taaakaさんの映画レビュー・感想・評価

taaaka

taaaka

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.6

具体的にはすごく説明しづらいというか言語化しづらいんだけど、何か物足りなかった。。。
アクションも相変わらず凄い、オシャレ感もいい、ストーリーは前作もあってないようなものだからそこではない、んー?何が
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.8

クロックワークスさんが去年当てた話題作だということを知っていた程度で、内容情報は事前には何も入れずに鑑賞。

映画だから、現実にそぐわない細かいことはすっ飛ばしてそこから見える双葉の愛と強さを受け取る
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

自分がにわかだからかもしれないが、それぞれの群像劇が大味な感じがして、登場人物の心境の変化がほぼ読み取れなかった。
でもそれも含めて、豪華なB級映画感こそがスターウォーズなんだろうなきっと、とも思った
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.9

試写会に参加させていただきました。

なんといっても松岡茉優がはまり役すぎて最高でした。
原作は未読なのですが、これって当て書きなのでは?彼女以外の同世代の女優が演じたのでは全く違う作品になっていたり
>>続きを読む

フライド・グリーン・トマト(1991年製作の映画)

4.2

10年前くらいにtvkで深夜にやっているのをたまたま見て、偶然の良作との出会いにときめいたのを今でも覚えている。

アメリカの田舎の風景をお腹いっぱい堪能できるだけで個人的には大大満足。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

メアリー役のマッケンナ・グレイスにキュンキュンしながら、気づけば彼女の表情言動に寄り添って感情の振り子をぐるんぐるん動かされてしまった。
ウィットに富みながらその生活感と関係性と明晰さを表現している、
>>続きを読む

真夜中のゆりかご(2014年製作の映画)

3.8

ほんとに見てて苦しさ辛さが増していくスサンネビア作品らしい一本。
ただ作品の中のそれが、どこかで起こっているかもしれない、もしかしたら自分の身にも起こりうるかもしれないということに気づくと、作品から離
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

頭が切れる人に転がされる痛快さ。
個人的には全くもって知らない世界の話だっただけに、脳みそフル回転で話に必死にしがみついていただけに、
きれいに転がされた。

映画のチカラを感じる一本。
映画の外の話
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.8

ピクサー映画作品のいいとこどりをした感じがした。
家族で冬にコタツに入りながら金曜ロードショーとかで見ると最高に幸せになれるタイプの作品だと個人的には思う。
と感じたのは、おそらくホームアローン感を要
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アンハサウェイ可愛いなあというの以外あまり個人的には残らなかった。

おそらくこの作品が多くの人に愛されているのは、部下側の目線で見る人が大多数だからだと思う。アンハサウェイに乗っかった観客の気持ちは
>>続きを読む

>|