高瀬とうやさんの映画レビュー・感想・評価

高瀬とうや

高瀬とうや

映画(563)
ドラマ(7)

フッテージ(2012年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

「志村ーうしろうしろ」からの悪霊化した子供たちがダッシュで逃げるとかギャグかな?
それが面白かったので+0.5点。

なんかぼそぼそと話してると思ったら、嫁さんとのケンカでうるさかった記憶しかない。
>>続きを読む

ビッグフットvsゾンビ(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

あまりにも酷すぎて、一周回って逆に面白い
数多くのゾンビ映画見てきたけど、はらわた表現が赤いハンカチってのは初めて見た
安っぽすぎる造形のゾンビが喋ったり、鍵を開けたり自殺したり、着ぐるみのビッグフッ
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

うーん・・・怖いっちゃ怖いんだけど、ラストが胸糞。
ホラーだからこういうオチになるのはしょうがないんだろうけど、霊媒師が絞殺されるとか、さすがソウの監督だなぁと。
ハッピーエンドのホラー映画でもいいじ
>>続きを読む

ポゼッション(2012年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

実話というが、どこまでが真実かはわからない(特に最後の事故)
テンプレみたいな、不仲の両親。
テンプレみたいな、悪魔にとりつかれるが、父は悪魔の存在を信じるが母は全く信用しない。
テンプレみたいな、被
>>続きを読む

マッドネス 闇に潜む者(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

女の子ならともかく男三人だからあんなひょろひょろしたバールのようなものを持ってる怪人倒せるだろと思った。
勝手にビビって地下室へと逃げ込んで(閉じ込められると思ったので拍子抜け)「出口が分からなーい」
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

どうしてこうなった。
前作にあったワクワク感や爽快感は一切ない。
敵を華麗にかわし、手玉に取り、彼らに魅せられる快感はない。
というか、素晴らしかったのはチップをトランプに仕込んでそれをフォー・ホース
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白いんだけど、ミステリー慣れしてると「明らかに”5人目のメンバー”みたいな人間は除外。となると??」と先々読んでしまうので、びっくり仰天という程ではなかったかな。
華麗なマジックショーに目を奪われる
>>続きを読む

108時間(2018年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃ燃えてるのに、ほほえましい物を見るような人らがすげえ変。
いや、君ら火事舐めたらアカンで?死ぬで?
と思ったら、実は(出火は本物だけど)劇として観客が居てました、でずっこけ。
さらに憑依されて
>>続きを読む

レイク・モンスター 超巨大UMA出現!(2013年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

うーん・・・なんか人間同士の足の引っ張り合いに重きを置いてるような。
キャンプ(というか作業場)に侵入するくだりとか(結局無駄だったし)いらんかったやろ、と。
尚、入手したかったデーターは仲間の弁護士
>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

なんだろう・・・この淡々とした眠気を誘うムービーは。
BGMもないし、退屈極まりない。
というか、女医が情熱的なのかそうでないのか測りきれないし(スキンヘッドの少年(多分難病持ち)には優しいが、研修医
>>続きを読む

モンスター・オブ・レジェンド(2013年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

何度も燃やそうとしたのに倒しきれてないとか、「埋めろ」って言ってるのに結局埋めなかったりで「え?続き作る気?」と疑問に思うオチ。

キャラは驚くほど全員好きになれなかった(というか、何故罰を受けるのか
>>続きを読む

キャビン・イン・ザ・ウッズ(2012年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

「アルカディア」のスピンオフらしい。
アルカディア・・・見たけど★1.5だったなあ
そしてオチも忘れた。

その程度です。
今回のも意味が分からないし、ぐだぐだとヤク中の友達との会話が続いてて正直「何
>>続きを読む

ブラック・クリスマス(2019年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

前半の「女よ、立ち上がれ!」「男はレイプしたのに責任を女に押し付ける!!」というのが鬱陶しかったし、襲撃も思ったより面白くなかった。
というか、男だ、女だ、っていう描写要らない。
しつこすぎ。

筋力
>>続きを読む

ドリームハウス(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

オチが見え見えだったAパート(実は犯人は主人公(最終的には違うけど)で、子供たちを殺していた)とその事件の真相のBパート(欲の為に人を雇ったクズが馬鹿な男を雇ってしまったばかりに人違いでピーター一家を>>続きを読む

カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇(2019年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

見てると頭がおかしくなりそうな映画。
登場人物の誰にも共感できないし、おかしくなってからは特に独裁色が激しくなる父親、ヒステリックに(仕事が仕事だから)「ネットが繋がらないと顧客に損をさせるわ!アンテ
>>続きを読む

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車(2014年製作の映画)

3.0

スノーロワイヤルのリメイク元なのでまるで一緒

違うのはマフィアのボスの元嫁の人種くらいじゃね?って程

エンドレス・フィアー(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最初はあまりの主人公のクソ女ぶりにイライラさせられ、逃亡を図る時に繋がれてる女が大声で喚くのにも腹立たしく思わされ。
なんだこりゃ、駄作か?と思うがまさかのどんでん返し。

終わってみると、すべてに納
>>続きを読む

13日の金曜日PART8/ジェイソンN.Y.へ(1989年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

