ふじPONっさんの映画レビュー・感想・評価

ふじPONっ

ふじPONっ

好きな映画

1 善き人の為のソナタ
2 ダークナイト
3 マイノリティリポート
4 ロックストックトゥスモーキングバレルズ
5 評決のとき
6 チョコレートドーナツ
7 バタフライエフェクト
8 ファーゴ
9 ノーカントリー
10 リバーランズスルーイット
次点 フェイスオフ
   クライム&ダイヤモンド

映画(278)
ドラマ(23)

友罪(2017年製作の映画)

3.9

罪を犯した人
とりわけ人を殺した人は幸せになってはいけないのか?
罪を償い終えるタイミングはあるのか?
笑う事も、結婚も子供を作ることもゆるされないのか…?

瑛太の焦点の合わない、死んだような目は許
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.0

レポーターだった女性と一夜をともにした場面ででてきたチンパンジー(?)を見て、これは現代美術・芸術を強烈に皮肉っている映画なのかなと感じた。
そう思うと、インタビューの内容や、砂を盛りした作品のトラブ
>>続きを読む

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

3.8

コーエン兄弟の映画、携わったモノが好きだ。
絶妙なセリフまわし、あれよあれよと最悪の結末へ向かいそうなストーリー、存在感のある脇役に、計算された編集。

本作はコーエン兄弟が得意な「誘拐」が題材。
>>続きを読む

ストロベリーナイト(2013年製作の映画)

4.0

暴力団の内輪揉め路線の連続殺人事件から、警視庁が隠したい9年前のある事件へ繋がり…
誉田哲也の姫川玲子シリーズの映画化。
原作「インビジブルレイン」

なんと言っても「雨」がポイントの本作
室内、屋外
>>続きを読む

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

3.0

作家のモート(ジョニー・デップ)の元に、自分の作品が盗作されたとシューター(ジョン・タトゥーロ)と名乗る男がやってくる。
彼の要求は小説の結末を変えること。
彼の出現からモートの周りは騒がしくなり、つ
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

2.8

石炭から石油に主要な燃料がシフトすると時代を読んだ男
出光の創業者を元にした話

信念を持ち、熱く、時代を引っ張っていく国岡鐡造(岡田准一)
「海賊」とゆうイメージには遠く、戦中戦後に日本が外国に搾取
>>続きを読む

プレデターズ(2010年製作の映画)

3.0

冒頭の降下シーンは昨今流行りのバトルロイヤルゲームを思い出す。

序盤、ある人物のセリフから(87年のグアテマラの事案)この話が「プレデター」と繋がりがある事が明示される。
罠や、対処法などニヤリとす
>>続きを読む

プレデター(1987年製作の映画)

3.3

「ターミネーター」「コマンドー」後の作品で、タイトルからもシュワちゃんが売りなのだが、まさかクリーチャーがこんなにも人気者になってしまうとは…
作中のセリフを借りれば
「you are one ugl
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.4

時間が経っても癒えない痛み、傷。
光の無いような目のリー(ケイシー・アフレック)。彼の過去が徐々に明らかになり、自分の経験と重なり辛い。
元妻であるランディと偶然遭遇するシーン。忘れられない人からある
>>続きを読む

マージン・コール(2011年製作の映画)

3.8

「用心しろ」
と、一言言い残し、仕掛かりの仕事の入ったUSBを渡し去っていった上司(リストラ)
部下がデータを補完すると、驚愕の内容が示されていた。

サブプライムローンに端を発したリーマンショックを
>>続きを読む

トリック 劇場版2(2006年製作の映画)

2.9

ジャスパー・マスケリンをご存じだろうか?
第二次世界大戦中、英国おかかえのマジシャンで、マジシャン軍団を指揮し、イリュージョンやマジックでドイツを翻弄させた人物だ。
しかし、その多くの関係文書は未だに
>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.3

ビジランテ
意味:自警団員

圧倒的迫力と暴力、地方の闇と閉塞感。
そこに救いは無い。
常に緊張感ある描写が続き息がつまる。

そんな中、デリヘルで働くコ達の態度やセリフが唯一の緩和部分。


篠田麻
>>続きを読む

トリック 劇場版(2002年製作の映画)

3.0

ジャン・ウジェーヌ・ロベール=ウーダンはご存知だろうか?
1800年代の人物で、今のマジシャンの元となった人物だ。(ハットに燕尾服等)

1856年、フランス領アルジェリアではイスラム教一派が奇術で民
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

4.2

(現実のイメージは
土屋太鳳は「ホンワカ」してて
芳根京子は「サッパリ」してる印象)

ニナを演じる
土屋太鳳は「強気で高圧的」
累を演じる
芳根京子は「弱気でオドオド」

これが、不思議な力を持つ口
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

「カメラは止めないっ!」

映画館で声を出して笑ったのは初めてだったかも。

公開直後からただならぬメディアの扱い方を感じて、「なんにも知りたくない!」との思いからこの映画の情報をシャットアウトしてや
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.3

第二次世界対戦下のポーランド、ワルシャワ
一つの動物園が300人ものユダヤ人を救った真実の話

匿っているのがバレたらどうなるのかを知っていながら、それでも一歩踏み出して行動をした話は初めてではないが
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.0

