らいおん丸さんの映画レビュー・感想・評価

らいおん丸

らいおん丸

映画(50)
ドラマ(0)
  • 50Marks
  • 13Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いい映画。
仕事、仲間、友人、家族、夫婦、恋人。
人との関係やつながりって、思いやりの掛け合わせで、シンプルなはずなのに、外部環境からのバイアスがかかり複雑化するんだなっと。人は分かり合えると信じて、
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.4

Yeah, yeah, yeah, yeah, we on the way up.
アクションアニメなのに、サントラで余韻が楽しめるほど各シーンが印象に残りカッコイイ。トゥーシェードの表現力すごいです
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.1

何を書いてもネタバレになりそう。
おすすめします。
観客全員が息を止めて見ているので、
素敵な人の隣で見るのは危険です。
息づかいや緊張がダイレクトにに伝わり
映画だけでも、大変なのに。
さらにドキド
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

素敵な映画。素敵すぎてちょとつらい。
自分のためが、誰かのためになり、
誰かのためにが、自分の幸せにつながるそんなループを回すには、今を大事にするしかないんだと。
誰かのためにを疎かにした自分にはちょ
>>続きを読む

ジャック・サマースビー(1993年製作の映画)

4.3

自分が大切にしたいものと好きな人が大切にしたいもの、究極の選択。当時の周りの感想と自分の印象が違う映画。
昔から、美学に近い、変なこだわりがあったのだと思い出した。
めんどくさい奴フィルタリング映画。

機動戦士ガンダム II 哀・戦士編(1981年製作の映画)

4.5

初めてセル画ほしくて、映画館に並んだ。
約40年経っても、主題歌が歌えるのほど印象深い。

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.4

予備校時代の映画漬けのきっかけになった作品。
パチーノ様の演技に魅力。
大学入って、ビデオデッキ買ってアルパチーノ出演作品を観まくったな〜。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.1

会社さぼって、見に行って、半券をデスクの横に落として、
さぼったことと、観た映画のチョイスと2重のいじりを女性メンバーから受けた。
自分の行いのせいで、
感動の余韻が一番短かった作品。orz

スネーキーモンキー/蛇拳(1976年製作の映画)

4.0

金曜ロードショーを毎週見るようになったきっかけ。子供にとって、単純に面白区、かっこよかった。よく真似してな。

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.1

AIを研究したくて大学に入ったのでAIと聞くとなんでも観てしまう。期待してなかったけど、自然と人造がいろいろな角度で対比され深い映画だった。

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.3

大学時代、男二人で行って、周りから気持ち悪いと言われた思い出。
誰と見ようが、純な気持ちになれる。

フロントランナー(2018年製作の映画)

3.0

ヒュージャックマンが出ているので、ショウマンが好きなある人に、この映画良かったよと言うがために早々に観に行ったが撃沈。打算的で映画は観てはいけないという教訓。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.8

ハリーポッターシリーズは本で読んでいても、その想像力を超えてくるから、観て楽しい!

七つの会議(2018年製作の映画)

3.8

尊敬する野村萬斎さんが主演。顔を出さない能と俳優の全くベクトルが違う演技をこなす凄さ、福田さんの濃い演出をどう解釈するのか観たくてのミーハー鑑賞。

イングリッシュ・ペイシェント(1996年製作の映画)

4.2

初めて観た時としばらく経って観た時の感動のギャップが一番大きかった映画。観るタイミング、年代によって、作品や俳優から感じるものが変わるのも映画の良いところですね。

カサブランカ(1942年製作の映画)

4.0

台詞、カットの美しさ、音楽、映画ってこういう名作があったから次に続いてきたと思う。映画の中の有名なセリフを原文で、手紙に書いて彼女に笑われたのはトラウマ。
会社の帰り道、ふと
as time goes
>>続きを読む

ダーティハリー(1971年製作の映画)

4.0

親が大好きだったイーストウッド。
今日はダーティーハリーだから、
早くお風呂入ってといわれ、準備万端でテレビと向き合ってた。

明日に向って撃て!(1969年製作の映画)

4.0

レッドフォード、ニューマン!
親からカッコいいと教えられたので、
そのまま好きになる典型。
巨人、レッドフォード、イーストウッド、ニューマン好きは田舎の典型では?

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.2

ファンタジー全部いり。
たまに観たくなる、気持ち軌道修正用映画。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.5

人生で一番人に助けてもらった時期に観て、ほっとして、気持ちが少し楽になった映画。
それから。誰かのためになにか出来るようにと努力してもすれ違う現実。
エゴのフィルタがかからないgood will
は難
>>続きを読む

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

4.3

遠距離恋愛をしていた当時、会うたびに毎回観ていた映画、人生の中で最多鑑賞数。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

作品はもちろんだが、
クイーン世代でない人から羨望を受ける現象を楽しんだ。
飲み会のたびにオヤジたちが(ほぼ同じ年なんだが)観たか、観たか聞いてくるのはげんなり。まあ、盛り上がる共通の話題も少ない中、
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

4.3

トムクルーズファンとして、カッコいいトムが戻ってきた嬉しい映画。

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.6

ネットフリックスで見つけて小躍り。
良かった。
週末のだれた時間を癒す至福の時間。

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.4

えっ、まじ?
時間の感覚がなくなるぐらい没入した記憶。面白い映画と言われたらこれ。

>|