おっぱいが出てたかは忘れた
(過去に見たので)
出てたら後でおっぱい加算つける

【あらすじ】
前作の超能力少女と亡霊の父親によってクリスタルレイクの底に沈められたジェイソンを馬鹿な若者たちが誤って復
>>続きを読む

13日の金曜日PART3(1982年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ホッケーマスクをアホから手に入れたジェイソンの話。

おっぱいが出てかは忘れた。
今度見返して見ておっぱい出てたから加算する。

【あらすじ】
いつものジェイソン。
ファイナルガールはクリス。
唯一の
>>続きを読む

オープン・ウォーター(2004年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

静かに怖い。
実話だから怖い。
※サメが彼らを襲った、という証拠がでたわけじゃないらしいですが。
諸説あり、自殺希望者だったとか、実は生きてるんじゃないか?とか。

おっぱい加算+0.5点。
おっぱい
>>続きを読む

ジーパーズ 恐怖の都市伝説(2003年製作の映画)

1.0

くだらん
見るだけ無駄
だらだらとした、下品でかつ不快な会話が続くだけ

金と時間を無駄にしたけりゃどうぞ

ザ・パラサイト 寄生する獣(2018年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

くだらないんだけど、おっぱい加算で0.5点追加。
めっちゃシリコンっぽくって笑ってしまったが、悔しいがおっぱいはおっぱい。
ぐぬぬ。

あと銀行強盗カップルが数十枚程度の紙幣で「私たちは大金持ちよ!!
>>続きを読む

ハウンター(2013年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

ループものなんだけど、特に意外性もなし。
対して怖くもないし、引き込まれるストーリーでもない。
空虚。

【ストーリーを忘れるであろう未来の自分用あらすじ】
リサは自分の誕生日の前日を繰り返してること
>>続きを読む

シン・ランペイジ 巨獣大決戦(2020年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

どこかで見たようなものをつぎはぎした作品。
巨獣はテンプレのように核で巨大化して、ジュラシックパークのあの名場面のオマージュかのような生物の鼻息で威圧感を出し、父と娘の確執をちりばめました、というまる
>>続きを読む

キラーソファ(2019年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

正直、テンポ悪いので面白くないし、短調な音楽のせいで常に睡魔と戦っていたという。

まぁ、息を吹きかけマッチの火を消そうとするシーンや立ち上がったところが可愛かったので0.5点加算。
あと、せっかく作
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

襲撃者に襲われる

主人公ら反撃するが止めを刺さないし、武器を置いて去る

復活した襲撃者がまた襲ってくる

主人公らけがを負う

視聴者「トドメさしておけよ!!!!」とイライラするという、こ
>>続きを読む

13日の金曜日PART7/新しい恐怖(1988年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

おっぱい加算0.5点。
ってか、先に下を脱がれると「ああ、前からの場面は少ないだろうな」とおっぱいの期待が減るんですよね。
案の定、湖の中でちらっと映っただけだし。
悪いおっぱいですね(←前回でおっぱ
>>続きを読む

13日の金曜日PART6/ジェイソンは生きていた!(1986年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーはまぁあらすじを見てもらえばわかると思うのだけど、13日の金曜日の最大の目玉「美乳」が拝めないのはいただけない。
こちとら何のために見てると思ってんだ。
なので、今回はおっぱい加算0.5点は
>>続きを読む

新・13日の金曜日(1985年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

一番怖かったのは、バイオハザードに出てもおかしくないくらいの頭がおかしい隣人母子だった。
精神病院の患者たちをディスるけど、あいつらが一番頭おかしい。
あいつらを収容しないでいいのか?という疑問で頭い
>>続きを読む

13日の金曜日・完結編(1984年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

まぁ、いつもと一緒かな。
何の説明もなく死体安置所でしれっとジェイソンが復活するけど、あんま深く考えたら負けだな

おっぱいが大っぴらに拝める映画。
眼福、眼福
トミーが少年ジェイソンのコスプレすると
>>続きを読む

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

クレアが事故の生存者でカウンセリングを受けてる側なのを自己防衛本能で「私は正気だ。セラピストなのだから」と思い込んでるのかと思ったらまさかの「死んでました」オチ。

エリックの奇行もお節介なアパートの
>>続きを読む

トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008年製作の映画)

1.0

全体的に品がない

人の臓物を(それと知らずに)しゃぶるシーンで笑える人向け

コンテイジョン(2011年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

コロナ禍を思わせるような映画が9年前にあったというのが驚きだけど、映画自体の出来は面白いのか?と言われると「なんか略奪したり自分勝手な事をする人らを延々と見せられる1時間46分だった」としか。

リア
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

予想不可。
どんでん返しのさらにどんでん返し。
9人中5人が共犯だったことにも驚くし、地下室に軟禁される前に原稿を盗んでいたことにも驚愕だし、さらにアレックスが作者であったことにも度肝を抜かれた。
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

昔放送されていたアニメの完全再現版みたいな感じ。
ゲストキャラの女の子の声が女優だったけど、違和感なく聞けた。
だが、往年の声優さんたちもお年を召されてややつらそうに聞こえたので、似てる声の人を当てた
>>続きを読む

PORTALS ポータルズ(2019年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

・・・なんだこれ
理解しようとしたらダメですね。
わー、なんか得体のしれない扉があるぞー。こわいなー、うわー、人の頭がブチュン!といったし、目もほじくりだしたぞ、グロいなー、と頭からっぽにして楽しむ映
>>続きを読む

>|