タカノブさんの映画レビュー・感想・評価

タカノブ

タカノブ

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.0

偏屈じじいとピュアな少年に芽生えた奇妙な友情。
ラスト予想できたけど泣けた。

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.7

おじさんが初めて人を好きになったのに何してくれてんねん!って映画。
『いかなる贋作の中にも必ず本物が潜む』
『たとえ何が起きようと、あなたを愛しているわ』
おじさんは信じているのかも。。。

バトルフロント(2013年製作の映画)

3.4

女の子をいじめる男の子
ジャンキーでクレーマーな男の子の母
その母に尻に敷かれてる父
所詮二流のワルの男の子の母の兄
いじめられても負けない強い女の子
元麻薬捜査官で女の子の父
心優しく勇敢でちょっと
>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

3.8

『生きるのに必死すぎて生きている気がしない』
そんなニュアンスの言葉
ちょっとウルった

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.8

ちょっとよくわからんってのが正直な感想。
最後の方笑えたし。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.8

アナ・デ・アルマスがかわいい。
最後は騙された。
ゲロ我慢してたのね。

レジェンド 狂気の美学(2015年製作の映画)

3.7

ラスト、ロンの狂気に唖然としたけど、それでもレジーは片割れに刃を向けられなかった。
何だか切ない。

ザ・クーリエ(2019年製作の映画)

3.0

ほぼオルガを観るための映画。
実時間と同じ速度で展開し、わずか1時間の話。
ゲイリーオールドマンの絡み少なっ!
LEON観たくなった。

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

3.5

私の中で、ヴィン・ディーゼルと言えばトリプルXが先ず頭に浮かぶ。
難しいことは考えず、単純にハラハラドキドキしながら観て楽しむ映画。

その女諜報員 アレックス(2015年製作の映画)

3.3

オルガ・キュリレンコカッコいい
モーガン・フリーマンゲスい
素直に鑑賞できる映画

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.8

ピクニックに誘った後悔
ケーキ屋に行けなかった後悔
ほかにも色んな後悔

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

心に残る場面
心に残り台詞
いい映画
オレンジジュース
道々決めればいい

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

派手じゃないからリアル
拷問シーンは震えた((( ;゚Д゚)))
スパイ映画って好き。

>|