乃ノ花さんの映画レビュー・感想・評価

乃ノ花

乃ノ花

映画(154)
ドラマ(6)

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

-

don't laugh at my romanceってなんなのそんなんずるいでしょう!!
乱暴に人を置いていってしまうような人に振り回されっぱなし。永作博美はずっとスタイルが最高だあ

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

-

なんかあそこまで完璧だと楽しくなってくるね、殺されるよりよっぽどキツいよ~超復讐劇

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

-

イケるタイプのモノクロ映画
あとタイトルの由来、めちゃくちゃ好き

フランシスが自分と重なる重なる、、、私も大好きな友人の恋人に嫉妬するだろうな

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

-

本当についこの間の私たちみたいだった、友達に会いたい
リリー・フランキーってなんであんな間違いないの、、

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

-

ユーモアのある会話とお互いに対等でいようとする姿勢、歳をとっても忘れない遊び心
理想の夫婦像を聞かれたらこの2人のようになりたいって言う気がする
誰かと人生を共にするようなことがあったら一緒に観たいな

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

-

優雅な生活が最高の復讐である、、
JKはいろんな意味で無敵だね

クワイエットルームにようこそ(2007年製作の映画)

-

コメディ要素の混じった邦画版17歳のカルテ、というところかな 
患者一人ひとりにキャラクターがあるところとか、近いものを感じた
やっぱり病棟の映画がすきなんだと思う もう一回観れる

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

-

癌なんかとは違う、自分で選択したっていうところ 

エンドロールのアレはリスニング問題

ネバーエンディング・ストーリー(1984年製作の映画)

-

いくつになっても想像することを忘れちゃいけないんだな、となぜかしみじみさせられた…大人こそ観るべきなのかも

キャラクターが8割生臭そうに見える

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

-

キラキラがみえた エズラーミラーのタキシードかっこよくて困った

おとぎ話みたい(2014年製作の映画)

-

山戸監督作品で初めて観たのがこれだったな、趣里ちゃんを好きになったのもこれだった 
銀座で舞うシーンの美しさに魅了されて娘ができたらバレエを習わせようと思った記憶が…
かわいいDVD、大切にとってある

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

-

これがしっくりハマる性質をもっててよかった ~!ヨシカに対するどえらい親近感と都会の寂しさがちょっとひりひり感じた
ときめき

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

-

坊主に片耳ピアス良い~!
最近ヤク中とタバコの映画ばっかりでおかしくなりそう

37セカンズ(2019年製作の映画)

-

障害者の苦悩、みたいな誇張したいやらしくて悲劇めいた映画じゃなくて、子ども扱いされたくない、成長しなきゃと焦る女の子の気持ちにフォーカスしている作品だった

表面的で過度な優しさというか、障害者だか
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

-

改めて。
格好良いな、自分にぴったりの自己肯定感底上げ映画だったんだという気づき
しんどいときに観る鎮痛剤兼栄養剤みたいな映画

負の感情をエネルギーに変えていかなくちゃ

いろんな意味でだいじな映
>>続きを読む

獣道(2017年製作の映画)

-

やっぱりテアトルの血が流れてた、良いわ

吉村界人が戻ってきますように

海街diary(2015年製作の映画)

-

ああかわいい女 さいこう
鎌倉行きたい江ノ電乗りたい!!

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

-

久しぶりのビタミンムービー いい

自己肯定感が上がると言われて鑑賞したが、だめだったー!

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

-

ルーカスかわいい大感謝祭
カラフルなキッチンとインテリアにときめいた
大切にするのもされるのもむつかしい、本当のモダンは何なんだろう

クリープ(2014年製作の映画)

-

文字通りびっくりするホラー。B級のにおいがするけどそれがまた絶妙に恐怖を掻き立ててた。こういうの好きです