たにやんさんの映画レビュー・感想・評価

たにやん

たにやん

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.9

奥さまと鑑賞。
ネットで今やっている映画探して一番興味が引かれた。小劇場でしかやってなかったため、片田舎から、わざわざ梅田まで出たけど、価値あったなぁ〜。
浅野忠信、いいね〜
再婚はやっぱり難しいんや
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

3.1

みんなのレビュー見ると、
好評価でしたが、何故かそんなにハマりませんでした。コメディなのか、シリアスなのかよく分からず、恋愛モノ?のような違うような‥‥。
役者さんはみんな凄いし、インパクトありました
>>続きを読む

ハングリー・ラビット(2011年製作の映画)

3.0

犯罪者を仕事人みたいな組織が‥‥。
そのかわりに、仕事が‥‥。
という話、まぁ面白く観たけど、すぐに忘れてしまいそうなレベル。ガイピアースは坊主でも渋い。

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

3.8

大まかにはタイトルのまま、娘と父の感動ストーリー。少しエロのシーンがうちの中2の娘との鑑賞には不向き。鑑賞中に変な間が‥‥‥。ラッセルクロウ、いいお父さんやったなぁ〜。娘を「ポテトチップ」と呼んだり、>>続きを読む

贖罪(2012年製作の映画)

2.8

みんな、狂ってる。
蒼井優のフランス人形の話で引き込まれた。女優さんはみんな、狂気があって興味深いけど、後になるほど面白くないッス。

判決前夜/ビフォア・アンド・アフター(1995年製作の映画)

3.2

子どもを守るため、証拠隠滅。
結果は‥‥。という話。
何が正解なのかわかりません。
自分やったらどうするかな?
と思いながら観てました。
多分、あんなことはできないです。
主人公家族は哀しみに
打ちひ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

奥様と映画館で鑑賞。
ミュージカルとか好きな奥様は当然絶賛。
ミュージカルとか嫌いな私でも面白かったです。それもかなり。
主演の2人、どこかで見たと思ったら、
バットマンのヒロインとタイタンズ(アメフ
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.3

娘と鑑賞。途中、「犯人はこいつか?」と色んな想像しながら楽しめました。最後の方まで色々想像させられ面白かったッス。
ただ観終わっても難解な部分が多くネットで伏線や映像の意味を検索。そんなん、気がつかん
>>続きを読む

インスタント沼(2009年製作の映画)

3.9

主人公のヤケクソ気味な明るさが結構好き。
他の映画であんなラストやったら、興醒めしそうやけど、この映画では、そんなことなく爽やかな気持ちで楽しめました。

そう、確かに嫌なことがあっても一晩経てば、大
>>続きを読む

トカレフ(2014年製作の映画)

2.6

出だしは、ニコラスケイジを含む3人の友情の話かなと‥。途中から主人公を中心に思い込みで理不尽極まりない不埒な悪業三昧。勘違いでは済まんやろ

ドライブ・ハード(2014年製作の映画)

3.0

サクッと観られる内容。コメディっぽい。
ジョンキューザック好きやけど、この映画ではなんかタムケンにしか見えない。
ちゃ〜。

13日の金曜日(1980年製作の映画)

3.1

過去に鑑賞。衝撃的なラスト。
めっちゃビビった。

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

2.8

過去に鑑賞。話はよく覚えていません。クリスティーナリッチのオデコは素晴らしい形‥‥

ゆりかごを揺らす手(1991年製作の映画)

3.2

過去に鑑賞。面白いサスペンス。
ベビーシッターの気持ちはわかる

氷の微笑(1992年製作の映画)

3.1

過去に鑑賞。それなりに面白かった記憶があるけど、シャロンストーンのセクシーシーンが有名過ぎて覚えてない

ダブル・ジョパディー(1999年製作の映画)

2.7

過去に鑑賞。
印象はタイトルであるダブルジョパティー(同じ罪では二度は裁かれない)という法律を利用する話。
脚本家が何かで知ったこの法律を「これ、使えるで〜」ってなったのかな。

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

4.1

いい映画でした。
この映画観てから阿南大臣に興味を持ち、ネットで調べました。
大臣の本心は戦争継続だったのか、それともこの映画の中のように戦争終結したいが、表立って行動すると大臣を陸軍省に罷免されるた
>>続きを読む

ポゼッション(2012年製作の映画)

3.1

娘と鑑賞。母親最悪。離婚してすぐ、違うオトコ連れてきて娘と一緒にご飯とか‥‥。話はコトリバコそのもの。日本もアメリカも同じような話あるんやね〜。
ユダヤ教の神父さんが拾った指輪は?火事場泥棒?ツマラナ
>>続きを読む

