tamoritenya

tamoritenya

ホラーとサスペンス、B級映画ばかりを観てます。ハートフルもしくはハッピーな映画を観ると辛くなるので...

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.4

これは評価の別れる作品たわと思います。

なぜなら他の方も書かれている様に結末が風呂敷を畳むわけでなく、
結論みたいなものが見えないからでしょう

しかしずっと緊迫した雰囲気と最後見終わった後にどこと
>>続きを読む

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分(2013年製作の映画)

3.0

えーん、ちょっとなー

自分にはあまり合いませんでした

言いたい事はとても伝わるのですが

しかし驚くほどシンプル

ずっと箱にはいってる某映画を彷彿とさせます

あれが好きな方はこれも絶対楽しめま
>>続きを読む

記憶探偵と鍵のかかった少女(2013年製作の映画)

4.4

これは良サスペンスでした〜( ´ ▽ ` )ノやった〜

まぁまずストーリーがとても綺麗にまとまっています。クエスチョンになることなくスンナリ受け入れられていきます。

オチは割と早い目にわかりますが
>>続きを読む

完全犯罪クラブ(2002年製作の映画)

2.5

うーん、ストーリーや発想は面白いはずなんだが絶妙につまらなかったです(´・_・`)

評価が低いのもわからんでもないかなーと思います。

どういったところがつまらないかは説明がうまくできないのですが、
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

4.5

せ、切なすぎる、、、か、悲しすぎる、、、

雰囲気もずっといいですし、鑑定士と技術屋の青年が語り合いながら和気あいあいするシーン

女性との出会いのシーン

女性と仲を深めていくシーン

どれもが素晴
>>続きを読む

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007年製作の映画)

4.2

なんというかとても満足な映画でした。

思ったよりサスペンスです。スネイプ先生とベラトリックスがまるで平行世界かって突っ込みたくなるくらいいい感じで出てきます。

本当に悲しい話の中にも色々皮肉った描
>>続きを読む

ダイヤルM(1998年製作の映画)

3.2

うーん、まぁ普通です。

特におかしすぎる部分もないですし、奇抜するところもないです。

普通のサスペンスです。

2時間ドラマ的な。

普通に良くて悪くないというかそんな感じ。

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2011年製作の映画)

4.8

小説を読まずに鑑賞。

劇場で観ればよかったと後悔しました。非常に良良良サスペンスでした。

ストーリーが複雑に絡まりあっているのが徐々に徐々に紐解かれていく感がとても気持ちいいです。

しかも元々は
>>続きを読む

ボーン・コレクター(1999年製作の映画)

4.0

ワシントン氏のキレッキレっぷりに痺れます。
ジョリー氏が美しすぎて痺れます!こんな綺麗やったんや...!

内容もなかなかの良サスペンスっぷり、エンディングの良さがとても満足感を満たしてくれます。
>>続きを読む

ブラック・ダリア(2006年製作の映画)

3.7

終始面白いです。
妖艶な美女が怪しく光ります。

何が良いって映画全体の雰囲気。レトロな雰囲気もそうだがそこまで陰鬱でもないというのがこの映画の特徴。

話も進んでないようで着実に進んでます。視聴者も
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.2

いやー良かったです。
これは高評価なのも納得です。

とにかく長いんですけどなんならもっと観たいと思うくらい詰め込んであります。
なんならこれが前編で後編があっても楽しそうです。

それくらい背景が見
>>続きを読む

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

3.6

なんというか、めっっっっっちゃ質の良いB級映画という印象。

しかし良いシーンが多いです。

運命に抗えない男たち、運命とは、を考えさせられるストーリー

よくあるといえばよくあるけどワンシーンワンシ
>>続きを読む

レッド・ライト(2012年製作の映画)

4.0

このオチは全然予想できんかった!ってことで高評価

正直最後あまり納得行ってない人も多いのではないでしょうか

まぁ正直全体の評価が低いのも仕方ないかなーといった感じです。

しかし話の主人公は主に3
>>続きを読む

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士(2009年製作の映画)

3.9

なんというかよくぞここまでなんとか仕上げたな、という印象を持ってしまう映画でした。

取り扱ってる内容も良いですし、やはり最後に全てがスッキリする展開はとても好きです。

特に最後の法廷で楽勝ムードが
>>続きを読む

ミレニアム2 火と戯れる女(2009年製作の映画)

3.8

私は普通に楽しめました!
黒幕の正体がなんというかジャンプ漫画っぽいというか、ラノベっぽいというか。

しかししっかり話が作り込まれてるのでその理由もしっくりくる。別にトンデモ理論でもない。

そこら
>>続きを読む

ネスト/トガリネズミの巣穴(2014年製作の映画)

