sawseeさんの映画レビュー・感想・評価

sawsee

sawsee

最近はホラーが見たい。特にゾンビ!オススメあれば教えて

映画(909)
ドラマ(16)

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.5

想像していた様なフィーバー感は無かったけれども、なんだかシャレオツだったトラボルタ。

ヘアスプレーとはまるで別人。

アイ・ウェイウェイは謝らない(2012年製作の映画)

-

高評価だったからテレビでやっていたのを見てみたけれど、どうしてこれの平均点が高いのか…。
映画に政治的思想が込められるのは分かるけれど、ドキュメントだし、もろに政治的思想しか無いし。


点数は付けた
>>続きを読む

マーシャル博士の恐竜ランド(2009年製作の映画)

2.5

またまた酷いもんを作っちまうもんだとは思いながらも嫌いじゃない。
笑わせる気があるのか無いのか分からない雰囲気も嫌いじゃない。
嫌いじゃないけど、酷いでき。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.0

期待していたものとはかなり違ってはいたものの、それなりに楽しむことができた。

キング・コング(1933年製作の映画)

3.0

キングコングの顔が僕の知ってる顔じゃなかった。
まさか本家本元のキングコングがこんなにもスケベェな顔で女性を見ていたとは、ゴリラといえども幻滅。
しかし、時代を考慮して見てみればなかなかの迫力だった。

血まみれスケバンチェーンソー(2016年製作の映画)

3.0

初っ端、美しい風景のなか自転車を漕ぐミニスカで美脚で可愛いJK。なんだ、タイトル詐欺かよと思ったのも束の間、タイトルまんまになってしった。
B級になり損ねたC級。
ただ、嫌いじゃない。

シンデレラゲーム(2016年製作の映画)

1.5

だいたい人狼ゲーム。
投票がカードの対戦に変わってはいたけれど、心理戦という意味ではやっぱり人狼ゲームかな…

ザ・インターネット2(2006年製作の映画)

2.0

先見性の塊の様だった1に比べて、インターネットな要素が抜け落ちてしまい、ただの逃走劇と化してしまっていた。

探偵なふたり(2015年製作の映画)

3.0

ジャンルはたぶんコメディであろうミステリー。

ゴールド/金塊の行方(2016年製作の映画)

3.5

いったい何が彼をそうまでさせるのか。
マシュー・マコノヒーの役作りが、ドン引く勢いでハンパないです。
軽快な演技も、役作りのやり過ぎで若干頭が虚になったり…。

ラストの真相を考えさせるような表情がま
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.0

映像と音楽は申し分ないのだが、いかんせんストーリーが「どうしたディズニー!?」というぐらい薄っぺらい。
そもそも、くるみ割り人形である必要性を全く感じられない。

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

4.0

この美しい世界を謳歌しないなんて馬鹿げている。

美しい世界でした。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

油絵が動くところなんて初めて見ました。
しかも筆のタッチから色彩までゴッホテイスト。
正直ゴッホの絵はとても好きというわけじゃなかったけれど、これは見て良かった。

霊幻道士 こちらキョンシー退治局(2017年製作の映画)

3.0

昔の霊幻導士の続き物かと思いきや、キョンシーを倒すどこまでは同じだけど、ほぼほぼ別物。
別物なのはいいけれど、いったいぜんたい何事か、美女キョンシーと心を通わせてしまう。
ここで、「まさかラブロマンス
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.0

若かりし頃のデップさんってこんなだったんだなぁと思いながら、真人間の役で見るの久しぶりだなぁとも思う。

それ以上に、若いを通り越して幼いディカプリオ君の演技が素晴らしい。完全に頭のネジが外れていた。
>>続きを読む

モンスター・ホテル(2012年製作の映画)

3.5

人間とモンスターの距離感のあるストーリーも良かったけれど、モンスターの動きで笑えてくる。
これはなかなか良い。

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.0

とにかくセリフが多い。
場面展開は少ないクセに、情報量だけはてんこ盛り。さらにそのクセ、大量の情報量の中で必要な情報はほんの一部。

会話劇でテンポよく進むが、ジョブズのクズな所を前面に押し出してきて
>>続きを読む

ハンガー・ゼット(2014年製作の映画)

3.0

気の抜けたようなゾンビとは対照的に、エゲツない設定。
人間牧場ってそういうことかよと。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.0

Apes together strong.

ここにきて素晴らしい一作。
シーザーの言葉、一言一言が身に沁みる。
知恵と力を手に入れたシーザーだったが、あくまでエイプのリーダーであり、指導者としてエイ
>>続きを読む

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

3.5

猿の惑星リブート3部作の2作目。

繁栄する猿と荒廃しゆく人類。
まさか猿の中からユダが出てしまうとは予想外の展開。
猿だろうと人だろうと、信頼しようとするシーザーだが、まるで信頼しようと努力している
>>続きを読む

>|