TanpanCEOさんの映画レビュー・感想・評価

TanpanCEO

TanpanCEO

映画が大好きな1年中短パンを履いてる社長。Tanpan CEOです。基本映画館では洋画しか観ません。全ジャンル観たら何もできなくなりそうなので笑 尚、好きな映画は3回以上観るのが鉄則。一昨年映画館( 主にtohoシネマズ )で鑑賞した映画の本数は64本、昨年(2018年)は76本でした。過去最高に観賞した映画はボヘミアンラプソディの19回。次いで、ララランドが17回。好きすぎてLAまで飛びました。今年もたくさんの映画に出会えるのが楽しみです。

映画(249)
ドラマ(0)

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.5

ダダンダンダダン
タタンタンタ短

そりゃ観ちゃうよねー。観ずにはいられないよねー。あの音聴くだけでテンション上がるのはきっとボクだけじゃないでしょう。
もうこんなにしつこいのはミッションインポッシブ
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.0

原作はスティーブンキングだし、一応1(リブート版)も観たし、マカヴォイとジェシカチャステイン出てるし、観てきましたよ。
途中、なんかすごい長いなーって思ったらやっぱり!終わってから気づきました。まさか
>>続きを読む

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

4.0

【 試写会に行ってきました 】

あの甘いマスクで有名なザック・エフロンをこの映画で初めて好きになりました。
それくらいオシャレでカッコいい犯罪者役を演じてた。
映画も同様、全米史上最大の殺人鬼にも関
>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.0

最近ますます大忙しのウィルスミス パイセンが主演という事で鑑賞してきました。
ちなみに行こうと決めたのは上映開始10分前。インターネット予約時間過ぎてたので映画館で購入。シアターに入ったらちょうど始ま
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.7

やっと感想書けました。一部では評価が低すぎて驚きですが、さすがのこのFilmarksでは映画好きな方が多いので点数高め。安心しました。
つまらなかったって言う人って、大抵、ブラピかディカプリオ目当てで
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

キアヌリーブスパイセンは、俳優として以上に、そのお人柄が好きなので、敬意を表して、主演する映画はほとんど観てます。
で、ジョンウィックも1、2ともちろん観てるんですが、最強の殺し屋とだけは覚えてて、そ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.7

ビートルズ愛で溢れる作品。
心温まる優しい映画。ここのところ重めの映画が多かったので笑 とっても心地良かった。そしてこの映画を観たらまたビートルズを聴きたくなる。ファンは喜ぶだろうし、若い子たちもこれ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

「 本当の悪は、人間の笑顔の中にある 」

まさに哀愁と狂気。アメコミ映画なんて思ったら大間違い。( 誰も思ってないかもだけど )
この作品がアカデミー賞を総なめにするんじゃないかとウワサされてるそ
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.3

10年前にこんないたたまれない事件があったなんて知りもしなかった。まだまだ勉強不足。こういう映画を観る度にもっともっと宗教についても学ばないといけないなと思う。
最近はテロに基づく映画は多いけど、そん
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.7

父を訪ねて43億キロ。PLAN Bの最新作「 アド・アストラ 」ブラッドピッドって宇宙似合わないなというのが第一印象。またお父さん役のトミーリージョーンズがBOSSの宣伝に見えてきて仕方ない。なぜなら>>続きを読む

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

4.2

予告動画だけだったらこの映画を観なかったかも。お友達があるサイトのリンクを貼ってツイートしてくれてて、それ見たらみるみる内に印象が変わって気づいたら予約してました。
まだまだ上映館数少ないみたいだけど
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.1

超!注目!の映画「 ロケットマン 」
この映画でまたフレディマーキュリーのようにエルトンジョンの事を後から知る人も増えるだろうな。( あ。まだバリバリご健在ですからね!)
この予告編でもう鳥肌立ちまく
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.5

やっぱり天才ですね。ジョーダンピール。
あの衝撃の映画ゲットアウト以来2作目の作品。って監督になって2作目かよ。
今回もアメリカの社会や歴史に対する強いメッセージ溢れる、皮肉交じりまくった映画でした。
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.0

これもまた実話に基づいた映画とは。ダイアンクルーガーの名演技に震えました。
彼女が下した二度の決断とは?
それが正しかったのか間違ってたのかなんて誰も分かりもしない。
テロにより夫と息子を奪われた女性
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.5

素晴らしい映画でした。
ちょっと言葉がまだ見つからないので、たくさんの人たちの感想を読んでから改めて書こうと思います。なんでこんな映画を観てなかったんだろう。反省。

パピヨン(2017年製作の映画)

3.9

ボヘミアンラプソディで見事アカデミー賞主演男優賞を獲ったラミ・マレックが出るんだから観に行かなきゃでしょ!って思って観に行ったら、これリメイクだったんだね。知らなかったー。しかもスティーブマックイーン>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.5

実は観ちゃいました笑
ウィルスミスが気になって気になって。フレッシュプリンスを彷彿させるラップに若干震えました。あれ、でもジーニーじゃなくてウィルスミスだね。間違いなく笑笑

