ekikawaさんの映画レビュー・感想・評価

ekikawa

ekikawa

映画はねえ
人から点数をつけられるために
この世に生まれてきたのではないんだよ
映画が先
点数は後

かつを

映画(2945)
ドラマ(0)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

YouTubeで本物のフロリダプロジェクトな人たちのニュース映像が見られます。支援団体の担当者はこうした人たちがいることは知らない人が多いと思うので、この映画を通じて知ってもらえたらと話していました。>>続きを読む

ニッポン国 vs 泉南石綿村(2017年製作の映画)

-

全然長くないし、長くも感じなかった。裁判の期間、それ以上に比べれば全然短い。役人仕事しろ、なんて声があるけど、あれが仕事なんだぜ、信じられる?

ザ・ビッグハウス(2018年製作の映画)

4.0

前2作の特殊性に比べれば、掲げている観察映画の原点に立ち返ったような作品。編集してワイズマンみたいで驚いたとの言葉通り近い。被写体に話しかけることで無機質さから逃れている。撮影の裏側は一冊の本にまとめ>>続きを読む

サファリ(2016年製作の映画)

3.0

最初に出てくる老夫婦なんて、よく撮られることに同意したよな、というレベルの姿を晒してる

難しいところではあるけれど、この作り方ならテロップなり、語らせるなり、もうちょい説明があっても良かったかな

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.0

現代美術だけじゃなく、現代あるあるネタを詰め込んだ感じ
美術館の運営に関しては日本の美術館側からすると、ないないネタも混ざってたり
広告代理店の人達の描き方が露骨すぎ

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

-

本編でもEXILEがかかるくらい軽い作品ならどれだけ良かったか、という気持ちに

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.0

別にこんな形で描かれなくたって、いや描かれなかったからこそ、この登場人物らを愛していたのに、という言葉の重さ

リビング ザ ゲーム(2016年製作の映画)

4.0

いい時期に撮って、いい按配でまとめて、いいタイミングで公開したね

厳しい指導シーンの外で戦争反対のデモが聞こえた

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

「趣味が同じでトラックと車の修理でした」で笑いが起こる。初めて出会った時の言葉は「Do you like food?」でしたで、桂文枝が椅子から転げ落ちる…。

多くのミュージシャンから曲の使用を断ら
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.0

140分という上映時間からある程度察することはできたのだけど…。あまり好ましくないランタイムではあるなと。多くの星評価を得られる作品が持つ時間ではないのではと。

カジノを訪れる
大物ハリウッド俳優X
>>続きを読む

港町(2018年製作の映画)

-

牡蠣工場に続き特殊性が際立っている。観察への難易度が高くなっている。ぼんやりと見ていては何もわからないかも。

あくまでも(想田監督の)港町、であって一般的な「港町」ではない。極めて個性的な人物、それ
>>続きを読む

>|