SWと共にさんの映画レビュー・感想・評価

SWと共に

SWと共に

はじめて自費で観に行った映画が、Star wars (A New Hope)。以来、映画大好きとなって約40年。
基本スタイル:観たい映画は、シアター、オリジナル言語(字幕は必要ですが)で観ることにしています。やっぱり、作り手はそれを前提にしてるでしょうから、それで観ないと本当の良さとかわからないのかなと。

  • List view
  • Grid view

アウトロー(2012年製作の映画)

3.5

トム・クルーズ主演、イーサン・ハントの泥臭い版?
正義感にあふれ、頭の回転や洞察力がとびきり優れているにもかかわらず、行動が大胆、荒っぽい。となんか抜けているようで、現代のヒーローとしては憧れるところ
>>続きを読む

脳男(2013年製作の映画)

3.5

結構好きな映画かも。
本ストーリー(爆弾魔事件の解決)とサイドストーリー(精神鑑定医のストーリー)がオーバラップしながら、そういう結末か~と。
精神鑑定医の松雪さんの演技は、印象深く、緊迫感と説得力、
>>続きを読む

ダイ・ハード/ラスト・デイ(2012年製作の映画)

2.0

ん~、これね~、ダイ・ハードでなければもう少しスコア高くしてもいいんだけれど、やっぱり納得いかない。人気シリーズの名前を借りて儲けようというように感じてしまう。
ダイ・ハードって、魅力ある敵役を偶然居
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリータッチのリアリティにあふれる映画。どこまでが真実なのかはわからないけれど、そうかもと思わせる迫力と演じる役者の凄さを感じる。特に、マヤ=ジェシカ・チャスティンは、ツリーオブライフで見て>>続きを読む

王になった男(2012年製作の映画)

4.5

イ・ビョンホンの素晴らしさを感じることができます。異なる立場、性格の二役、そして次第に変わっていく姿をうまく演じていると思います。
ストーリー自体はありがちなものの、その部分部分での笑いや喜び、怒り、
>>続きを読む

オズ はじまりの戦い(2013年製作の映画)

3.5

サム・ライミというと今では「スパイダーマン」ですが、自分的には「死霊のはらわた」。そんな彼が、まさかのディズニー映画の王道って。
クスっとした笑いやCGなのにちょっと古い?みたいな感じは、彼らしいとこ
>>続きを読む

レッド・ライト(2012年製作の映画)

3.5

これは結末の捉え方が難しい?表面上のオチだけでいいの?
ラストのトムの台詞が意味深?なんて考えると、とても深いオチなのかも。

それにしても、予告編から、デ・ニーロとなると、それを意識せずには見られず
>>続きを読む

フライト(2012年製作の映画)

3.0

結果的にはそれなりの収めどころ?というストーリー展開。
サスペンス、謎解きとしての期待があったからか、少し拍子抜け感が強く、思った以上に入り込めず。
結末もなんとなくスッキリと受け入れ難いのは、自分が
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.0

こういう映画は、やっぱり敵役・脇役がしっかりしていると面白い。
脇役?シュルツ=C.ヴァルツがカッコ良すぎ~、淡々とスマートに仕事をすすめる、ノリノリ感にジャンゴだけでなく自分も引き込まれる。
敵役の
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

3.0

主演二人の演技には凄さを感じるものの、ストーリー的には難解。
難解というか、話は淡々を時間が過ぎていくのに、起承転結的なものが感じにくく、結果的に、何がテーマなのか自分では結局捉えきれず。
何度も見直
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

良かったです、予想を覆す素晴らしさ。改めて、前作の素晴らしさも思い起こさせてくれて、嬉しい限り。
個人的には完璧と思う前作だったので、正直、続編は作って欲しくなかった。リドリースコットも監督じゃないし
>>続きを読む

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

5.0

大好きです、こういう映画。
6つの時代がそれぞれの時代背景のもとにストーリーが進む。そして、それぞれが、人物やもので繋がっていく。テーマとしてはとても深い「愛と魂の救済」を壮大に描いた映画ですが、そん
>>続きを読む

アンナ・カレーニナ(2012年製作の映画)

3.5

トルストイの原作を読んだことがないので、どのくらい忠実なのか。
それはさておき、ストーリーとしては、「愛」とは何か?を題材に、二人の女性が対照的に描かれる。アンナは、少々堅苦しいものの、何不自由なく、
>>続きを読む

リンカーン(2012年製作の映画)

3.0

誰もが知っているリンカーンをもっと知るための映画?
正直そこまでの歴史を知らなかったが、奴隷解放のための憲法改正の焦点を当てたヒューマンドラマ。とても地味なテーマで退屈となりがちなところを、リンカーン
>>続きを読む

ラストスタンド(2013年製作の映画)

4.0

シュワルツェネッガーの州知事退任後、本格復帰作。
これ主演作の中でも、中々の出来で面白かった。老獪な保安官役ですが、田舎町の良き保安官が、たった数人の仲間たち(って特段普通のこころよき人たち)と正義感
>>続きを読む

ジャッキー・コーガン(2012年製作の映画)

2.0

予告編からイメージされるものとは、全く異なるものだった。
とにかく会話が多くて、殺し屋を主役とする映画としては退屈を感じざるを得なかった。当時の米国の時代背景を反映したネタもあるみたいですが、ん~それ
>>続きを読む

