杉山乙次さんの映画レビュー・感想・評価

杉山乙次

杉山乙次

映画(31)
ドラマ(8)

月影の下で(2019年製作の映画)

3.7

九年ごとに繰り返す殺人事件を追う刑事。その真相は…。

 #Netflix オリジナル映画。全く期待せずに見始めて結構はまって見てしまいました。面白かったですね。


避けられない破滅を回避するために
>>続きを読む

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-(2019年製作の映画)

3.5



 #スティーブンキング 原作、  #キューブ の#ヴィンチェンゾナタリ 監督、 #Netflix オリジナル映画です。この組み合わせで、かなり興味をそそられますよね。


あらすじの通り、草むらか
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.5

ストーリー 3.5
音楽    4
演技 3
新規性 3.5
反復性 3.5

アイアンマンのような派手なアクションはない、で
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.8

ストーリー 3.5
音楽    2
演技 3
新規性 3.5
反復性 2

手作りイェーガーのスクラッパーが左右非対称のシドミ
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.0

ストーリー 3.5
音楽    2.5
演技 3.5
新規性 3.5
反復性 2

問題を抱えた若者が突如超能力を得て、来るべ
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.4

ストーリー 3.5
音楽    3.5
演技 3.5
新規性 3.5
反復性 3
ライアンゴズリングの感情を押し殺した演技は職
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

2.9

ストーリー 3
音楽    3
演技 3
新規性 3.5
反復性 2

地上のアクションシーンは斬新で興奮した。カメラが戦闘中
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

2.8

ストーリー 3
音楽    3.5
演技 3
新規性 2.5
反復性 2.5
 未来世界を80年代の映画、音楽、ゲームなどのカ
>>続きを読む

マイル22(2018年製作の映画)

2.3

ストーリー 2.5
音楽    2.5
演技 3
新規性 2.5
反復性 1

主人公が誰に対しても敵対的な言動をするので、感
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

3.3

ストーリー 3
音楽    3.5
演技 3
新規性 3.5
反復性 3.5

NHKの平成ネット史を見たら久しぶりに見たくな
>>続きを読む

ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年製作の映画)

2.5

ストーリー 2.5
音楽    3
演技 3
新規性 2
反復性 2

劇中、歌がとても印象的に使われていて良い。
卒業式でバ
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.2

ストーリー 3
音楽    4
演技 3.5
新規性 3.5
反復性 2

宇宙旅行版のキャストアウェイか。孤独を解消するため
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.3

ストーリー 3
アクション 3.5
演技    3.5
新規性   3
好き    3.5

トムクルーズが走って戦って空飛んでの平常運転です
いつものトムクルーズがみたい方にオススメ!

DOPE/ドープ!!(2015年製作の映画)

3.4

ストーリー 3.5
アクション 2
演技    3.5
新規性   4
好き    5

ヒップホップオタク3人組がひょんなのとからギャングと絡んで始まるトラブルについての話。 

彼らが住んでいる地
>>続きを読む

グリーン・ランタン(2011年製作の映画)

2.7

ストーリー 3
アクション 2.5
演技    3
新規性   3
好き    2

テーマは「継承」なのだろう。前任のアビンサーからグリーンランタンを継承するハルジョーダン。ちゃらんぽらんだが実力は
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.7

ストーリー 3.5
アクション 3.5
演技 3.5
新規性 3  
好き 5

続編だけど、デッドプールというハチャメチャな奴が出てくることさえ押さえおけば楽しめる作品。

正直、前作は面白いけど、
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.3

マーベルMCUのヒーローが大集合!コミックではクロスオーバーは当たり前でも、映画でやるのは難しいだろ…とアイアンマン第一作を鑑賞時に思ったが、アベンジャーズ第一作で予想を上回るものを見せてくれた。そし>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

2.5

松坂桃李のキャラクターがぶれていて、感情移入できなかった。大事な書類(存在が物語上のキーになる)を部屋に無造作に置いてあったり、むき出しで持ち出したり、不用意で、自分の身の上も無事では済まないはずなの>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.1

ティチャラとキルモンガーの対照的な人生に運命の悲哀を感じさせられた。ストーリーはオーソドックスではあるが、だからこそ力強いインパクトを残してくれる。ワカンダの描写は、今までに見たことのない世界をリアル>>続きを読む