たなしんさんの映画レビュー・感想・評価

たなしん

たなしん

映画(535)
ドラマ(4)
  • List view
  • Grid view

きばいやんせ!私(2019年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

DVDの画質悪い。
1.5倍速で鑑賞中。

(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

銃を打つことに取り憑かれた大学生の話。

ラストは虹郎の親殺し。

新聞記者(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

片言の新聞記者に街頭で突然取材を求められて、何かを話そうと思うかな…?

最初の晩餐(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

火葬場から家路へ就く途中、工場で仲の良かった同僚の話で、実はヒトシは好き嫌いが多かったことを知る。ミワコが母に尋ねると、母はそのことを知っていて隠してたようだ。笑顔になる4人。シュンがじゃあ父は何が好>>続きを読む

よこがお(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

車で甥の出所を迎えに来た市子。帰り道の交差点で事件をリークした大石姉を見かける。介護職についている感じ。車椅子の介護者が落としたものを拾っている大石姉。信号が赤に変わっても拾い続けている大石姉に、市子>>続きを読む

いなくなれ、群青(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

郵便局員と堀さんが魔女。

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

女島へ向かう船の上で、海馬の携帯に綾子から電話が。綾子は謝罪し家に帰ることを告げ、あなたはどうしたいの?と問う。女島が見えてテンションが上がる聖矢。海馬の決断は…。
エンドロールの曲は星野源。

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

金子大地と佐藤寛太と藤原季節の見分けが難しい…

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

山田真歩・渋川清彦の「アレノ」に似ている。
主要登場人物は2人のみ。

引っ越し大名!(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

姫路を国替えしてから15年。
陸奥への3度目の国替えで、松平藩はようやく元の石高に加増された。
片桐は姫路に残してきたかつての藩士を迎えに行くが、40名は百姓の暮らしを続ける道を選び、片桐に刀を手渡す
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

なつめが犯人の車から脱出し、駅や地下道を逃げ回る場面。春馬にスマホのビデオ通話で誘導させる方法がスリリングで面白かった。
それにしても、あれだけ色々な場所を逃げてる間、人っ子1人いない…。誰か見つけて
>>続きを読む

台風家族(2019年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

YouTube生配信、回収されてないかと。
どこまで続いてた??

ジャズピアニストMappyを知ることが出来たのが大収穫。

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

出産が切迫して救急車呼ぶのは、映像ではインパクトあるかもしれないけれど、現実的には相当に迷惑でしょう。計画的に準備していれば、タクシーで入院出来たと思いますが。
暴力シーンでは痛みを忠実に描いてた割に
>>続きを読む

いちごの唄(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

レンジで回る冷凍食品を見つめるコウタ。
部屋の10月のカレンダーには、○が3つ書かれていた。

大西利空と清原果耶のシーンをもっと見たかったけど、中学時代は喋ったこともない設定だから仕方ないか〜。

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

コンクールの結果は、1位マサル、2位栄伝亜夜、3位風間塵。奨励賞に明石。

ラストシーン。
遠雷とは聴衆の拍手と同義なのか。
世界が鳴っている。

タロウのバカ(2019年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

1.5倍速で鑑賞。

町田くんの世界(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

新人の主役2人を、豪華俳優陣が全力でサポートしていてとても心地良い作品でした。
前田敦子の「だな」とクールに町田くんを見守る感じ。高畑充希が神社で何言ってるかわからない感じで町田くんを送り出すところ。
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

新木優子の関西弁がネイティブ過ぎてビックリした!

名前(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

津田寛治は、脇を固めるに限る。

おいしい家族(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

アートワークがラストシーン。

花戦さ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

秀吉に捕らえられ、自ら毒の花を食べて自害したはずのれんが、河原で経をあげる専好の前に姿を現した。
一口で倒れ、三口で死に至る花を、二口食べて死んだように見せかけたという。
専好はれんに美しく描くように
>>続きを読む

居眠り磐音(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

錚々たる俳優陣が、全力で昭和の時代劇を作り上げている快作。

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

記憶を書き換えたタカシとマユコは、渋谷の交差点ですれ違い、振り返る。

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

交番に自首した三井は、駆けつけた千尋に名前を呼ばれる。

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

「平和やなー」
普通の生活に戻り、屋上で七輪でサンマを焼く。

エンドロール後、手羽先を骨ごと食う。

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

生瀬「とってもいい曲ですねー。でも、全体的にババアだな。特にセンター。あれ、変えるか。」

>|