SWと共にさんの映画レビュー・感想・評価

SWと共に

SWと共に

はじめて自費で観に行った映画が、Star wars (A New Hope)。以来、映画大好きとなって約40年。
基本スタイル:観たい映画は、シアター、オリジナル言語(字幕は必要ですが)で観ることにしています。やっぱり、作り手はそれを前提にしてるでしょうから、それで観ないと本当の良さとかわからないのかなと。

  • List view
  • Grid view

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

4.5

これは画期的な映画だ。だって、スクリーンに登場する人物は二人だけ。
回想シーンもなく、宇宙空間でのリアルタイム&リアリティを徹底追求した感じでとても面白い。
映像美も素晴らしく、音響効果もこれが本当の
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

5.0

TOHOシネマズ午前十時の映画祭で鑑賞
30年経っても色褪せない凄さ。特撮なんかは時代から仕方がないので、そんなことは関係なし。
とにかく、タイプスリップを上手く使ったストーリーの面白さと、なんといっ
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム2(2013年製作の映画)

3.0

前作はまさに序章にすぎず。ようやく始まった本編!ってところでエンディングって、酷すぎないか?
最終作乞うご期待。

個人的には、あっ、エンジェル・ウォーズのロケットだ!はちょっと嬉しかった。

インシディアス 第2章(2013年製作の映画)

4.0

B級ホラーの秀作!
前作はこんな感じだったっけ?というくらい、ストーリーがよくできていて、張り巡らされた伏線が繫がるところも楽しめた。じわじわと焦らせるような怖さとバーーンと驚かせる怖さとのバランスが
>>続きを読む

エンダーのゲーム(2013年製作の映画)

3.0

全体のストーリーとしては、しっかりしているので安心して観れるかな。SFというより、少年の成長ドラマといったところ。
ただ、詰め込みすぎ感があって、話が淡々を進んでいくため、感情移入する隙間がなく、結果
>>続きを読む

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)

3.0

人気俳優の競演、真実はどこ?誰?とストーリーも面白いし、とにかく競演者の演技が素晴らしい。
これ、Cベール?と思わせるハゲデブ、でもなんだかカッコイイ、だから、Eアダムスにも愛されるのか?
Jレナーも
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.5

ヒーロー映画の面白さは、敵役とヒロインで決まると思っています。その観点では、前作&アベンジャーズに続き、ロキ=トム・ヒドルストンは今作も最高!!!ようやく仲直りかと思いきや(・・?
ジェーン=Nポート
>>続きを読む

トリック劇場版 ラストステージ(2013年製作の映画)

4.0

ついに完結!って完結させなくてもいいのに。
TVシリーズか最初から楽しませてもらってきましたが、劇場版では、これが一番良かったかな。
わざとらしい関西系ギャグとシュールなストーリーが、やっと帰ってきた
>>続きを読む

アラビアのロレンス(1962年製作の映画)

4.5

TOHOシネマズ午前十時の映画祭で鑑賞
不朽の名作、これはシアターでと思っていてようやく。
4時間弱!!!長いといえばそこまでだが、その理由や価値は、自分なりには感じ取れたかな。
冒頭、ロレンスの事故
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

2.0

ん~これは難しいけど、あまり好きになれない。
実話に基づいているらしいが、ドラッグ&sexのオンパレード。
レオ様の弾けた熱演、語りもわかるけれど、さすがに長すぎでしつこく、そこまで必要か?延々と見さ
>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.5

結構骨太な感じのストーリー。現代社会の一面を列車を据えて、人間の良心とエゴの裏表を批判的に描くという側面は好感。
一方、ツッコミどころは満載。読みやすい展開は、原作がフランス漫画だからなのか?
好みは
>>続きを読む

エヴァの告白(2013年製作の映画)

4.0

戦中、移民、誰もが苦しい時代に自由とより良き人生を求めて、たくましく生きるヒロインと、結果的に哀しい結末を迎える二人の男の話。
とにかく、3人の演技に惹きつけられ、一貫して重苦しいストーリーでも飽きさ
>>続きを読む

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

4.0

子供の頃、おぼろげに覚えているニキ・ラウダとジェームズ・ハントのライバル実話。かなり忠実なようで、二人の風貌までって凄い。
作り話のように対照的な二人とストーリー展開で魅力たっぷり。迫力あるレース映像
>>続きを読む

