トーキョー映画館番長さんの映画レビュー・感想・評価

トーキョー映画館番長

トーキョー映画館番長

映画(53)
ドラマ(0)

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.0

意思の弱いヒトの主人公にイラッとしたけど…「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」。ネコの主人公は最高にカワイイし、イイ演技でナイスな演出!バッチリ合格点。やっぱネコって不思議な力があるんだよなぁと再認>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.0

雰囲気は醸し出してたけど衝撃にまでは至らず…「オクジャ」@NETFLIXオリジナル作品。2017年のカンヌにノミネートされるも、来年以降はネット配信だけのは選出されないルールになった曰く付き(?)の作>>続きを読む

隠された時間(2016年製作の映画)

3.0

時間を食べる怪物の卵が!「隠された時間」。おもしろかった。簡単に言うと《ぼくのエリ》《モールス》的な。だから切ない系。少年だけが少女よりも年を取ってしまって。直接的な恋愛描写が無いゆえに不思議な恋愛の>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.0

最後になぜか若者にほだされたスペイシーに…「ベイビー・ドライバー」。…クレイジーファッションがハマってたジェミフォ。主人公のリミックスラップもカッコよかったけど、お話には綻びが。なんでヒロインは急にそ>>続きを読む

スターシップ9(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

スペイン版《パッセンジャー》かと思いきや…「スターシップ9」。【ネタバレ】…宇宙ではなくて地下での壮大な人体実験でした、と!そして船内での生活実験だったいうオチの先に、もう1つの衝撃的ネタが。この2段>>続きを読む

ワン・デイ 悲しみが消えるまで(2017年製作の映画)

3.5

病気にはなりたくないと思った!「ワン・デイ 悲しみが消えるまで」。保険調査員と調査対象の女の幻、ここに恋愛感情は生まれないけど、二人を取り巻く環境から感情が激しく揺さぶられ、予想外に傑作に!絶妙なシナ>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.5

オッサンでもビシバシきた、今夏No.1青春恋愛ムービー!「エブリシング」。免疫不全の難病で自宅隔離状態の黒人ガール(かわいらしい!)と、隣に越してきた白人ボーイが恋に落ちて…王道の展開なんだけど、ラス>>続きを読む

キング・ホステージ(2017年製作の映画)

3.0

ニコラスケイジを先頭に推してるけど…「キング・ホステージ」。脇役だった。ただ思いっきりヅラで存在感はあった。キューザックはもっと脇役。閉鎖的な街で兄弟にしがらみからの災難が降りかかり。それを断ち切れる>>続きを読む

月曜日のユカ(1964年製作の映画)

2.5

加賀まりこは確かに可愛かった…<横浜みなと映画祭>「月曜日のユカ」。…けどシュールな映画でビックリ。〈狂った果実〉と同じ中平康監督、スピード感はあったけど、本作は実験的異色作だそうで。20分で終わるス>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.0

石原さとみの存在がイミフ!「忍びの国」。それでもギリギリ合格点仕上がりなのはさすが中村義洋監督といったところか。忍者って雇ってもらって金がもらえないとヤル気出しませんよっていうのが新解釈で、説得力もあ>>続きを読む

特別捜査 ある死刑囚の慟哭(2015年製作の映画)

3.5

“韓国の松岡修造”発見!「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」。それはキムミョンミン。冤罪モノ、財閥モノ、情にほだされ系と様々な要素が詰め込まれているけど、出来事よりもキャラが立っていて心情の流れで話に入り込>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.0

ラスト、なるほどそっちに振ったかぁ…「ディストピア パンドラの少女」。…という意外性はあった。ゾンビが蔓延、わずかな人間(軍)、とゾンビと人間が半々の特殊な子供。後者2つが主人公で、最後は3つのうち誰>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

劇終直前で提示される希望の無さったら!「ライフ」。SFスリラー。最初に宇宙の神秘みたいなのを美しく描いてるから、未知の生命体が襲ってきてからの恐怖への落差が大きい。真田広之、存在感あった。宇宙船ぼっち>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.0

洋式美の映画だな、「ジョン・ウィック チャプター2」。コンチネンタルホテルの設定がぶっ飛んでるけど、ディーテールまで描ききってて心地良ささえ。聾唖の女暗殺者(ルビーローズ)はカッコよかった!ただ、敵の>>続きを読む

善惡の刃(2016年製作の映画)

3.5

韓国の大泉洋!「善惡の刃」。チョンウ、顔だけじゃなくて雰囲気もそっくり。お調子者だけど情にほだされやすい弁護士役がどハマり。物語は冤罪モノ。でっちあげをなかなか逆転できないもどかしさに胸が締め付けられ>>続きを読む

東京流れ者(1966年製作の映画)

3.5

確かに《ララランド》と同じテイストだったし、レフン監督作とも同じで…「東京流れ者」。これが50年前の作品ってのがスゴイ!清順監督の晩年の同テイストの作品よりもキレみたいなのがあった。画やカット割りに様>>続きを読む

マローダーズ 襲撃者(2016年製作の映画)

3.0

ハードコアだった…「マローダーズ 襲撃者」。女っ気ほぼ無し、若手1人、あとは中年以上という。ウィリス師匠は銀行の頭取役で悪者という物珍しさ(ハマってた)。メインのFBI側はお初の俳優ばっかりだったけど>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