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

2.9

やっぱりメンインブラックはウィルスミス じゃなきゃな!
って頑固オヤジみたいなコメントでごめんなさい。世代交代大事!って普段から言ってるくせにね。
今過去の作品をロードショーでもやってるし、Amazo
>>続きを読む

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.9

リーアムニーソンと言えば、元工作員で、いつも復讐に燃えてて、出てくる敵をボッコボコのフルボッコにしちゃう叔父貴役のイメージがかなり強い。( あ。もちろん96時間の事ね。)
その記憶がすごく残ってるので
>>続きを読む

ベン・イズ・バック(2018年製作の映画)

3.6

今月まさかの2本目の鑑賞です。( 少ないって意味ね。)
マンチェスター・バイ・ザ・シーのルーカスヘッジスの演技が光るか?!と思いきや、やっぱりスゴいなージュリアロバーツ。役者が違う。本当に演技が上手く
>>続きを読む

マックイーン:モードの反逆児(2018年製作の映画)

3.5

孤独と苦悩に満ちたドラマティックな天才の生涯。やはり天才は大抵変態だ。

自分の作品に対する執着がハンパない。私的な感情を洋服に入れ込み、まさに生きた服を作っていたデザイナー、マックイーン。こんな人生
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.7

全てを把握する事は難しい。自分の知識と教養の無さを痛感させられた映画でありました。ここ最近のハリウッド映画は人種差別的ものが多い。で、映画を観まくってるせいもあり、自分から学ぶことも多く、ある程度詳し>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

3.9

今、女性が表舞台で活躍できてるのは彼女、ルース・ギンズバーグのおかげ。こんな人が存在していた事に驚き。またしても実話に基づいた映画です。
ここ最近は、人種差別がテーマの映画が多かったけど、こちらは性差
>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.3

ボクの大好きな2人の共演も、この映画の存在を知ったのはAmazonプライムビデオのトップにオススメで出てきてでした。
マフィアもDEAも海軍もCIAもとにかくみんな敵。なかなかのアウトロー。それを2人
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.9

ジェシカ・チャステインが気になって久々に観たけどやっぱり面白かったな。彼女はこの映画で一気に有名になったと言っても過言ではない。アカデミー賞主演女優賞ノミネートもされたし、まー迫真の演技でしたからね。>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.8

今作品の監督、スパイクリーが、アカデミー賞作品賞にグリーンブックが選ばれた瞬間に会場を退席した理由がよーく分かりました。大人げないけど、いくつになってもそういうヤンチャなところって結構魅力的だったりし>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.0

遂に禁断の扉を開けてしまいました。って、ボクだけの話ね笑
ブリーラーソンの魅力に負けて、マーベル映画を観てしまいました。ということ。
とはいえ、デッドプールは好きです。1、2もあのブラックさは最高。映
>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.4

今年26本目。
観た後にこんなに胸が苦しくなったのはどれくらいぶりだろう。
ノルウェーのウトヤ島で起きたテロ事件の話。単独の犯行では過去最大の77名の犠牲者。にもかかわらず、あまり知られていない。むし
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.6

今年25本目の映画館での鑑賞。
なにげに楽しみにしていた映画「 シンプル・フェイバー 」
予告CMの見せ方がズルい。本編観たら、あれ?サスペンスじゃないやん!コメディ要素たっぷりやん!ってなった。
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.2

10年ぶりに俳優に復帰したクリントイーストウッドパイセンはやっぱりハンパなかった。

もうね。とにかくハンパないんだって。この哀愁漂うイーストウッドの演技が。おじいちゃんになってシワも目立ち猫背にも関
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.3

まさかの実話を、まさかの手法で描いた新時代の犯罪映画。

実話に基づいた話というお決まりのテロップが出たかと思いきや、基づいたの文字が消され「 真実の話です 」って出たとこからハートをわしづかみされま
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.1

一昨年、ララランドを抑え( 正確にはまさかのプレゼンターが読み間違えた。今でも根に持ってる笑 )アカデミー賞作品賞に輝いたムーンライトの監督が手がけた映画ビールストリートの恋人たち。
もちろん!あまり
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

見事アカデミー賞作品賞を受賞した「 グリーンブック 」
但し、作品賞を取ったからといって、過度な期待をすることなかれ。と思い鑑賞しに行きました。
なぜなら昨年はシェイプオブウォーター、その前はムーンラ
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.5

まさかのTanpanCEOが邦画を鑑賞。ここ最近で観たのは藤村先生のお嬢さん、藤村明世監督の映画のみだから。それくらい自分の中でもビックリなこと。

ちなみにそのキッカケは、昨年から毎月kisobar
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.1

物語がすべてパソコンの画面上を捉えた映像で進行していくサスペンススリラー。16歳の女子高生マーゴットが突然姿を消し、行方不明事件として捜査が開始されるが、家出なのか誘拐なのかが判明しないまま37時間が>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

ヒロナガの同級生の三浦くんのおかげで試写会に行けました。
一般公開は昨日22日から。

デンマーク発なんだけど、ハリウッドリメイクが早くも決定。しかもジェイク・ギレンホールが演じるって最高です。
>>続きを読む

>|