小学生の時、水溜まりが好きだった。
中でもアメンボが好きすぎて虫が嫌いなのに図鑑を借りて調べたほどだ。
実はもう一つ好きな事があって、それはファランクスよろしく数人で傘を開いて道路に向け、車があげる水
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.0

災害
病気
仕事
辛いことや苦しいこと
当たり前だけど、進むも止まるも自分で決める
相談できる人が羨ましい

被災地のボランティア等、何か起きた時に「何かしなきゃいけない」と、煽られてるように感じる時
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

あの頃の僕らも間違いなく
仮想=現実だった
ゲームの話をする時、頭の中では勇者になってたし、同じセカイにいる友人とはその世界を共有していた。
早くクリアした人は尊敬され、レアアイテムを持っている人は羨
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.3

モータウンがうまれた街デトロイト
67年の暴動はキング牧師が暗殺された事と合わせて知っていたが、文字通り知っていただけ。

舞台上で1人唄うラリー
教会で唄うラリー
あのクソゲームのせいでより切なく感
>>続きを読む

マザーウォーター(2010年製作の映画)

3.6

「今日も機嫌良くやんなさいよ」

友人に教えてもらい観賞

このままウィスキーのCMになりそうなくらいの雰囲気。
豆腐、かき揚げ、コーヒー、ウィスキー、それとジンジャーエール。
タマゴサンドにハンバー
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.0

東京のアパートで絞殺死体が見つかる。
アパートの住人とはことなる遺体。
そのアパートの住人は行方不明。
同じ時、川原で焼死体が発見される。

捜査線上に上がったのは美人演出家。
松宮(溝端淳平)は彼女
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

4.0

伊東計劃の同名小説が原作
小説は2000年代SF小説の国内一位や、海外での評価も高い

物語の背景は、核テロにより個人の情報管理が強化され、自由の代償に国内のテロにある程度の目処をつけた先進国と、その
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

バレリーナとしての明るい未来を舞台上の事故で閉ざされてしまったドミニカ。
叔父のツテでスパイへの道を歩む
全ては病気の母の治療費の為に。

予告からハニートラップのエロ映画系かと思ったが違いました。
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

2.8

「相手が悪かったわね」

ゲームやアンジーのトゥームレイダーに親しんだ人にはニヤリとできるシーンはある。
特に二丁拳銃のビジュアルはララには欠かせない。
最初の自転車のチェイスや、ニックとの質屋のやり
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

4.0

ホロコーストの有無を裁判で争う

ホロコーストを否定しているアーヴィングを、ユダヤ人の歴史学者デボラが自身の著書でこれを批判した事から始まった事実に基づいた話

裁判での負けはイコール、ホロコーストは
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

2.6

ノイズのようで、効果的に心を乱してくる音が印象的。
島での夏の夜の出来事が大人になっても絡み付いて離れない。
月の光は海面は照らすが数メートル先まですら届かない。
タイトルが出るまではドキドキしながら
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

普通の生活
子供の幸せ
才能の伸ばしかた
「子供の為」の中に1ミリも大人が入らない事は無い

メアリーの天才で大人びた物の言い方の中にちゃんと子供なとこがあるのが愛らしい。
里親のくだりは、涙腺決壊
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.9

物語の大半を主人公三人のパーソナルな部分に当てているため、事件のパートは少ない。
ただそれにより、本人達が再現している作品ではなく、まさにそこにいる、説得力のある画になっている。
衣装(私服)、時間、
>>続きを読む

ホワイトハウス・ダウン(2013年製作の映画)

3.0

ほとんどダイハード
バディが大統領のわりに優秀
主人公の娘が物語のキーを握っているが、その扱いが…人質なのにテレビではバンバン存在をアピールしてしまう…

ブラックホークがスピードの出しすぎで違反取り
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

「NASAではみんな小便の色は同じだ。これからは一番近いトイレを使え」

60年代マーキュリー計画を陰で支えた黒人女性たちの、知られざる実話

原題「HIDDEN FIGURES」

オープニングの車
>>続きを読む

氷菓(2017年製作の映画)

2.8

「わたし 気になります」

歴史ある古典部に、姉の勧め(命令)により入部する事になった奉太郎(山﨑賢人)
そこで出会ったのは好奇心の塊のようなえる(広瀬アリス)

いつのまにか密室になった部室。
毎週
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.5

原作は、お笑い芸人「ピース」又吉直樹の芥川賞受賞作。

さすが現役のお笑い芸人が書いた小説をベースにしてあるだけあって、芸人さんにしか出せない空気間やリアルさ、嬉しさ悔しさなんかが伝わる。

常識を覆
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

2.5

日本一有名な合戦を豪華俳優陣が見事に演じきる!

…みたいな想像しながら楽しみにしてた映画。なのにどうしてこんなに退屈な作品になったのか。

合戦は残念。予備知識がない人は、おそらく西軍東軍の違いはわ
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.9

4姉妹
鎌倉

スゴく空気感が良い映画

言い争いから、長澤まさみが綾瀬はるかに謝りにいくシーンが好きです。

家族だから言える事、言えない事
長く一緒にいるからわかる事
わからない事

家族であっ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

「ゴメン名前なに?」

24歳
オタクのこじらせ女子の脳内と現実の恋愛の葛藤を意外にも初主演の松岡茉優が、地でやってるんじゃないかと思うくらい普通に演じる。

名曲「絶滅すべきでしょうか?」
からのシ
>>続きを読む

>|