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.5

大傑作の続編。ということで最初からハードル高いので仕方ないけれど、ん~微妙。
前作では、HG=クロエちゃんがあまりにも可愛すぎたので、ギャップが大きく感じてしまう。クロエ嬢は順調に美しく成長されている
>>続きを読む

エージェント:ライアン(2014年製作の映画)

3.0

懐かしジャック・ライアンの前日譚。
早い展開、緊迫感いっぱいなのだが、なにか今ひとつドキドキ感に欠ける。九死に一生を得たような事故からの復帰なのに強すぎ~とか、あっさり彼女にばれたり、なにか淡白なのか
>>続きを読む

ベン・ハー(1959年製作の映画)

5.0

TOHOシネマズ午前十時の映画祭で鑑賞
子供のころから何度も観た映画。一度はシアターでと思っていましたが実現。
まさに不朽の名作。上映時間なんて気にならない。
圧倒的なスケール、衣装、そして、最新技術
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

4.0

予告編では一体どんな映画?と思っていたけれど、意外とストレートなわかりやすい感じ。ストーリーは決してどんでん返しがあるわけでもなく、物足りない感もあるけれど、かえって安心感があって良かったかも。LIF>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

4.0

これはいい意味で予想外だった。アクション映画ではなく、いろんな痛みを感じ、自分は本当に平和な環境で生きていることを改めて感じる映画。
戦闘シーン、特に転落の痛さや傷を自分で少しでも紡ぐシーンも生々しい
>>続きを読む

ロボコップ(2014年製作の映画)

2.5

個人的には大好きな名作1987年版のリメイク。
感想は、これあえて、ロボコップにする必要あったの?
技術の発達で、映像美、アクション、洗練されたスタイルはいいけれど、肝心のストーリーが面白くない。スト
>>続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

3.5

繋ぎ的な感じが否めなく、三部作なので仕方がないところですが、もう少し盛り上がりに工夫してくれればってところかな。
クライマックスがドラゴンとの戦いなのだろうが、伏線が見えすぎて先が読めてしまうのが残念
>>続きを読む

さらば、わが愛 覇王別姫(1993年製作の映画)

5.0

TOHOシネマズ午前十時の映画祭で鑑賞
名作と評判だった本作、シアターにて鑑賞できて本当に良かった。
激動の時代、真っ直ぐに必死で生きていく主人公たち。時代に翻弄されつつ、それでも人と京劇の夢を信じ、
>>続きを読む

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

4.5

TOHOシネマズ午前十時の映画祭で鑑賞

本作、初シアター鑑賞。抜群の臨場感に圧倒される。これ本当にノンフィクション?何が起こっているのか、何しゃべっているのかさえ分からないところもあるが、実際そんな
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.0

映像、音楽、ストップモーションいれたアクションもいいし、ストーリーも悪いわけでもない。ヒロインもいいし。
でも、なんかしっくりこないんですよね。

敵役が根っからの悪人ではなく、ちょっとしたことで悪役
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.5

思わぬ拾い物、カッコイイし、面白い!
ストーリー的には、前作からの伏線たっぷりなので、ファンのための映画だろうけれど、観る価値ありでした。
とにかく、アクションが堪らなくカッコいい。肉弾戦ゆえの速さ、
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

5.0

TOHOシネマズ午前十時の映画祭で鑑賞。
何度も観た映画ですが、久しぶりにスクリーンでの鑑賞。何度観ても素晴らしいですよね。
公開から20年以上、Nポートマンを観ていると、マチルダが現実の世界に来て成
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

4.0

新シリーズからしか観ていないのが残念、全作観ておきたかったと思わされたので、この映画自体は良かったのかなと。
タイムスリップで全部リセットみたいなくだりは、ありきたりだが、圧倒的な脅威に対抗するにはそ
>>続きを読む

砂の器(1974年製作の映画)

5.0

TOHOシネマズ午前十時の映画祭で鑑賞
原作含めTVやDVDでも観ていたので、ストーリー含め知っているのに、何度観ても泣ける不朽の名作。
犯人捜しの前半は、ノラリクラリの丹波哲郎に味わいがあっていい感
>>続きを読む

>|