ミシシッピー・バーニング(1988年製作の映画)

3.8

偶然「それでも夜は明ける」に続いて鑑賞。また人種差別の話でこれも実話。
こちらはWWⅡの後。1960年代でもこんな人種差別やってたんや。内容は白人と黒人やけど、映画に出てくる差別される人たちを表す文字
>>続きを読む

ブラックブック(2006年製作の映画)

3.6

意外と面白く鑑賞。ユダヤ人でナチス将校の愛人として潜り込むスパイの話。裏切者は誰かを考えながら、色んな場面が続いていく。飽きずに最後まで観られた。

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.7

重苦しい。見ているのが辛く、苦しい。
人が人に対してあそこまで出来る?
そもそも人と思っていないのか?
自分が持っている「差別」という概念が根底から吹き飛ぶ。
アメリカ人は「正義」とか「友情」「愛」と
>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.0

多重人格の話。スマホいじりながら映画鑑賞してたので、最初は⁇⁇が飛び交いました。見終わって、ナルホド‥‥。キチンと見ておけばよかった。いつかラストを忘れた頃にもう一度観よう。‥‥忘れるかな?

ふがいない僕は空を見た(2012年製作の映画)

3.5

なんか良さそうなのでレンタル。
ただ、娘と鑑賞しようとしていたんやけど、出だしからいきなり、かなりエロい感じで慌てて中止。その後1人で観ました。性と生、運命と貧しさ、何故生まれた?みたいなことや、人間
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.0

エゲツない話。
ホンマにこんな悪い奴がいると思うと怖い。

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

3.2

嫌いではない。いい雰囲気。
「なんじゃこりゃ〜」笑ってしまった。
ただ、高良健吾の「走れ、便利屋」で少し興醒め。またラストシーンは、男女の恋愛みたいで、友情っぽく見えず共感しにくい。

ブルー・イン・ザ・フェイス(1995年製作の映画)

4.1

やっと観れました。SMOKEが好きなので気になっていましたが、レンタルビデオ屋で発見。
SMOKEとは、違う感じと言われるけど、同じ匂いがして好き。
あんな感じで、暮らせたらええやろなぁ〜

家族(1970年製作の映画)

3.7

昭和の高度成長期、生活に行き詰まりを感じてリセットすべく九州から北海道へのロードムービー?自分が生まれた頃の世の中はこんな感じやったんやという思いで観てました。映画の内容も映画に出てくる日本全体も戦後>>続きを読む

イマジン/ジョン・レノン(1988年製作の映画)

4.1

ビートルズが好きで、その中でもジョンレノンが曲・詩・性格とも好きで、ビートルズの曲で一番好きなのは、In my Lifeです。当然この映画は好きです。興味深く観ました。けど、ビートルズの曲もジョンレノ>>続きを読む

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

2.8

他のDVDの予告で観て、面白そうなので借りました。「予告シーンが怖さの全て」みたいな映画。サスペンスかと思ったら、悪魔が出てきて少し醒めた。そもそも、主人公はなんでこんな気持ち悪い人形を収集しようとし>>続きを読む

戦争の犬たち(1980年製作の映画)

2.9

クリストファーウォーケン「寄生獣」の悪者(島田?)みたいな顔にしか見えません。目がイッてます。傭兵がアフリカ?の国まで行って勧善懲悪。少し古臭さが否めません。

砂上の法廷(2015年製作の映画)

2.9

裁判モノが好きで結構観ているけど、イマイチッス。勿体ぶった割に途中でなんとなくオチが読めた。
キアヌリーブス歳いったなぁ‥‥。

ザ・スリル(2013年製作の映画)

2.6

お金に困ってたら、久しぶりに会った友達と一緒に金持ちの余興に参加。お金のために段々とエスカレート。
自分やったら結構初期段階でムリ。

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)(2007年製作の映画)

2.9

連合赤軍のリンチは何かの本では知ってたけど、映画で見るとエグいし、やってることが、子どもっぽい。あれを当時の学生は本気でやってたとは‥‥

突入せよ!「あさま山荘」事件(2002年製作の映画)

3.4

浅間山荘事件はよく聞く話やけど、リアルタイムでは知りません。
「テレビでよく見た『コメンテーター元内閣安全保障室長の佐々さん』は、こんな人やったんや」とか、警察内部のイザコザとか、なるほど感が半端ない
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.4

久しぶりの戦争映画。
クリントイーストウッドの映画はいつも重たく、やるせなさしか残らんけど、この映画はまだ観やすかった。
実話なんや。

>|