masaeさんの映画レビュー・感想・評価

masae

masae

映画(215)
ドラマ(17)

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

4.0

トニー最高かよ…カリスマ性のあるクズって惚れちゃうよね。わかる。

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.3

脚本が難解。解説を見ると奥深さがわかるけど、観てる最中は頭がハテナだらけだった。誰しもつらい悲しみからは逃げたくなるし自分可愛さのあまり残酷なことも考えてしまうよね。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.3

強いなぁ。無い道を切り開いていく勇気と実行力。見習いたい。あと旦那さん素敵。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.5

子役がとても可愛らしい。ストーリーはよくある話でツッコミどころも多いけど90年代のヒューマンっぽくて好き。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

ポップカルチャーへの愛と夢が詰まったおもちゃ箱みたいな映画だった。もうずっとワクワクしっぱなし!

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

QUEENの曲はCMとかで聞いた事はあったけれど、歌詞がこんなにも胸打つものだったとは。本当に良い映画だった。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.2

伏線の回収がお見事。本当にアメリカの法案ってこんな感じで決まるのかな…

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

初是枝作品。どの視点に立つかで何を真実と取るかが変わるような作りがすごい。

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.7

あれだけ知的でユーモアもあって仕事もできるしリッチだったら外見とか関係なく惹かれるよねって思っちゃった。なぜか某通販サイトの社長と女優が頭をよぎり、他人の恋路に外野がとやかく口出ししたり好奇な目で見た>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.4

ブレードランナーとメッセージが個人的に好きな雰囲気で、同じ監督の作品とのことで鑑賞。
やはり抑揚というかテンションが上がるような場面があるわけでもなく、終始緊張感がある雰囲気は好きだった。
善悪のボー
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

銃撃戦、空中戦、肉弾戦、カーチェイス、騙し合い…スパイアクションのフルコースで頭真っ白になりながら最後までノンストップのハラハラドキドキ。もうストーリー理解するとか先の展開読むとか野暮なことはせずにジ>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.5

ゴージャス!!こーゆーのが観たかったの!っていうのをちゃんと提供してもらった感じ。期待は超えないけど、裏切らない、みたいな。でもちゃんと驚きも用意されてて、かなり楽しめた!アンハサウェイ最高。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

B級邦画を500席規模のスクリーンで見るという謎現象。最高でした。

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.3

前半の文春砲さながらのスクープを狙うシーンは面白いしカーチェイスも迫力があって楽しかったけど、後半につれて説得力に欠けるなぁと思ったら昔の作品を現代アレンジしたリメイクと聞いて、原作のあらすじ読んだら>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.7

前半のカサブランカでのやり取りがお洒落で好きだった。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.5

ネタ映画なのかと思ったら、神話的な話だから割とすんなり入り込めるし、なんていうか往年のディズニー映画みたいで曲も良くて普通に楽しめたけど、すごいとこで終わっててびっくり!

奇跡のシンフォニー(2007年製作の映画)

3.3

家族向けのファンタジックな感動ものだった。ロビンウィリアムズがなかなか魅力的な悪役で、なんとも童話ちっく。

AMY エイミー(2015年製作の映画)

3.8

デビュー前の彼女の印象について、字幕では老成と表現されてたけど、まさに成熟という言葉では甘すぎるような貫禄の歌声で、普通の子供らしい十代を過ごしてこなかったことなど容易に想像できて序盤から悲しい。有名>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.4

タイトルに惹かれて鑑賞。これが原題の「破壊」とかだったら観てなかったなぁ。内容は破壊がテーマなんだけれども。
ジェイクギレンホールは狂気を秘めた普通の人の演技がめちゃくちゃ上手いね。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

「青い果実」とか「禁じられた遊び」とか、山口百恵の初期の歌が思い浮かぶような、青春のいけない恋の話。
劇中の音楽と、主役の男の子の演技が素晴らしく、あのエンドロールはずっと記憶に残りそう。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

なにかに似てると思ったら、あれだ、劇場版ドラえもんだっ!
普段はさえない主人公がカッコ良くなり、普段は仲の悪い同級生と力をあわせて苦難をのりこえる…夏休みに毎年観てたあれだ…!!
小ネタ多くて終始ずっ
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.0

新作の予習復習をかねて。
子供のころ観た時は不気味で怖かった印象しかなかったけど、あらためて観てもやっぱり奇妙で不気味!
わりとダークファンタジーよりでロビン・ウィリアムズから予想されるドタバタコメデ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

ダークファンタジー系は苦手だけどアカデミー賞とったし!と思い観賞。
しかしそこはデル・トロ、やっぱりグロいしエグいしなんかエロい…
冷戦期の秘密組織な世界観も好きだし、映像は綺麗だし、オールディーズ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.8

基本、外画アニメは吹替派な私でもこれは字幕で見れて良かったなー。
スペイン語まじりの会話と歌がとってもいい!ムチャチョ~
ミゲル可愛いし映像綺麗だし音楽素敵だし、ディズニーにしては久々にキャラクターも
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

子役含めてキャスティングがすばらしい。
邦画はキャスティングさえ良ければ…っていうの多い気がする。

欲望の翼(1990年製作の映画)

4.0

レスリーの色気と哀愁を余すことなく堪能。
愛を求めて愛を拒み彷徨う孤独な男…そりゃ惚れるわな

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

開始10分で泣いて、それから10分置きくらいにずっと泣いてた。
見た目がどうとか生まれがどうとか、他人から否定された傷は癒えることはないんだけど、それをエンターテイメントという形に昇華させていく様は心
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.3

北村一輝が最高。勉強になります!
もっとファンタジーでポップなラブコメを期待してたけど、おとぎ話みたいなロマンチックなラブストーリーで、これはこれで感動的だった。
ちょっと姫のキャラクターが高慢すぎて
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.0

どんだけ下品なのかと期待してたけど意外にCGとストーリーがちゃんとしててびっくり。わりとメッセージ性もあるし。15Rはエロいからというよりグロいからかなと思ったくらい。

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.5

アニメの世界観をよく表現している実写化だった。スカヨハの生気のない感じもとても良い。吹替をアニメキャストにしたのも好感。もともと外画系の声優ばかりだから雰囲気ましまし!
ただ、逆にアニメに寄せすぎてち
>>続きを読む

マラヴィータ(2013年製作の映画)

3.7

贅沢なキャストのコメディ映画。アダムスファミリーのマフィア版みたいな家族で面白かった。みんな強すぎ!

J ビヨンド・フラメンコ(2016年製作の映画)

3.5

躍りはもとより、音楽が素晴らしい!ノスタルジックな民族楽器だったり、モダンでジャズっぽい曲だったり。何をもって「ホタ」というのかは劇中では語られてなかったけど、それだけに自由で幅広い世界観を体感できた>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.7

引き続きスパイ映画として完璧に面白い!
ありえないとありそうのギリギリの線引きが絶妙。
あとコリンファースがかわいい。
エルトンジョンもかわいい。

>|