tamaさんの映画レビュー・感想・評価

tama

tama

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

3.5

端々に残る映像センスとカルト映画へのオマージュ?と潔いよい演出。
色々とツッコミどころはあるが、受け取りました。

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.4

瀬々監督のキャラクターとの距離の置き方と掴み方があざとくなくて良かった。
ただ途中ホラー映画の錯覚にはなった。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.3

カメラワークと映像美術を追いかけて痛みが美し過ぎた。

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.1

再見。
誰もが、もしもを考えて、それを、忘れてた。
やっぱりティア・レオー二は魅せられる。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

壮大な復讐劇かと思わせて、些細な復讐。
誰もが自分に気づいて欲しい。愛されたい。

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.0

随所に流石な上手さが光る。
全てのキャラクターが誰かを愛し、救おうとする。
人間愛を内側で語っているようで、外側にいる敵も人間。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.6

パンクも宇宙人も友情も恋も愛もパーティも、女の子で出来ていたんだ。

ダイバージェント FINAL(2016年製作の映画)

2.0

ホンとか以前にヒロインの表情に感情が見えないとシリーズを追っていて、妥協してしまう。

ダイバージェント(2013年製作の映画)

2.0

内容にシンクロしてこない5つの意味もいらない。
ただ個人的にライオンズゲート制作のハンガーゲームとか好きな分、何故か見てしまう。

呪怨館(2014年製作の映画)

2.2

天国を見たくて地獄を見た、の台詞が残る。

バイバイマン(2016年製作の映画)

2.0

脚本の都合と妄想的ご都合映像に乗れなかった。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.6

メッセージを受け取るまでが長尺。
そこからのドラマに展開するとどうなる。
元も子もないが、エイリアンが先に言語を習得した方が早いんじゃないか。

PARKS パークス(2016年製作の映画)

4.7

文法とか必要ない。追いかけるな。
感じたその映画はもう戻らない。
瀬田なつき映画の骨頂。

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

3.8

歌の力の強度とキャラクターの置き方はシンプルに響く物語。

怒り(2016年製作の映画)

4.5

それぞれの怒りもそれぞれの想いも、体験した。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

長澤まさみの色気と魅力が宇宙人を麻痺させたのか。
黒沢映画が幽霊から宇宙人に媒体が変わり、よりアメリカ映画的要素を醸し出した気がする。

ダンケルク(2017年製作の映画)

2.5

陸海空と時系列をシーンバックして三面で捉えてる意味と乱雑に並べられたアナログの映像強度があると云えばあるのだろうが、彼等が生きている物語と痛さと物悲しさにその映像は必要ないと思えた。ただ冒頭だけはその>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.3

リドリー・スコットは人間よりもエイリアン愛を追求してるのを再確認

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

2.3

興奮するとハルクになるからエッチが出来ないというのは良かった

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.8

セトとウツミの絶妙な間はカットを割った方が面白いのは映画セトウツミなんだと思う。

フィフス・ウェイブ(2016年製作の映画)

1.3

クロエのアクション映画にすれば今の彼女の健気なひたむきな姿に焦がれたかもしれないと、思った。

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

4.1

展開の速さと人物構成とキャラに嘘がない侘び寂びの妙。
日本なら連ドラ12話分でやってしまうことをウッディ・アレンは100分で語る。流石。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.3

愛する人を守るという永遠的な普遍テーマにゾンビの悲哀が相乗しないのが勿体無い。

暗黒女子(2017年製作の映画)

2.8

全員役割になっているだけ。それでも観れたのはミステリーの引っ張り方なのか…

>|