たけちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

たけちゃん

たけちゃん

  • List view
  • Grid view

PMC ザ・バンカー(2018年製作の映画)

3.4

突っ込みどころは満載だけど、まぁ、ゲーム画面を見てるという感覚でいれば許せるか。とりあえず「次どうなる?」と観てしまうけど、その割には予想を裏切らない展開でちょっと物足りない。でも、飛行機から降下のく>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.5

これは、スパイク・リーにしか撮れない映画。相変わらず曲の使い方が上手い。
冒頭、なかなか理解出来ないインパクトを与え、事実に基づいたとはいえ、作られた世界を見せておいて、現実に起きている映像を見せられ
>>続きを読む

ロイヤルコーギー レックスの大冒険(2019年製作の映画)

2.9

みなさん書いてますが、なんでベルギー制作なんだろうね。
ディズニーやピクサーとはちょっと視点が違ってるけど、CGのムラが気にかかる。
唯一上手いと思ったのがトランプ大統領の動きかな。
ただ、犬の保護セ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.0

映画として面白いとは思わない。まぁ、コミックを実写化した事だけかな。
唯一この映画に意味があるとしたら、これをみてから「スパイダーマン3」観るとよくわかる。
たぶん、2作目から面白くなるのかも知れない
>>続きを読む

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

3.3

つい観てしまうのは映像の美しさからかな。
簡単には解決しない問題を、料理を通じて何とかしようとしてもうまくいかない。なので、何だかモヤモヤが残る作品。もちろん、それが監督の意図かも知れない。
それにし
>>続きを読む

グリンゴ 最強の悪運男(2018年製作の映画)

2.9

これはコメディなのか?どのエピソードも中途半端で笑えそうで笑えない。それなりの役者が出てるのにちゃんと生かしきれてない。ロケもそこそこ色んな所に行ってるし、カーアクションもそれなりに派手にやってるから>>続きを読む

ザ・スパイ ゴースト・エージェント(2019年製作の映画)

2.9

とりあえず、映像が美しい。カット割とか色彩、編集もよく出来てる。アクションも上手い。
しかし、とにかく脚本がとっ散らかってる。なので、感情移入がしにくくストーリーが頭に入って来ない。
結果的に、ロシア
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.2

なんだか中途半端な作品。印象に残るのは、アームストロングの奥さんだけ。あとは元々が不幸そうな顔してるライアン・ゴズリングの淡々とした芝居が延々と続く。
これは眠くなって当然かな。
これだと、亡くなった
>>続きを読む

ホーリー・モーターズ(2012年製作の映画)

3.8

これは好みが分かれる作品。でも、レビューの数とその感想で、評価されるべき映画だとわかると思う。
日本人の感覚だと理解しにくい。フランス人はこういう話好きなんだろうなぁ。
とにかくわからなくても観入って
>>続きを読む

シー・フィーバー 深海の怪物(2019年製作の映画)

2.9

いわゆるB級映画かとおもいきや、ちゃんと作り込んでます。ド派手じゃないのはハリウッド作品じゃないからだろうなぁ。
しかし、そもそも、なぜ深海生物が他の動物に寄生するのか理由がわからない。せめて、謎のク
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.2

お金はバカほどかかってるけど、脚本が酷すぎる。せめてノンストップアクションなら許せるが、どうでもいいコメディ要素が鼻につく。で、結果、何も残らない作品。

リトル・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.8

とんでもないB級映画かと思ったら、なかなか微笑ましい作りです。
オープニングがちょっとかったるいかな?
どうせならデイビッドとお姉さんの小さい頃のエピソードを入れればラストで泣けたのに。

ガネーシャ マスター・オブ・ジャングル(2019年製作の映画)

2.9

わかりやすい作品だけど、インド映画の作り方を少しマイルドにしている分、ちょっと退屈かな。子ども向けとしてはいいのかも知れない。
エンディングに出て歌ってる子どもはなんなんだ?
しかし、象が危機に瀕して
>>続きを読む

レプリカズ(2018年製作の映画)

2.9

まぁ、キアヌ・リーブスのギャラとCGにお金がかかった贅沢なB級作品です。
家族が事故に遭うのが見え見えで、半分くらいは展開がわかってしまう。それでいて物語のテンポがトロいので、何か作業しながらでも観ら
>>続きを読む

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~(2018年製作の映画)

4.2

よくあるお涙頂戴の作りではないのが、逆に涙を誘う。オープニングに「実話に基づく」と書いてあるのに、何だか映画的な展開に翻弄されて、エンディングの写真で、実話だった事に気付かされてしまった。裁判所の判事>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.5

ただのミステリーだと思って観ると、ややつまらないという感想。オシャレなコメディだと思って観ると実に巧妙に作られたストーリー。
とにかく、キャストが豪華。ダニエル・クレイグが何となくダサい芝居をこなして
>>続きを読む

ブルー・ダイヤモンド(2018年製作の映画)

1.8

これは酷い。この後何かが、誰かがひっくり返してくれると思いながら見たけど、何も起こらないし何も残らない。
映画館でお金払って観てたら、「金返せ!」と暴れるレベルです。
キアヌ・リーブス見たい人だけどー
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.0

みなさん書いている通り、途中まではタップダンスを通じてみんながわかりあえる明るい映画だと思っていたら、最初に布石されている事実がじわじわ出てきて、まさかの展開に。
でも、とにかくダンスと音楽はノリノリ
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.3

