masaeさんの映画レビュー・感想・評価

masae

masae

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.3

北村一輝が最高。勉強になります!
もっとファンタジーでポップなラブコメを期待してたけど、おとぎ話みたいなロマンチックなラブストーリーで、これはこれで感動的だった。
ちょっと姫のキャラクターが高慢すぎて
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.0

どんだけ下品なのかと期待してたけど意外にCGとストーリーがちゃんとしててびっくり。わりとメッセージ性もあるし。15Rはエロいからというよりグロいからかなと思ったくらい。

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.5

アニメの世界観をよく表現している実写化だった。スカヨハの生気のない感じもとても良い。吹替をアニメキャストにしたのも好感。もともと外画系の声優ばかりだから雰囲気ましまし!
ただ、逆にアニメに寄せすぎてち
>>続きを読む

マラヴィータ(2013年製作の映画)

3.7

贅沢なキャストのコメディ映画。アダムスファミリーのマフィア版みたいな家族で面白かった。みんな強すぎ!

J ビヨンド・フラメンコ(2016年製作の映画)

3.5

躍りはもとより、音楽が素晴らしい!ノスタルジックな民族楽器だったり、モダンでジャズっぽい曲だったり。何をもって「ホタ」というのかは劇中では語られてなかったけど、それだけに自由で幅広い世界観を体感できた>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.7

引き続きスパイ映画として完璧に面白い!
ありえないとありそうのギリギリの線引きが絶妙。
あとコリンファースがかわいい。
エルトンジョンもかわいい。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.8

あけまして初映画。
上質なストーリーと、映像美と、俳優陣で、新年一発目として満足!
ポルーニンも美しかった…
今年も良い年になりそう!

スプリット(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

続編に期待しかない。
ブルース・ウィリス大好きだからシャマランがアンブレイカブルのネタをいまさらシリーズ化してくれたことに歓喜!
おやじヒーロー早く見たい!!

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

空虚で夢の中みたいな世界観にやっぱりメッセージっぽさを感じる。
哲学的な内容だけど、シンプルに観れば切ないラブストーリーで、バーチャルな愛も愛に変わりはなくて、すごくロマンチック。

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

4.5

サミュエル最高だし、アクションかっこいいし、カーチェイスも迫力あるし、配信限定なのに贅沢すぎる。
キンケイド主役でスピンオフ見たい。

この世に私の居場所なんてない(2017年製作の映画)

3.0

コメディかバイオレンスかスリラーなのか、頭が混乱した挙げ句にヒューマンに分類されてて、私の理解の斜め上をはるかに超えていた…
前半の平凡な世界と後半のスリリングな世界との差が激しすぎてジェットコースタ
>>続きを読む

Black&White/ブラック&ホワイト(2012年製作の映画)

4.0

トムハもクリパもめちゃくちゃかっこいい…あの二人に挟まれるとか前世で世界でも救ってんのかな…
あとヒロインがリースなのはラブコメ好きとしてポイント高い。キャストだけで☆4つけたい。

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.0

胸糞悪い系かと思いきや最後はざまぁwwwってなるから後味は良い、のかも?

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.5

どんでん返しなのが分かってたから犯人読めちゃったけど、おしゃれでかっこいい映画だった。

悪人(2010年製作の映画)

3.7

丁寧に作られた良質な映画だった。ストーリー的には心の寂しい人間のエゴばかりで好きにはなれないけど。

ソフィア・コッポラの椿姫(2016年製作の映画)

4.0

ソフィアコッポラ演出、ヴァレンチノの衣装、舞台美術はノーラン映画のプロダクションデザイナーってことで、期待通り視覚で楽しめるオペラだった。衣装は全体的にモノトーンでモダン。舞台は大階段や奥行きの使い方>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.3

縛られてるクリスパインが最高だった…ガルガドットの美しさも素晴らしい。目の保養とはまさに。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

アドレナリン大放出!音楽と共鳴する弾丸とブレーキの音が小気味良い。歌わないし踊らないけど、ミュージカルちっくな新しいカーアクションでめちゃくちゃかっこよかった。

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.5

こんな万人受けしない映画に予算注ぎ込んで作り上げる韓国映画界がうらやましい…豪奢なお屋敷といい着物もドレスも素敵だし、日本の描写も違和感なく、むしろちょっと誇張された感じが幻想的で前半はずっと見てたい>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.2

いや~まいったね!最後までまんまと騙されちゃった。しかもラストの解釈はいかようにもできるし、人と語り合いたくなっちゃう。サスペンスかと思いきやオカルトだしゾンビだし血みどろだし。主人公の行動が後々の展>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.3

死ぬに死ねないじいさんがちょっと可愛い。融通のきかない頑固な偏屈親父だけど、裏を返せば自分の信念に妥協しない生真面目な男ともいえるのかな。

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

4.5

偏屈老人×子供は感動系の王道だけど、全然古くさくなくないし、ビル・マーレイのクソ爺さが極まっていてとても良かった。

アシュラ(2016年製作の映画)

3.0

いつもは人懐っこいようなファン・ジョンミンの笑顔が、今回はひたすら怖かった…韓国ノワールのエグみを煮詰めたような映画。

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.0

悪魔系は怖くても信仰的に自分とは関係ないから後引かなくて好き。

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声(2014年製作の映画)

3.5

才能がある不良な美少年、湿っぽい寄宿学校、不機嫌な教師。好きな雰囲気がつまった映画だった。
神に与えられた束の間の、奇跡の美声にうっとり。

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

さしてバレエファンでもない私でも、ポスターの彼に惹き付けられ、「優雅な野獣」というサブタイトルに好奇心を掻き立てられて、わくわくしながら観賞。
全身に彫られた刺青にけっこうやばい人なのかな?と思ってい
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

4.5

あいかわらずミニオン達は可愛いし娘達もかしましいし新キャラの悪役も面白くて最高に楽しかった!吹替も文句なし、むしろ松ケンが素晴らしくて感動。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.6

映画館なのについついうめき声を出しちゃうくらいアクションシーンが痛々しくて最高。ドンパチな効果音にまぎれてポキッポキッっていう骨が折れてるあの音がもう!痛い痛い!
コンチネンタルの設定とか世界観にも磨
>>続きを読む

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的(2016年製作の映画)

3.3

密室パニックとして雰囲気がバツグンに良し。世にも奇妙な物語にありそうな、サスペンスでありつつ不条理なブラックコメディ群像劇。三谷幸喜あたりにリメイクしてほしい。

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.5

誰だよデ・ニーロにこんなセリフ言わせたやつ!名優の無駄遣いしすぎだわ!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.3

アメコミヒーローが苦手な私でもキャラクターが面白くて楽しめた。

>|