たなかじろうまるさんの映画レビュー・感想・評価

たなかじろうまる

たなかじろうまる

いろんな洋画をみるのが好きです。
最近はわりかし昔の邦画とかを見たりも。そして時折アニメ映画も。

採点はわりかし甘めかも?
1日1レビューを目標に書いていこう、とおもいます。

どうかよろしくお願いします!

映画(211)
ドラマ(0)

聖なるもの(2017年製作の映画)

3.0

脳は宇宙

金をドブに捨てる覚悟で観に行ったこの作品。まぁ、駄作というわけではないけどわけわからないのも事実。なんでも庵野氏とフェリーニ監督の名前出しとけばそれっぽい評論になると思うなよ!僕はそう言い
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

美しさ

僕らのオタク監督デル・トロ氏が送り出す至高の怪獣映画だ。
怪獣映画といっても描くのは圧巻のカタルシスではなく、万人が持つ”愛”についてだ。

言葉を話すことができないイライザが出会ったのは、
>>続きを読む

網走番外地(1965年製作の映画)

3.5

北の国から

実は見たことがなかったシリーズ。
高倉健×石井輝男という、両名優れた人同士が作り出した珠玉の作品。後々10作品以上続いているのに衝撃を隠せない。
今作で一応脱走成功したのにね。

196
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

きっと明日はいい日だ。どんな昨日であったとしても。

高度成長の狭間に放置された、大阪府伊丹付近にボロ屋を構える在日朝鮮人家族の結婚から強制退去までを描いたモードムービー。
序盤のナレーターの大阪言葉
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.5

アロハ

有名どころ3人が揃いに揃って挑むは銀行強盗!
タイトルとか、パッケージの雰囲気的に、終始コメディに徹しているかと思いきやそれは大きな間違いである。

長らく勤め上げた会社に容赦なく捨てられた
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

サノスは黙ってろ!

全世界待望の続編が遂に日本に上陸した。
実は前夜上映祭で鑑賞していたが、投稿が遅くなってしまった。
もうこれが最高なんですよね。
前作の不満点を全部取っ払って尚且つ最高に仕上げて
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

4.5

チミチャンガ

1人の勇気ある大人がプロモ映像をネット上にリークしなければ企画が始まらなかったという逸話がある異色ヒーロー映画。ウルヴァリンZEROで魔改造されたデッドプールが誕生したせいで、ファンは
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

5.0

どう在るべきか。

すごい映画に出会った。
こう、一言に素晴らしいと断じ、何も考えずにレビューを終えてしまうと勿体無く、行き過ぎた考察もまた、作品の持つ感動を無為にしているようでならない。なんとも考え
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.5

銀魂meets福田

昨今の日本の実写作品は特に酷い。
原作を一切読んでいないとしか考えられない無茶な脚本。ちょっとウィッグを付けただけの、作品愛溢れるコスプレイヤーの方が優れている……なんてごまんと
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

1.0

スコアの最低点がこれだという。本来であれば0.1、あるいはもっと低く採点してたであろうが、これが下限と言うならば致し方ない。

容赦無く言ってしまうが、この作品は語るに値しない。
虚淵玄を始めとした製
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.5

日米怪獣大決斗 アンギラス対キングコング

イオンシネマ特別試写会にて。
期待値はかなり高かったが、その高め期待値を遥かに上回る傑作怪獣映画だ! ロック様との親和性も高く、上質な娯楽映画だった。

>>続きを読む

パシフィック・ウォー(2016年製作の映画)

4.0

この海…フカいっ!

ニコラス・ケイジ主演、吹き替え大塚明夫さんでどこかメタル◯アかセガール作品を観ているような安心感がある作品。だが、内容はそう明るいものではない。提督の想いとは裏腹に進行させられる
>>続きを読む

BLAME! ブラム(2017年製作の映画)

3.0

増殖する都市……決戦……頭が……

Netflix限定アニメ。
有名怪獣映画の皮をかぶったアニメ映画の監督である今作は如何なるものか、三部作の二作品目と著しくテーマとタイトルが酷似しているようにも思え
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

4.5

土曜の夜は踊りましょう?

実は観てなかったシリーズ①
見聞する限りは、踊りに溢れた単純で明朗な映画かと思っていたが、それは大きな間違いだった。
この作品は、大人になりたくてもなかなかなれないトニーと
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.5

インフィニティ―・ウォー公開記念②

映画の革命を起こしたアベンジャーズ。
堂々たる登場により、本格的にユニバースの広大さが目の当たりになったフェーズ2の終幕(本来であれば『アントマン』だが)を担う作
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

5.0

インフィニティ―・ウォー公開記念

映画を公開する度にドル箱を作ると定評のあるマーベルスタジオが、2日後に、暫く10年は超えることのできない作品を公開する。(ぶっちゃけると、来年のがあるが、自社が自己
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

4.0

意外と王道

WOWOW放映をずっと待ち望んでいたため、漸くと思いながら鑑賞。これが結構いいんだよね。

筋書きとしては至って普通のヒーローの誕生譚を描いている。だが、エッツィオの人間性をかなり入念に
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

現実がリアルなんだ。

定期的にブロックバスター映画を出荷する監督であるが、名匠かどうかはまちまちなスピルバーグ監督が繰り出す、多分過去最高傑作の出来を誇る作品の誕生だ。
当初は、「有名どころの出オチ
>>続きを読む

バスターの壊れた心(2016年製作の映画)

3.5

働きすぎは、よくないね。

タイトルに惹かれた。後悔はない。
といいつつも、結構面白かったというか、世界観に即座に引き込まれた。
壊れたバスターと壊れる前のバスターを何回も何回も切り替えることで、視聴
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.0

もしかしてあの映画?

