壊者は観たのですが
クローバフィールドレーンは観てないんですが、これは観なきゃ行けなかったのかな


「エイリアン」とクトゥルー神話とSAWとパシリムを足して100で割った後にクローバフィールド感を
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.5

観ました


噂に違わぬ映画でした

ある種期待通りすぎて期待はずれな感じ


続編を待つ

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.9

圧倒的スケールで描かれた特撮パロディ映画?

好きだよ、こういう頭空っぽで観れる映画は


唯一頭使わせそうなのが地球空洞説くらいだもん

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい(2009年製作の映画)

2.3

アネモネ可愛い

テレビから映画に移ったぶんよりアダルトな内容を突っ込めるようになったのが楽しくて暴走した感がある

致命的に感じたのは2時間でやるにはキャラが多すぎてテレビ版を見ていない人はハナから
>>続きを読む

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル(2010年製作の映画)

3.6

毎度のことながら小ネタだらけのおふざけ大会、田舎の因習に巻き込まれ、忌み子も謎教団も大物の謎配役も全部盛り!ラストはやっぱり後味悪いよ!

って感じです

期待通りだし外れないし無限にこのシリーズあっ
>>続きを読む

ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年製作の映画)

2.3

ハングオーバー!にこういうの求めてないっての詰め込んだ感じ

どうせなら1.2の焼き直しみたいなの続ければよかったのに

このシリーズのキャラが好きなら楽しめるのかな

トリック 劇場版2(2006年製作の映画)

3.4

若干のテンポの悪さは感じるものの

あいも変わらずアホ映画

頭空っぽでみませう

終わる終わる詐欺

セックス・アンド・ザ・シティ2(2010年製作の映画)

4.0

自分もこんな生活して見たい!!!って思えるのが洋画の好きなとこの一つ

この映画はそこをばっちし捉えてんの!

なんで酷評されてたのかよく分かんないくらい楽しめました!

まぁ確かにわがまま女どもだし
>>続きを読む

トリック 劇場版(2002年製作の映画)

4.0

アホ映画

罪がなくて頭空っぽで楽しめて良いね

アホ映画は数少ない邦楽で観れるジャンル

ビーン(1997年製作の映画)

3.1

決してお上品ではないんだけど薄いんだよね

まぁ20年以上前の映画だから今とセンスが違うんだと思う

やっぱコメディってのは時代で色褪せちゃうから難しいもんだね

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

1.6

このレビューはネタバレを含みます

デッドショットとハーレイクイーンの映画作れば良いじゃん おわり



って訳に行かないくらい文句が出てくる
お手本のように仲の悪いチームにお手本のように危機が迫ってお手本のように一致団結して対処。アホ
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

大オチはありきたりなものだったけど

ありきたりというかミステリー小説のタブーの一つだけど

フーダニットとハウダニット、ホワイダニットの全てが使われててまぁ楽しかったです

一部のトリックが明かされ
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ただ一つ思ったのは
オクジャを必死で救った少女も

実家で飼ってるニワトリのスープが好物なんだってこと

ニワトリ殺すのに抵抗無いんだね

大日本人(2007年製作の映画)

2.8

最後のあたりはごっつだったねぇ

ごっつの雰囲気を楽しみたかったねぇ

求めてるものが噛み合わなかった感じ

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.2

サラザールに魅力が足りなかった

海の死神の表現がちょっとなって感じ

近づいてきてパクっ、は潜行からのドーンをするダッチマンほどの絶望感がなかったかな

ブラックパールはほんといつも追いつかれてんな
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

2.5

至極淡々と薄い色彩の中でキヌアの復讐劇が進んで行く

予想以上に内容が薄くって拍子抜けでした

ノウイング(2009年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

謎だらけの中でニコラスケイジさんが暗中模索していくのだけど序盤で感じるモヤモヤ感(良い意味での)は後半に行くにつれて失われていって最後の方は劣化宇宙戦争って感じでした

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

2.4

ドラッグの啓発映画ではないと思う。
でも別に華麗な犯罪を犯すわけでもなく、成功を収めるわけでもない

なかなかにとっつきにくい映画でした。

なんか評価されてる映画だよって言われて見たらそう思えるし
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

1.5

ドラマ見てない状態からEXILE大好きな友達の家で鑑賞

演技力×
脚本×
台詞回し×

正直な話ここに書くのもどうかと思ってるんですけど
お酒の力を借りてなんとかレビューをば。

話としてはギャング
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

2.8

前作とはちょっと気色の違う作品になってますね。

どちらかというと豪華なキャストを楽しむ映画になってしまったのではないでしょうか

どうしてもシリーズ物、特に原作の無いものは比較して見てしまいますが、
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.6

名前だけは聞いたことがあったオーシャンズシリーズを初めて見てみました。

前情報なしで行ったのでクライムアクションものとすら知らず……

オーシャンズ11ってシリーズの一作めで良いんですよね……?
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.7

ツイッターに馴染みのないおっさんが不用意な発言して炎上、キャリア失う話。

おっさんと息子って構図、ずるいよ。
見てるだけで微笑ましくなっちゃうもん。

絶対空腹状態で見るのをお勧めするね!
こんなん
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.8

はりつめる緊張感の中で破天荒な振る舞いをするのは笑ってはいけない状況では何もかもが面白くなっていくのと似てる。

北欧とかの映像作品はどうにも作品全体を通して冷たい感じがするんだけど
フランスでその感
>>続きを読む