玉川諒太朗さんの映画レビュー・感想・評価

玉川諒太朗

玉川諒太朗

日芸
2015年から見たやつ

映画(605)
ドラマ(0)

走れ、絶望に追いつかれない速さで(2015年製作の映画)

3.0

『四月の永い夢』が良かったからこっちも見たけどあまりハマらなかったー。
すき焼き泣きながら食べるシーンはめっちゃいい。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.5

お酒飲みながら観てる人がいて、この映画に関してはめっちゃ適した見方だと思った。
映画館を出てから外の景色が変わったように見える感覚になる映画が好きで、これはそうなる映画だった〜
コンビニでの買い物が楽
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.2

王道だけど王道じゃない。
久しぶりにハッピーで楽しく普通に面白い映画観た。
親友のキャラといい主人公が綺麗になっていく過程のとことかプリティ・プリンセスみたいで好きだった。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

DVDとかで見たら怖さ半減になると思うから絶対映画館で見たほうがいい。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

スリル満点カンニング映画。
ただのハラハラドキドキのエンタメだけに留めてない終盤の落とし込み方もいい。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

有給休暇を全力で勧める安定のディズニー映画。
「“何もしないこと”で忙しい」は今後使わせてもらう

四月の永い夢(2017年製作の映画)

4.6

下高井戸のリバイバルで見た。
朝倉あきの声が綺麗すぎて冒頭のナレーションから一気に引き込まれた。
あとラストが完璧すぎる。あの絶妙なタイミングでの締めくくりと朝倉あきの絶妙な表情。もうたまらなく好きす
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.0

新キャストが全員良かった。
でもやっぱアニメの方がテンポと音楽がいい。
佐藤二朗のシーンは身内感あって寒かった。
無料で見れて良かった!

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.0

Netflixにあったの忘れててTSUTAYAで借りてきちゃった。ショック

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.6

今年ベスト級きた!!
正面カットが印象的。
猫、絶対スタッフのこと見てる気がする。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

本当ハズレがないシリーズ。
トム・クルーズが不可能な撮影に挑戦するって意味ではもはやドキュメンタリー映画。
普通の人なら30回は死ぬタイミングがあったってぐらい過去最大級のてんこ盛りアクションだった!
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

-

全然涙もろくはないはずだけど泣いちゃった。
ここ最近のピクサー短編の中ではずば抜けて好きだった!
涙腺もげて本編入られたのは初めて

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.2

14年ぶりの続編!
前作とは全く違う視点で描かれた作品でめっちゃ良かった!
ちょっとジャックジャックに頼りすぎじゃないとか思ったけど楽しかったからいいや。
フロゾン絶対遅れてやってくる説。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.2

初見で4DXで見ちゃったー
今回は光と影の使い方が効果的だった!
毎回大暴れする恐竜と毎回同じ過ちを繰り返すバカ人間と毎回純粋に楽しんでる俺!

5つの銅貨(1959年製作の映画)

3.8

ジャズ研の授業で見た。
普通に面白くて最後まで見ちゃった。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

2日前に見たけど結構ずっと考えちゃう。
樹木希林の死がきっかけで終盤一気に家族が崩壊していくのが見ていて悲しかったー
あと社会と切り離されたようなあの家、改めて考えるとすごい作り。
凛は元の生活に戻っ
>>続きを読む

晩春(1949年製作の映画)

4.0

バチャボコテンポゆっくりなのに小津安二郎の作品は全然退屈しない。
壺のカット意味深。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.9

リバイバル上映で見た!
あーって言ってとタコパンティーがハイライト。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

冒頭から豚の糞臭そう!真木よう子含めて役者陣みんな男臭い!中盤まーた豚の糞登場、臭い!ラストいい話に落とし込みやがったちょっと臭い!
サニーと同じ監督とは思えないぐらい面白かった。でも日悪の方が好き。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.1

この映画の中に不純なものは何一つとしてなかった。
アプリコット、ハエ、ギリシャの彫刻、バスルームを挟んだあの部屋の構造、短パン、良き。

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

4.3

菅原文太かっこよすぎ!!
みんなで指探すシーン好き。松方弘樹のところ乗り込むところからラストまでの流れも好き。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

-

試写会で鑑賞。ごめんなさい、寝不足でずっとウトウトしてて全然覚えてません。
オープニングは好きだった。後は同じ手法の繰り返しで単調だった気がする。いや、そんなこと言う資格はないです、はいすみません。寝
>>続きを読む

モテキ(2011年製作の映画)

3.9

スチャダラパー最後に持ってくるのはセコい。絶対点数上げちゃう。

時をかける少女(1983年製作の映画)

3.0

超能力を身につけて喜んだり誰かを救ったりは一切せずにめっちゃ不安がる主人公は結構新鮮。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1

IMAX 3Dで見た!胸熱!ザ・娯楽!
DVD買って一時停止しながら見たい。
シャイニングのシーンが一番興奮した!
「俺はガンダムで行く!」は様々な日常生活で多用していこうと思う。

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.8

風の使い方が特に印象的。
エキストラとか細部に至るまでの黒沢清の演出と明暗自由自在の照明が凄い。
犬のマックスが一番まとも。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

-

ちょっと点数つけられない笑
これが面白いのかつまらないのか判断できるのは次のアベンジャーズ次第って感じ。
きっと帝国の逆襲とかバック・トゥ・ザ・フューチャー2とか当時劇場で見た人はこんな感覚なんだろう
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.9

疾走感がすんごい。
ちょっと詰め込みすぎだけど映像の見せ方好き。
佐藤健の目の演技、山田孝之と染谷将太の脇役ならではの演技がいい〜

>|