待望の新作…だが。
前作のワクワクは何処へ…と言いたくなるような出来ではっきり言って残念だった。
無論、怪獣対イェーガーは文句なし…とはいかないが満足この上ない。だが、人間パー
>>続きを読む

魔法少女リリカルなのは Reflection(2017年製作の映画)

5.0

今度は絶対助けます。

今年度、後篇に当たる「Detonation」の公開を控え、個人的に大変待ち遠しいわけですが、円盤が発売されたということで何度目かの再視聴。
もう何度見ても素晴らしい、それ以外の
>>続きを読む

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

4.0

教職志望は見ないほうがいいね(切実)

かなり前から気になってた作品。子どもがゾンビになって大人を貪り尽くすというまぁ、日本じゃ作れないよね、的な過激な作品。
本来ならば愛すべき子どもが酷い目に遭い、
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.5

大人の都合でアベンジャーズに加入できなかったスパイダーマンがとうとうソニーに見限りをつけ、強引な手段の結果、戻ってきた!

スタンリー氏が、トム・ホランドこそスパイダーマンを演じるために産まれてきたと
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.0

意外といいコンビ。

Netflixの配信作品。
ライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソンという意外性を突きまくった意欲作。またまた敵役にゲイリー・オールドマンを据えるとかいう大判振る舞い。多
>>続きを読む

劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!(2018年製作の映画)

5.0

僕らはみんなでウルトラマン

これはウルトラマンジードの完結作でもあり、ウルトラマンオーブの完結作だと断言できる。
テレビ放映で一旦はジードこと朝倉リクの物語は幕を閉じた。そして今作は、その後の最後の
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

2.5

違和感

2016年のアニメ映画界は熱かった。『君の名は。』の大爆発に、じわじわと伸びて最終的にはその年を代表する作品となった『この世界の片隅で』に続く話題作『聲の形』。

一言でまとめてしまうと、僕
>>続きを読む

おじいちゃんはデブゴン(2016年製作の映画)

2.5

老齢の英雄

実はしっかりと中国アクションを観賞したことがなく、今回が初体験といっても過言ではないのに選んだ作品はこれ。
『スパルタンX』等有名作品で活躍した彼が自らメガホンを取り、なおかつ主演を務め
>>続きを読む

ドラえもん のび太の宇宙開拓史(1981年製作の映画)

3.5

春だよ! ドラえもんの季節。

WOWOWで一挙放送を始まったわけで。
しずかちゃんの、みんなの呼び方がまださん付けではなく君付けだった頃の時代。
劇場2作品でありながら、今の時代に継承されている要素
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

抑圧と平和

巨匠イーストウッドが繰り出した最新作は、またも実在の事件を題材にした物語。それだけに留まらず、当事者をなんと主演で出演させることでドキュメンタリー性を徹底した作品に仕上げてきた。

実際
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.5

黒ヒョウであがれ

インフィニティーウォー直前というわけで、かなり密接に絡めてくるんだろうなぁ、と思っていたが意外や意外、単体として独立している雰囲気が強く垣間見れた作品であった。

マーベル映画であ
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

2.5

狂気の欠如

芸術性に富んだ表現技法を好むソフィアコッポラ監督による『白い肌の異常な夜』の完全リメイク!
と、銘打ってはいますが……はっきり言って、残念リメイクでした。

リメイクだから、脚本を踏襲す
>>続きを読む

白い肌の異常な夜(1971年製作の映画)

3.5

変態と狂気

若かりし日のクリント・イーストウッド氏が主演を務めるど変態映画。リメイク作品『ビガイルド 欲望のめざめ』の公開に際し、視聴しました。

女の園という、調和と秩序が均衡を保っていた世界に男
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

冒頭の激動

歌唱力と運動神経に定評があるヒュー・ジャックマンが送る実在した史上最大のショーマンを描いたミュージカル映画。
普遍的なストーリーさえも吹き飛ばす怒涛と圧巻の音楽描写、それを補う歌唱力で観
>>続きを読む

劇場版 空の境界/第七章 殺人考察(後)(2009年製作の映画)

5.0

僕は君を赦(はな)さない

人は一生に一度しか人を殺せない。人を殺すということは、自分自身を殺すということである。それを上回る数を殺すことは殺人ではない。それは殺戮である。

全7章という長きにわたる
>>続きを読む

劇場版 空の境界/第六章 忘却録音(2008年製作の映画)

4.0

根源は禁忌

黒桐幹也に恋焦がれる鮮花の学園内の奮闘を描く比較的緩やかな物語。
物語の解決のために力を借りたのは、まさかまさかの恋敵の両儀式だった…。

矛盾螺旋の後にさぁ最後だ!と息巻いていたら間に
>>続きを読む

>|