最後まで緊迫感あるストーリー展開!「22年目の告白 私が殺人犯です」。物語の大元は韓国原作版のおかげだけど、設定をニッポンの刑法改正に沿って変えてるのはさすが。キャラとキャスティングがドンズバでその点>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.0

ラストのご本人登場は不要!「パトリオット・デイ」。ベーコン、グッドマン、シモンズとシビれる脇役ながら、ラストの本人と似ててキャスティング理由が窺われてゲンナリ。ストーリー的に存在意義もイマイチで。それ>>続きを読む

監獄人別帳(1970年製作の映画)

3.5

ハッタリかましまくりの快作!「監獄人別帳」。網走刑務所脱獄モノ。なぜか男女混合監獄設定でエロスあり、同房の仲間(大泉滉ら)はキャラ立ちまくりでアラカンに至っては全部持っていった感すらアリ。濃い顔の佐藤>>続きを読む

インドシナ(1992年製作の映画)

3.0

壮大な歴史メロドラマ、「インドシナ」。ベトナム旅行するヒトはホント事前鑑賞する価値アリな作品。久々のフランス映画の恋愛モノで、ブッ飛びな情感だなと思ってら、劇中でもフランス人の恋は狂気と激情と言ってて>>続きを読む

黒線地帯(1960年製作の映画)

3.5

横浜・山手も出てくる!「黒線地帯」<石井輝男十三回忌>。イイ映画っていつ見てもスタイリッシュなんだな。まさにそれ。ちょっとおかしな決めポーズやセリフがシリアスなストーリーの中でいいアクセントになってて>>続きを読む

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

3.0

“娘のためにおとっつぁん奮闘”系、「ブラッド・ファーザー」。お初に近いかもメルギブソン、まだまだイケるじゃん。アル中・ムショあがりのおとっつぁん設定からくる追い込まれ感はなかなか他にはないかと。脇役と>>続きを読む

夜に生きる(2015年製作の映画)

3.0

クセが無かった感じ、「夜に生きる」。主演ベンアフはただただ流れていった感じ。監督もベンアフだけど特徴的な演出も無く。要はタケちゃんの映画を観たような感じw そんな中クリスクーパーはやっぱ存在感あるなぁ>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

2.0

攻撃してこない異星人…「メッセージ」。…が来たら、なるほど会話を試みるよな。というSF的新感覚はあったけど、そこ止まりだった。時間軸の入れ子構造というか予知夢の演出は、自分にはさっぱりでかったるかった>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

2.0

日本映画の悪いパターン…「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。誰ひとりこんな恋愛しないよっていう描写にキャラ設定。演出が色々とおもしろくやってただけに、感情だけが置いてけぼりで、観了後のポカンと感がハン>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.5

さすがのハジョンウ…「トンネル 闇に鎖された男」。…でも今作は悲運の妻役ペドゥナが秀逸!トンネル崩落事故を題材に、どこかユルい描写や政治の出来損ない加減も織り交ぜつつ、壮絶な展開へ。現実味もあってエン>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.0

逃げるは恥だが役に立つ…「マンチェスター・バイ・ザ・シー」。…そこに行き着いた。主人公と甥(兄の子供)という関係性の妙。似ているところがあるんだとうなと感じたり、最終的な責任の部分ではあくまで伯父さん>>続きを読む

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

4.0

ホントにあり得る話なのか!?インパクト大!「ノー・エスケープ 自由への国境」。砂漠の国境地帯で不法入国を試みるメキシコ人の主人公。それを警官でもないのに何故か狙撃していく白人スナイパー。それからひたす>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.5

傑作は色褪せない!<午前十時の映画祭>「ショーシャンクの空に」。人生諦めちゃいけない、がテーマなんだけど、魅せ方が巧い。冤罪で刑務所送りの主人公、いずれ仲間から認められ、でも自分を貫くために悪に手を染>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

何かを犠牲にしつつも新しい展開で合格点仕上げなのはさすが!「ワイルド・スピード ICE BREAK」。【ネタバレ】今回は昔の恋人が犠牲に。そしてファミリーとステイサム兄さんのコンビ結成が新機軸。シャー>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.0

ガンアクションって激し過ぎると笑えるんだな、「フリー・ファイヤー」。廃工場で銃取引、2グル―プと仲介役も相まってトラブル発生。1発引鉄が引かれると五月雨式になるおもしろさ。場当たり的編成でグループ内で>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.0

安全第一!w「バーニング・オーシャン」。エンドクレジット時の被災したご本人登場は要らなかったけど。マルコビッチの悪者経営幹部役が秀逸。それに対峙する作業員達の奮闘。ド派手なドッカンバッカンでかったるさ>>続きを読む

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.0

野球をしない大学野球部の青春ムービーw、「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」。自分が生まれた1980年の異国の大学生の話だけど、大学(青春)を過ごしたヒトなら絶対に郷愁を感じら>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.0

良くも悪くもタケちゃんが…「ゴースト・イン・ザ・シェル」。原作未見なので展開に不満は持たなかったけど、男女の過去をもう少し提示してくれないと感情移入できず。タケちゃんの芝居は気になっちゃって…(一部聞>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.0

1つの考えに偏ると…「はじまりへの旅」。…能力的にも突出するけど世間との乖離が生じるわけで。子育てにおいても。乖離による子供たちの葛藤をロードムービーというテイで見せるおもしろさはあった。ヴィゴモーテ>>続きを読む

>|