taaakaさんの映画レビュー・感想・評価

taaaka

taaaka

映画(512)
ドラマ(0)

万引き家族(2018年製作の映画)

3.7

王様のブランチで最後のコメントを振られた是枝監督が言ってたのが、ストーリーやら設定やらではなくて、「俳優さん達の素晴らしい演技で成り立たせて頂いた作品です」だったのが個人的に脳裏に残っていたのだが、(>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.7

リンクレーター監督がおっさんを撮ったらどうなるのか気になって観賞。
ロードムービーだけど特段事件は起こらないし、あらすじから察した予想からは何も超えてこない。でもおっさん達が行ったり来たりしながら、付
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.8

最初から完全版でよかったやんけ!!と一緒に鑑賞した人間と激しく同意するくらい、
当初の公開版(インターナショナル版)を見た人でももう一度見るべき内容だと思った。
26分追加されて167分、ほぼ3時間近
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

今更見た!映像の美しさやら没入感うんぬんは勿論だが、ストーリーにてんこ盛りに肉付けされた演出が最高だった!
RPGやら洋画やら漫画やら80年代POPソングやらをそこそこ知ってる人間で、
なおかつエンタ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

白石和彌が好きなのか、ヤクザものがどうやら個人的にツボなのか、
いずれにせよ、無意識に息を止めてしまうくらい映像に食らいつき、エンドロールで深呼吸しながら面白かっけえええ、と感嘆してしまった。
たぶん
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.7

今更見た。コテコテ系恋愛映画だとばかり思ってたら違った!完全にパッケージ詐欺にあってた。

脚本と映像美が好みすぎた。父子パート最高。

バタフライエフェクトしかり、時をかける少女しかり、タイムリープ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.3

ストーリーはベタ中のベタ!
でも最後の最後には個人的にだいぶツボに入って感動してしまった。
おそらく、主人公の「二度目の死だ…。」みたいな台詞がジャブになった。個人的には、永六輔さんの「人は二度死ぬ」
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.8

あと味のなんとも言えないやつ。近現代小説のどろっとしたやつを読んだ後の感覚というか。社会の暗部で、どうしようもない人間たちが繰り広げる、やり切れない感じというか。。。白石監督らしい作品なんだと思う。>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.1

すごく丁寧に作られた作品なんだと思う。
クリントイーストウッド監督の作品を高校生の時に見たときと同じような感覚を受けた。
すっごく狭い世界の話なのに、気付いたら色んな思いの渦が重なっていってて、胸が苦
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

2作目を見てからの鑑賞。
まさに伝説誕生の副題に相応しい内容。個人的には2作目の方が好きだが、伝説の歴史を見せていただいた感覚。インドすごい。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

良作だと思う。でもなんだろう、別に周りの人が言うほど響かなかった。ヒュージャックマンもすごい。まわりを固める出演者のダンス歌演技もすごい。曲もすごい良かった。けど個人的に目新しさが無かったというか。。>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.7

前作を見ていないから多少躊躇したが、遂に見た!
なんかもうすげえもん見させられた感しかない!
ロードオブザリングを初めて見たあの時の感じと、真三国無双を初めてプレイした時のあの感じと、キングスマンの1
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.0

今更初鑑賞。

『世界一キライなあなたに』とは違って、男同士だからこそな関係性がグッとくるし、爽やかに描いているから素晴らしい。

国民間で経済的な格差もそうだし、移民問題やら混血国家になりつつ状況を
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.6

具体的にはすごく説明しづらいというか言語化しづらいんだけど、何か物足りなかった。。。
アクションも相変わらず凄い、オシャレ感もいい、ストーリーは前作もあってないようなものだからそこではない、んー?何が
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.8

クロックワークスさんが去年当てた話題作だということを知っていた程度で、内容情報は事前には何も入れずに鑑賞。

映画だから、現実にそぐわない細かいことはすっ飛ばしてそこから見える双葉の愛と強さを受け取る
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

自分がにわかだからかもしれないが、それぞれの群像劇が大味な感じがして、登場人物の心境の変化がほぼ読み取れなかった。
でもそれも含めて、豪華なB級映画感こそがスターウォーズなんだろうなきっと、とも思った
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.9

試写会に参加させていただきました。

なんといっても松岡茉優がはまり役すぎて最高でした。
原作は未読なのですが、これって当て書きなのでは?彼女以外の同世代の女優が演じたのでは全く違う作品になっていたり
>>続きを読む

フライド・グリーン・トマト(1991年製作の映画)

4.2

10年前くらいにtvkで深夜にやっているのをたまたま見て、偶然の良作との出会いにときめいたのを今でも覚えている。

アメリカの田舎の風景をお腹いっぱい堪能できるだけで個人的には大大満足。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

メアリー役のマッケンナ・グレイスにキュンキュンしながら、気づけば彼女の表情言動に寄り添って感情の振り子をぐるんぐるん動かされてしまった。
ウィットに富みながらその生活感と関係性と明晰さを表現している、
>>続きを読む

真夜中のゆりかご(2014年製作の映画)

3.8

ほんとに見てて苦しさ辛さが増していくスサンネビア作品らしい一本。
ただ作品の中のそれが、どこかで起こっているかもしれない、もしかしたら自分の身にも起こりうるかもしれないということに気づくと、作品から離
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

頭が切れる人に転がされる痛快さ。
個人的には全くもって知らない世界の話だっただけに、脳みそフル回転で話に必死にしがみついていただけに、
きれいに転がされた。

映画のチカラを感じる一本。
映画の外の話
>>続きを読む

>|