MovieDrinker

MovieDrinker

アクション、ドラマと何でも観るけど、スプラッターは苦手…。
割りと観た後で考えさせられるものが好き。

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

3.3

シリーズファン向けの新作。
ストーリーは取って付けた感は否めないが、シリーズの十八番であるカーチェイスは魅せてくれる。

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.2

1作目より予算が上がったからか、映像は凄いけど、かなりアクションがしつこくなってしまった。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.4

銃撃、迎撃、返り討ち!
復讐相手のギャング一味をバスバス撃ち殺していく様は、ゲーム感覚に似てる。

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

3.8

特に何も無い町に生まれ、何も起こらず(起こさず)に人生を経る、大多数の何者でもない人たちの物語。
好きです、こういう作品。

GANTZ:O(2016年製作の映画)

3.4

大阪篇は原作でも見所満載で好きなエピソード。
忠実とまではいかないが、CGでかなり美麗に表現されてて驚いた。

ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007年製作の映画)

3.6

事件の謎が次第に明らかになる様と、登場人物それぞれの正義の立ち位置を描く様が見事。

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.8

空気感が好きな作品。
エル・ファニングの背負ってるフェールラーヴェンのリュックも流行りましたね。

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.6

「怖いもの見たさ」という言葉があるが、他人の携帯なんて見て良いことがあるわけない。
まぁそんな話を基本会話劇で描いているんだけど、ずっとハラハラして飽きさせない巧みな作品。

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.5

重い病気を扱った映画だけど、ノリは『サンキュー・スモーキング』!
サラッと観れます。

チャッピー(2015年製作の映画)

3.2

結末は前作『第9地区』同様トッピな内容。
思ってたより社会的テーマは低く、エンタメ度の高い作品だった。

スリーピング ビューティー 禁断の悦び(2011年製作の映画)

2.0

監督がなんでこの映画を撮ろうと思ったのか謎。
病気で無くなる男性と主人公の関係も説明がなく意味不明だし、ラストも「で!?」って感じです。

エンド・オブ・ザ・ワールド(2012年製作の映画)

3.3

終末感があまり無いシンプルなラブストーリー。
犬が可愛すぎ!!

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

2.0

マーゴット・ロビーのハーレイははまっていたけど、ストーリー展開が退屈で最後まで観ていられない。

インポッシブル(2012年製作の映画)

3.3

津波の圧倒的な破壊力に、為すすべなく全てが流されていく光景は、当時ニュースで見て、唖然となった事を覚えている。
かなり痛々しいショッキングなシーンもあるので、観るのに覚悟が必要。

永遠のこどもたち(2007年製作の映画)

3.6

ホラー映画だからと敬遠せずに最後まで観てほしい。
納得のエンディングが待っているので。

つみきのいえ(2008年製作の映画)

3.6

画のタッチはメルヘン、背景はSF、でも本質は愛と家族と人生の物語。
思い出を遡っていく演出が見事。

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

3.5

狂気に満ちた愛と復讐の物語。
常軌を逸してますが、嫌いじゃないです。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.7

ラストまでもうずっと恐ろしい話。人間不信、特に女性不振になる可能性あり。

劇場版 BLOOD-C The Last Dark(2012年製作の映画)

1.3

Blood +は割りと良かったけど、Blood Cは正直しんどい。
やっぱり一番最初のBlood the Last Vampireが一番良い。

美女と野獣(2014年製作の映画)

2.8

映像はキレイ。でもどの時点でベルが野獣を愛したのかサッパリ。

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.3

クローバーフィールドと繋がってるかは分からないけど、ラスト以外はサスペンスものとして楽しめる。
続きありそうな終わりかたなのが気になる。

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます。

NYで何かが起きた!って言って、結局巨大バケモノっていうひねりのない話。
大怪我を負っているはずなのに走って逃げれたり、ツッコミどころ満載!

8 Mile(2002年製作の映画)

3.4

映画よりもサントラのイメージが強い作品。
エミネムの歌う同名曲は、今聴いてもカッコいい!

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます。

暴力と汚職にまみれたLAの骨太な暗黒時代の雰囲気が最高のクライムムービー。
主演の1人がいきなり殺されるシーンは当時衝撃的でした。

ディープ・インパクト(1998年製作の映画)

2.5

予算が無かったのか、隕石対策部分がバッサリカットされててよく伝わらない映画。

アイ,ロボット(2004年製作の映画)

2.3

ロボットのデザインがビミョーって事しか残らない映画。

ベイブ(1995年製作の映画)

3.5

ファミリー映画の金字塔。
動物たちいい演技してます。

>|