L.A.ギャングストーリー(2012年製作の映画)

3.5

実話に基づく?フィクション・ギャングアクション。
ギャングを押さえつけるには、警察もギャングになる?って、いかにもアメリカ的なストーリーで、題材的には逆に面白い。
配役も、ニック・ノルティにジョシュ・
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

4.0

シリーズも3作目、アベンジャーズ入れるともっと。
毎回、何か新しさを入れないと飽きられるというところと、毎度のお楽しみのバランスがなかなかいい感じかな。
自動装着スーツなんて面白いし、ローディ大佐のア
>>続きを読む

バレット(2012年製作の映画)

3.0

どストレートなアクションストーリー。捻りなしで、純粋にアクションを楽しむのには、いい映画かも。
でも、自分的には、物足りない。この手のものは昔からあるし、スタローンというの何か新鮮味が。。。敵役ももっ
>>続きを読む

グランドマスター(2013年製作の映画)

3.5

予告編を観て期待したものとちょっと違うやん!っていうのがマイナス的な要素ですが、一方で魅せられる美しさは、ウォン・カーウァイに期待していたものそのものでした。
カンフーアクションのキレ、登場人物たちの
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.5

設定や世界観などは興味深く、映像美やデザインなどもとても魅力的で期待が膨らみながら鑑賞。でも、なんか淡々とストーリーが進んでいき、今ひとつドキドキ感や緊迫感が来なかった。なぜなんだろう?
台詞で説明と
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

5.0

公開当時、衝撃の作品だった。暗くて、じめじめ、じわじわとくる恐怖。なかなか全体が見えないやつら。リドリー・スコットって凄いな~と思った作品。
ノストロモ号のデザインやエイリアンのクリーチャーとしての完
>>続きを読む

エイリアン2 完全版(1986年製作の映画)

5.0

「今度は戦争だ!」のキャッチフレーズが忘れられない名作。リドリー・スコットからジェームズ・キャメロンになって、いい意味でのカラーチェンジ。恐怖感は引き継ぎながらも、レーダー探知機でジワジワ近づくエイリ>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

2.5

ん~、これはストーリー的には好きにはなれないので(;_;)
映像や豪華な建物から小物、そして、ギャツビー演じるディカプリオ
の演技まで、まさに華麗なるって感じ。そして、派手!なギャツビーとは全く異なる
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

5.0

こんな完璧な映画、やっぱり劇場でどっぷり浸って観て欲しい。
ドン・ヴィトー=マーロン・ブランドの落ち着いた老獪さとファミリーへの愛、義理人情がにじみ出る魅力にとにかく、引き込まれる。
一方で、子供たち
>>続きを読む

G.I.ジョー バック2リベンジ(2012年製作の映画)

2.0

こういうのはなんか嫌なんですよね。エイリアン3を観たときもそうだったけど、前作はなんだったの?って。。。
一応、続きものらしくストーリーは作られているものの、付け焼刃的、ツギハギで、破綻しまくり感が強
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

5.0

もう完璧すぎる。
なんといっても、マイケル=パチーノの苦悩とヴィトー=デ・ニーロの成り上がりを巧く対比させる形で構成。なんといってもヴィトーの情けとやさしさ、まさにファミリーの原点がここにあるのかと感
>>続きを読む

サイレントヒル:リベレーション3D(2012年製作の映画)

2.0

ん~、前作が好きな作品だっただけに、敢えて作らなくても良かったかなって感じ。
前作との関連も今ひとつな感じだし、そもそも、ホラー感が全く別物。
前作のじわじわ、ねっとり、何がくるのかという恐怖感が良か
>>続きを読む

終戦のエンペラー(2012年製作の映画)

2.5

日本人原作のノンフィクション歴史サスペンスを、米国が映画化。
そこにこの映画の意義があるのかも知れないけれど、自分には今ひとつ、ピンと来なかった。一体、誰に向けて、何を伝えたいのか?
アメリカ人が日本
>>続きを読む

ローン・レンジャー(2013年製作の映画)

3.0

暗い過去を持つインディアンと正義感にあふれていた白人の復讐劇という単純明快ストーリー。
インディアン・トントは、デップ流キャラから影を感じさせながらのおとぼけ感もありで、期待レベル。ただ、肝心のローン
>>続きを読む

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

3.0

えっ(;゚Д゚)!、これゾンビ映画?でも、ちょっと違うよね。
結局は、え~!!!そんな決着の付け方?
まあ、ブラピなので、そんなところなのかもしれないけれど、ちょっと安易だったかも。
でも、ゾンビが壁
>>続きを読む

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年製作の映画)

4.0

カーーーーン!!!
リメイクじゃないけれど、カンバーバッチ・カーンの圧倒的存在感がこの作品の良さを際立たせている感じ。なにが”悪”と”善”の違いなのか。ストーリーも深く、哀しくもあり、ダークで好きな展
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

5.0

これは、個人的好みどまん中。
とにかく、シンクロして戦うコンセプト、イェーガーのスタイル、音楽、映像とカッコ良すぎ。子供の頃にみていたロボットアニメが実写になったという感覚。ギレルモ・デルトロが日本オ
>>続きを読む

>|