とりあえず「どうなるんだろう?」で見せられてしまってラストで困惑し、きっと何度か観ると何となくわかるのかも知れない。
しかし、邦題が酷すぎないか?原題は「敵」。そのタイトルで観ていたら、もちょっと理解
>>続きを読む

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

3.1

何だか映画祭とかで賞を取ってるけど、いかにも審査員が好きそうな作品。
ただ、ストーリーは平坦で話もなかなか進まない。唯一、ジョー役の芝居が素晴らしいので、それだけで見てしまうけど、映画館なら寝てしまう
>>続きを読む

パリ、嘘つきな恋(2018年製作の映画)

3.2

フランス映画らしい。重くせず、ふざけすぎず、どこかときめいている。
ただ、ジョスランが真実を告白するまでが長すぎて間延びしてしまう。アレクサンドラ・ラミーの演技がとても良かった。

ベラのワンダフル・ホーム(2019年製作の映画)

2.9

結局、名犬ラッシーもベンジーも家に帰って来る話で、この映画もストーリーとしては目新しいものはない。ベラの演技は素晴らしいが、それだけにCGになった時の違和感が大きくて興醒めする。
そもそも、CGオンリ
>>続きを読む

誰よりも狙われた男(2014年製作の映画)

4.2

これは秀作だと思います。
こういうストーリーだと大概眠くなってしまうのが、映像の見せ方で退屈しないのと、役者の芝居を実にうまく生かしています。「裏切りのサーカス」と原作者が同じですが、こっちは見せ方が
>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

3.1

めちゃめちゃお金かかってる割に、話題にもならず評価もイマイチなのは、キャラクターの印象付けが薄すぎるのと、他の人も書いてるように、色んな作品の寄せ集めがみえみえだから。基本のストーリーはスター・ウォー>>続きを読む

無双の鉄拳(2018年製作の映画)

3.5

もう、よくある話で展開もわかりきってるのに、やっぱり観てしまうのはマ・ドンソクの圧倒的な強さですかね。
ちょっとラストがあっけなかったのが残念。奥さん、気がついて最後に悪役に一撃食らわして欲しかった。

ナイト・オブ・シャドー 魔法拳(2019年製作の映画)

2.2

タイトルを見て下さい。「魔法拳」は日本で勝手につけたもの。主役はジャッキー・チェンではありません。この作品に関しては人寄せパンダです。
で、主役はというと、途中から出てくるけど影が薄いし扱いひどすぎ。
>>続きを読む

バニシング(2017年製作の映画)

3.0

好みが分かれる作品。
役者の芝居と映像の美しさが際立ってます。ただ、疲れてる時に観ると、まず寝ちゃうだろうな。
昔、ピーター・ウィアーが撮った「ピクニック アット ハンギングロック」を思い出した。

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

3.3

良くある設定だけど、まぁ、話としては薄っぺらい。なんでここまで弓がうまいのかとか、突っ込み所が多すぎて誰に感情移入していいのかわからない。
義賊ものなら、もっとファンタジーにしてほしかった。

ハスラーズ(2019年製作の映画)

3.1

実話を元にしてるという前提があれば見られるかな。でも、展開としては退屈な映画。
ジェニファー・ロペスがピックアップされているけど、主演のコンスタンス・リーの芝居もとても良いと思います。
しかし、富裕層
>>続きを読む

マイ・スパイ(2020年製作の映画)

3.8

ありきたりのストーリーを予想してたら、良い意味で裏切られて結構楽しめる作品でした。相棒にはもうちょっと才能を生かした活躍させて欲しかったかな。
コメディだけど、アクションシーンもしっかり見せてくれるし
>>続きを読む

完璧な他人(2018年製作の映画)

3.3

こういうのは秀作っぽく見せるんだけど、よく見ると話が薄っぺらい。しかも、全員元の鞘に収まるのはキレイ過ぎる。
そもそも冒頭に子ども時代のエピソードいる?写真1枚でいいんじゃないか?
舞台向きの作品で、
>>続きを読む

ブラックサイト(2008年製作の映画)

2.9

途中までは面白いんだが、だんだんと粗が目立ってきて、最後は拍子抜け。
発想は良いけど見せ方かなぁ。犯人はアッと驚くような奴だと同じような脚本でもランクが上がるかと。
ダイアン・レインがただ頑張ってるだ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

視点を移動させると、正義も悪も美も醜も笑いも悲しみも、すべて同じもの。誰かがその基準を作っているだけなのだろう。この作品を観た直後にバットマンを観たら、バットマンはちっぽけな存在に見えるかも知れない。>>続きを読む

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

4.0

事実を元にした話だが、かなり面白い。
世界が考えているより、南北の関係は「敵対」だけではないようだ。
時計とネクタイピンのエピソードは本当なんだろうか?
スパイ映画にアクションはなくても良い。(セクシ
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

3.9

とりあえず時間忘れて楽しめる作品です。
まぁ、ジェラルド・バトラーにまかせておけば大丈夫!って感じ。この人はアメリカの軍ならどこでもやっていけそうですな。(笑)
ただ怒ってるだけの役にゲイリー・オール
>>続きを読む

インパクト・クラッシュ(2017年製作の映画)

3.0

きっとインドの人たちはワクワクしながら観るんだろうけど、サブマリンものとしては緊迫感に欠ける。音が重用なのにかなり雑な処理しかしていない。予算無くてCGがショボいので、そのお金を音に回して欲しかった。

>|