2.5

映像は綺麗。役者の演技も凄い。全て迫真。そして仕立屋という職業を活かしたグロいシーンもなかなかのもの。

しかしそういったグロ要素を求めて観るとそのシーンはかなり割愛されてるので不服かと。

物語は陰
>>続きを読む

ブラックサイト(2008年製作の映画)

2.8

なんというか、思いついたから作っちゃった(キャピ

みたいなノリを感じなくもない。
しかしその分邦画みたいに現場との確執みたいなのもないし、家族とのハートフルシーン(子供が人質になるとか、子供が危ない
>>続きを読む

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

3.0

うーん、やはり小説の映像化は難しいんだなぁと思っちゃいますね。

よくも悪くも最近の邦画らしさがふんだんに出てます。

告白とかみたいな感じ。

現実感がないわけでもない。でも、色々と萎えるシーンが多
>>続きを読む

薔薇の名前(1986年製作の映画)

2.5

今観てしまうとこの評価になってしまいます。恐らく当時はまだまだ斬新な切り口だったのだと思いますが、、、

ダン.ブラウン的な切り口です。
ストーリーも今使い古されている感じで殺人が繰り返されます。
>>続きを読む

紙の月(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

こりゃー面白い、と唸り続ける映画でした。

まず作品はずっと艶やかで儚い雰囲気が漂っています。
善や悪を問う感じとはまた違うのが良いです。

どちらかというと道徳観や倫理観の問題です。主人公の子役とシ
>>続きを読む

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

皆さんも書かれていますがなかなかの秀逸さを持つラストです笑

恐らくこういう話が好きな人はオチ自体は前半部分で気づくと思います。割とありがちな話です。意識的にわかりやすい伏線も多いです。

それで最後
>>続きを読む

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年製作の映画)

3.9

大好きなシリーズの2作目。しかし1作目ほどの作り込みはなかったような、、、

とりあえず3作目に期待。セクシーウェエトレスさんが相変わらず良い味出してる

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

4.2

やはりシチュエーションと役者陣が好き。邦画の中ではトップクラスに好きなシリーズです。

作品全体に漂う暗い雰囲気とススキノの場末感。そこに明るい大泉洋のギャップがとても良いです。

セクシーウェエトレ
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

4.0

か、、、悲しすぎる、、、

映像が美しく、一つ一つのシーンが彩り豊なのが余計に切なくなります。

一度栄華を極めたはずなのにどこか表情も晴れずに、報われなさに葛藤する様子や、頑張りの原動力がこれまた彼
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.1

最初から最後までひたすら爽快な映画。自分が人生において絶対に垣間見ることのない世界。

映画だからと一口に言ってしまえばそれまでだが、、、

やはり主人公が魅力的だなぁと思います。役者も含めて。イケメ
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

4.6

とりあえず色々と美しいです。映像も話も。

観終わった後に妙な幸福感に包まれます。

思わず人生について考えたくなります。

もちろん話自体が作り込まれてるとか、驚きや派手なアクションがあるわけではな
>>続きを読む

スリーパーズ(1996年製作の映画)

2.9

作中にも出てくる様に現代版巌窟王といった感じ。

しかし思ったよりも重い前半部分が長い。辛い。。。

相手を追い詰めていく部分にあまり時間と労力と凄惨さがなくてスカッとはあまりしない。

それよりもや
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

4.2

これはこんなの観たい〜と思ってた時にドンピシャだったのもあってこの高得点。

なんてったって物語がずっと薄気味悪い。出てくる登場人物全て怖い。怪しい。

病気って怖い...と思ってたら...ドーン、ガ
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

3.3

狂気じみた演技に終始圧倒される。不思議な魅力も感じる。

オチがわかっていても楽しめる。最後のドタバタシーンはご愛嬌てなもんです。

男って...と呆れるかと思いきや、割とみんなそこの一線は守るんや笑
>>続きを読む

トゥモローランド(2015年製作の映画)

3.6

現実ってこんなもんだよな...と思わせておいて、にも関わらずハートフルなシーンがあったり近未来感を感じたり。

とても不思議な余韻の残る映画です。

誰もが主人公になり得るというメッセージを感じるが、
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.1

こええよ笑 妻は大事にしなきゃと思わせてくれる作品です。

完璧に見える妻の立ち回りも意外とミスが出たり、起きた事を逆に活かしたり、と完璧すぎないのも良いな、と思えるストーリー展開をします。

ちょっ
>>続きを読む

ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007年製作の映画)

4.0

最後の主人公の決断が賛否両論非常に別れる部分だと思います。
これはストーリーが秀逸。

それぞれの想いが交錯している。子供は大事です。未来も大事。しかしその大事な未来を決める権利は誰にあるのか??
>>続きを読む

>|