TAKEさんの映画レビュー・感想・評価

TAKE

TAKE

エンドロールの間に感想書きます。
ネタバレなのにネタバレフィルターかけないのはやめてください。

映画(787)
ドラマ(0)

タワーリング・インフェルノ(1974年製作の映画)

4.0

古いから良いという訳ではない。
この時代にしては派手なアクションや演出だとかは言いたくない。
ちょっと古い映画を見て思うことはいつも同じ。
今でも全然、おもしろい!

3時10分、決断のとき(2007年製作の映画)

3.6

西部劇が好き。
なんで好きかもわからん。
だけど好きだもん、ってのが本当の好きだと思う。
水曜どうでしょうとか、ジム・ジャームッシュとかIKEAとか、好きって言うために好きなのとは違う。

ドリーム(2016年製作の映画)

3.8

星空の映画祭にて。
だからまともにレビューできません。
何割か増されちゃうので。
マハーシャラ・アリはやはりよい。

ポセイドン・アドベンチャー2(1979年製作の映画)

3.5

前作が良すぎると、続編がなかなかよくない。そりゃ、そうだ。前作で革命起こしちゃってるんだもん。
でもこの映画は前作とはキャストも違えば、順路も逆走、発想も逆だから面白かった。
豪華客船が転覆します!っ
>>続きを読む

靴職人と魔法のミシン(2014年製作の映画)

3.2

なーんも考えんでいいよ。
でもちょっとだけ、あれ、どっから誰?ってなるから気をつけて。

なーんも得るものないよ。
だけど、音楽で少し愉快な気持ちにさせてくるから気をつけて。

なーんも後に残りません
>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.9

ずっと敬遠してしまってた本作。
理由は、オオカミと人間のハーフだなんて絶対共感できない、ということ。
アニメはこれぐらい現実離れてて、やっと共感できるのかも。
言の葉の庭とかは中途半端に現実だから、な
>>続きを読む

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.8

最初は2001年宇宙の旅的な話かと思ってた。
途中から、どっちがどっちだ?ってなってきた。
最終的にどっちもそっちか!ってなった。
アイデアが面白かった。

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

3.2

エマ・ストーンって何を演じてもヤな奴になるよね。いい意味で。
今んとこ、バードマンが一番。
その次がこれ。
スカートの丈とか、笑い方とか。
アカデミー賞授賞式のスピーチとか。
そうゆうのを含めて、僕は
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.0

フランス料理みたいなもんなんでしょう。
色鮮やかな一皿が順序きっちりと運ばれてくる。味以上に見た目に気を配る。

僕はハンバーガーが好きです。

許されざる者(1992年製作の映画)

3.6

クリント・イーストウッドってどんな顔だっけ?若い頃の彼は本当にワイルドで純イケメンで、最近の彼は頑固で新しいものに弱いおじいさん。
だから同一人物だってなかなか思えないんです。
だけど、この映画は、両
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.0

宇宙ものが多すぎて。
どんなオリジナリティがあるのかなって期待して。
ジャケもセンスが無さすぎて。
結局キャストだけで見ることを決めて。

思ってたのと違う!に尽きる。
different goodと
>>続きを読む

フィッシャー・キング(1991年製作の映画)

3.5

夏だから、テリー・ギリアム祭り!
幻想的でかつ、現実を切り裂くファンタジーなのかSFなのか、のテリー・ギリアム。
だけど今作はどヒューマンドラマ。
二人が上手いこといってるならそれでいいわ。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

面白い。邦題とジャケを変えましょう。
これじゃ遠距離恋愛かなんかの映画だと思っちゃう。原題そのままカタカナって得意技あったでしょ?それでいこ。

自分の心の中とか周りに大きな変化が起こって、静かにジワ
>>続きを読む

太陽の帝国(1987年製作の映画)

3.7

もっと注目されててもいい映画。
30年前のクリスチャン・ベイルを見つけられるかなって思ってたけど、すぐ発見。面影ありすぎ。マルコビッチもそのまんま。
やっぱりスピルバーグは面白い。

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

3.7

この手の話、ありきたりで話も読めて、ワクワクしないのになんで好きなんだろう。
あ、そっか。ロードムービーだからだ。
ということで、個人的ロードムービーベスト5。
1位 パリテキサス
2位 俺たちに明日
>>続きを読む

12モンキーズ(1995年製作の映画)

3.8

こんな話だったっけー!?
映画の中と同じ。数年前に見た映画は変わらない。変わったのは僕らだ。
うる覚えなら、見たほうがいい。

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

2.9

テッドみたいなクマと、君の名はみたいな方言と田舎町、ベイマックスみたいなロボットに、サマーウォーズみたいな必殺技。タマちゃんみたいな同級生とエヴァンゲリオンみたいな敵。
ベースはジブリです。
アニメっ
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.8

やっぱり1が一番面白い!1といっても11なんだけど。仲間集めるところ。計画練るところ。最後の種明かし。
銃を一発も撃たずにここまでハラハラさせられるって素晴らしい。
唯一のマイナス点はテスです。初めて
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.7

あかん、13まで観たら、また11が観たくなる現象。バックトゥーザ・フューチャーしかり、毎回見る視点が変わって、今度はここに注目してみようってなるやつ。

イリュージョニスト(2010年製作の映画)

3.4

たまにはこういうのもあり。
だけど、映画にワクワクを一番求めちゃってる自分としては向いてない映画。
ミーハーな私は、キャストでワオとなるタイプなのでアニメは日本の方がワオってなるな。

メダリオン(2003年製作の映画)

3.1

監督だれでもいいです。だって、クレア・フォーラニが見たいから。ストーリーもどうでもいいです。だってクレア・フォーラニの英語が聞きたいから。
『ジョーブラックをよろしく』で完全に惚れたクレア・フォーラニ
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.9

ちゃんと中学校卒業して、仕事したりしなかったり、お酒は適量飲んで、困った時には誰かに相談して、やれと言われたり、自分からすすんでやったり、ほどほどのすれ違いをして、ご飯を食べる。
そんな生活をする人に
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.3

小さくなった人たちの話、ではありません。それを利用してメッセージ詰め込みすぎたギュウギュウ映画。果たして小さくなる必要はあったのか。
嫌いじゃないです。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.1

あと15歳若かったら、小中学生だったら、楽しめた。胸を躍らせてた。大人になっちゃった人には無理。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

おもしろい!
設定も時間もちょうどいい。
全てを知った上でもう一度見るのもアリかも。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.8

見た人は言う、見ていないのがもったいない。
見てない人は思う、見るのになかなか覚悟が要る。
体力と時間を温存して、ここぞという時を待つわけだけど、期待されてる大作ほど、なかなか手が出ない。ビビるからだ
>>続きを読む

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

3.5

2018年上半期。自分的流行語大賞は『手のひら返し』でしょう。
アメフトの問題やワールドカップの日本批判。でもね、手のひらって返すもんでしょ。むしろ返させてなんぼでしょう。
特にスポーツやなんかは、そ
>>続きを読む

>|