たけけ

たけけ

学生生活も終盤、洋画ばっか。WOWOWの人です。評価はゆるいです。ロマンスはほぼみません。感受性強すぎてバットエンドはめちゃくちゃ引きずります。嗜好は人と少しずれてる気もします。
★4~ すき、オススメできるやつ
★5 自分の好み

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

5.0

くっさい終わり方だなチクショウ!最高だった。1作目と同じくらい好きでした。重い話になるかと少し構えたけど想定外。総じてステイサム先生ちょっとキャラ崩壊してませんか?でもいいですわ、なんでもいいですわ、>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.2

前半のスピード感が心地いい。とにかく死にまくって生き返りまくる、この新しさにハマれた。最後は思ったよりもすっきりあっさりな印象。

テルマエ・ロマエ(2012年製作の映画)

4.5

阿部寛の圧倒的な現地人感、声出して笑えるやつ。面白いな~、すきだな~!

エスター(2009年製作の映画)

4.0

怖すぎやしませんか。ニッて笑ったときの歯な。何か不思議な違和感覚えながらも、それをはっきり頭で理解できたとき、言葉にならない恐怖とともに鳥肌くんがやってきた。みるべきホラー。

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

2.0

沢尻エリカの美しさで成り立ってるようなもん。内容はよく覚えてない。

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

4.8

ジョージクルーニーの錯覚のとこからラストまで、釘付け。息が止まるかと思った。映像の美しさと独りの絶望、見る側にも猛烈な孤独感を与えてくる。すごかった。

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.5

人の想いは数式にはできない。悲しい愛の結末を見た。心が苦しかった。

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

3.5

リアルとアニメーションの混じり合いが新しかった記憶、これみたの何年か前だけど、すっごい新鮮だった記憶がある。わざとらしい馬鹿っぽいヒロイン苦手だからそこまでしっくりは来なかった。

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

4.0

悪くない。悔しいけど面白かった(笑)ど下ネタだけど、なんだろうか、大衆が群衆と化す瞬間、そこからマイノリティが世論を変えていく、中々深いんじゃないんですか。ブラックユーモアと世界平和のリミックスて感じ>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

5.0

冷たく美しい、青の孤独を見た。嗚咽の無い涙が溢れてた。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

5.0

これはずるい、挿入曲が自分にとって神すぎたのと、sucker for painが最強すぎた、ばかやろう。狙撃シーンでblack skinhead流れた瞬間のニヤつき具合はひどかった。笑 マンガで読んで>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.8

流行りにのって見た。映像綺麗でとにかく美しかった。映像と音楽で涙腺イカれた、RAD無双強い。ただアニメ見ると、なんで?を永遠と突き詰めてしまうから、考える前にどんどん進んで話理解できなくて思考が詰んだ>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

5.0

ワクワクがとまらねぇ!!!!!CG技術のすごさにドン引きした(良い意味)、世界観が良すぎる。ノーマジのおっさんが大好きだった。結果論幸せだけど、所々切なくて心が苦しい、そんな話。主人公無双はあんましな>>続きを読む

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

4.2

闇を抱えたチート主人公、大好きだ!!!!!!!
なんだろう、前提としてヒーローアメリカ!ジャスティスアメリカ!だとかいうそういうのが逆転してる感じ、圧倒的な力と立ち位置を誇るアメリカは、もう正義という
>>続きを読む

ホワイトハウス・ダウン(2013年製作の映画)

4.0

意外性はとくにない、でもそれでいい感。正義は勝ちますんで、っていうそういうスタンスかすごくしっくりきてる、そこまで期待しなかった分、ゴリゴリアクションときどきユーモアときどき社会問題がいいかんじ、後味>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

4.0

ありがちな流れから、オチは軽く見越してたつもり。だけども、え、まじ?そうなるの?え?え?え?え?ええええレベルの壮大さには笑った、いい意味でね。地下空間からのハチャメチャシーンは最高でした。たまらんで>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.5

いろんな前置きがすっとばされてて、純粋にゾワゾワを楽しめる。後半から全員が怪しく見えてしまって仕方ない、心臓バクバク、面白すぎる。その発想はなかった、、、これにつきた。

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

5.0

テンポよくて見るに疲れない、難しい歴史背景のテーマが洒落た話に見えた。設定細かくて、続編出してください、お願い致します、な感じです。なんだろうな、爆発的な興奮ポイントがあるわけではないんだけど、淡々と>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

面白いしね、新しいしね、キラキラしてるしね、頭に残る「てんてんてんててんてんてん♪」だしね、評価通りの映画だったしね、エマストーンかわいい、見てよかったあ~!!!!とは思った。ただ、見終わったあとに心>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

5.0

小栗旬のことなめてたなぁ。ハンバーガーから冷凍庫あたりのかんじが鳥肌演技だった、やるなぁ。久しぶりに映画館で邦画みたけど当たりだった。終わったあと口角あがりっぱなし。レイトショーでみたのも大きかったか>>続きを読む

イーグル・アイ(2008年製作の映画)

5.0

正義を貫く話はすごく好き、後半すぐ泣いた。ぼろぼろ。

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

5.0

実話を一つの作品としてうまく面白く構成されてた。すごく面白かった。ただ「華麗なる大逆転?」これは違う、邦題が作品の魅力を削いでるよ。

正直、専門用語はぺーぺーの私には難しめだったけれど、目の前で何が
>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

5.0

もやもやした親子関係とか、今にも崩れそうな家族関係とか、
お互い言いたいことがたくさんあって、家族だら言わなくても分かっててほしいって思ってしまって、そういう今までなあなあにしてきたものが、どっかーん
>>続きを読む

サイレント・ワールド(2004年製作の映画)

2.0

え?なんで?のオンパレード!
何も考えずにみたら楽しめたのかもしれない、しかしわたしの頭からハテナが消えることはなかったのです、、、ひええ。
でも、家に戻ってくるとこは感動した、あとワンコが優秀だった
>>続きを読む

ワールド・オブ・ライズ(2008年製作の映画)

4.0

かっこいい。中盤からの緊迫感がよかった。最後もすきな終わり方。

ミスト(2007年製作の映画)

3.8

キツかった。鬱映画。でも人間味を強く感じる映画。

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

4.5

エグさはもちろんあるけど、でも最高に渋い。ハマった。

ビリギャル(2015年製作の映画)

4.5

自分の大学受験の時と重なって重なって涙が止まらなくなった。他人事には思えない映画。うーん、家族、友達、改めて大切に思える、素敵なお話。わたしもこんな先生に出会いたかったなぁ!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.8

アホな要素たくさんあるのになぜか涙がでてた、バランスがよい!こういうのまってた!

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.5

かっちょいいけど、ちょっとストーリーががたがたな気もした、最後もあんまりスッとおちなかったかなぁ、よくあるSFだけど、でも普通におもしろかった!な!

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

5.0

自分好みの、スッキリ、さくっとした映画。おいしものがたべたくなる。ジャンクフードたべたい。親子の関係、友人との関係が最高に素敵。幸せな気分になれる、純粋にお気に入り映画。

>|