Tさんの映画レビュー・感想・評価

T

T

ネタバレしないレビューはない
4.0からスタートの加減算

映画(509)
ドラマ(0)

マイル22(2018年製作の映画)

4.0

繊細なはずのストーリーの上にのった雑なアクション映画になってしまっていて残念。ほんとはもうちょっと長かったんじゃないかな?感。

見どころはイコ・ウワイス君の凄まじいアクションとマルコビッチのこれまた
>>続きを読む

ベル&セバスチャン(2013年製作の映画)

3.8

吹替版で鑑賞。

2作目を先に観てからの1作目。それも悪くない見方だったなという安心感。

美少年と大型犬(メス)の戯れを愛でる映画にしてはナチスの占領下のフランスという時代背景のシビアさよ。

ベル&セバスチャン 新たな旅立ち(2015年製作の映画)

3.8

2作目だったのか!

美少年だからって何をしても許されるってわけじゃないぞ!

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

4.1

主演2人がキュート。息子もキュート。犬もお母さんの恋人もキュート。そんな、キュートな映画でした。

あ、元旦那だけ除く。

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

4.4

これは劇場で観れば良かった。予告からはまるで想像のできない、そしてその予告のせいで逆に先が読めない展開。

あんなクソな予告作ったの誰だ?

ワイルド・ストーム(2018年製作の映画)

3.5

うははははははははは

雑な犯罪計画に雑な台風予想が合わさってできた雑な映画。雑過ぎて笑えるのと、途中から主演2人がものすごく投げやり演技になってくるところが見どころ。

ところで気圧の単位がミリバー
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.0

回収してない伏線が色々ある気はするのですが新年一本目として気分良くハッピーなものを観たいという目的にはかなっておりました。

自己肯定感。

単純だけど今年はこれをキーワードにしてみようかな、なんて。

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

4.3

なんだこのクソ野郎達はと思ってたのが吊り橋効果絶大(誤用)でどんどん感情移入。

そんな高揚感からの呆気なく絶望へ、からの解放感と共にくるモヤっとしてからのスッキリ感。完璧。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

ガガ様の映画と見せかけておいて監督オレ主役オレなブラッドリー・クーパー様の映画。ブラッドリー・クーパーはイーストウッドになりたいのね。

ベッタベタのコッテコテですが2人の歌を聴くための映画だからお話
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

4.2

面白かったのだが、色々とレディ・プレーヤー1と同じような…。

カーチェイスのシーンなんてもう実写とCG(合成)とアニメというかフルCGには差はないと言うか表現が同じ。

エンドロールは最後まで見てね
>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

4.3

現代の今この時のイギリスの農村の閉塞感のとてつもない息苦しさ。そこで出会う運命の恋。

手離してはいけない。

幸あれ。

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

4.3

ヒュー・ジャックマン様のデニム姿のかっこいいことったら!

そして、懐かしのマッチ・ニッカネンのかっこいいことったら!

何でこんな良い映画がビデオスルーかなー。配信で観たけど盤買っちゃおうっと。

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

4.3

ニコライコスターワルドウ様無双。

アメリカの刑務所というのは刑を償ったり反省するところではなく、ひたすら生き延びて強くなっていくところなのか?

グリンチ(2018年製作の映画)

4.1

カンバーバッチの声で観たくて字幕版で鑑賞。予告の大泉洋はちょっと違う感じ。

完全なるデートムービーもしくは親子ムービーなので1人で観ると孤独感倍増でクリスマス破壊したくなっても知らないゾ☆

来る(2018年製作の映画)

3.3

一言で言えば変な映画。
も少し詳しく言うと壮大なコメディ。

もうちょっと言うと、売れない芸人のよくわからないネタを延々と見せ続けられてる感じ。

ナンダコレ?

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.2

天才には天才の
天才の家族には天才の家族の
天才の教師には天才の教師の
悩みがあり愛があり憎しみがあり

凡人で良かった☆

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

繋ぎの一本感強め。これ一本だけ観てもなんだかさっぱりな一見さんお断りムービー。

エズラ・ミラー君がずいぶん大人びたなー。

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.3

様々なボーダーラインを描きつつも、それはあくまで邦題であって、やっぱり2作目もsicarioの話なのでした。

今回、1番何かのポーダー越えちゃったのはイサベルでしょうかね。3作目は彼女がスーパーでス
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.7

ロッカオペラ調の20thCenturyFoxから最後までもーあああああああああああ

大画面で
大音量で
是非

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.2

シング・ストリートで「青春って(後から見ると)良いなー」と思ったけど、「中年も悪くないなー」と。

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.5

ヴェノムの、というかトム・ハーディのというか「2人の」可愛らしさ全開。

惚れる。

スカイライン-征服-(2010年製作の映画)

3.7

そりゃ、宇宙人突然攻めてきたら普通の人間はこうなりますわねってくらい無能で愚か者しか出てこないある意味新しいのかも。

ここからよく続編まで辿り着きました。

さ、続編打ち切られる前に映画館行くぞ!

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.4

物語はパソコンの中で起こってるんだ!というわけで全編がパソコンの画面上で進む、すなわち史上初の小さい画面で見るべき映画。

大画面でも楽しめますけどパソコンで見た方が楽しいんじゃなかろうかと。

そん
>>続きを読む

ファイティン!(2018年製作の映画)

3.8

良くも悪くもマ・ドンソク兄貴のPV。

その割には圧倒的な上腕の見せ方があんまり上手くなくて残念。

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

4.2

原題は「泥棒の巣」
なのになんだこの壮絶に雑でぶっつけ本番な銀行強盗はwwwwww

からの予想外

からのまた壮絶にwwww

しびれます。

スモールフット(2018年製作の映画)

4.2

音楽良し、チャニングくんの歌は上手いし、話はオーソドックスながらしっかり作り込まれてるし。

なのにヒットしなかったのはいかんせんイエティたちの造形が日本人好みではないというね。。

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.0

スカンク最強。

人生で1番デカイ画面でう○こ見せられました…。

というわけでアレコレ語りたいのですが終わってみればスカンクとう○こしか覚えてないです。

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.6

ファンタビの予告の後にこれはツラいなー。って言う平成が終わろうって時のファンタジー映画とは思えないぞ(平成関係ない)。

それにしても、なんでケイト・ブランシェットさんは仕事選ばないんだろか。選んでこ
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

Amazonは続編前に必ず安売りするので待ってましたが案の定。でもどことなく敗北感。

デンゼル・ワシントン無双。

なるほど、元はテレビシリーズでその前日譚扱いなんですね。

というわけで満を持して
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.0

まるで平手のために描かれたような原作漫画だが、平手の方が後なんだよな。

平手がいなかったら映画にはならなかったのではないかというくらい平手な映画。

北川景子はもっと頑張れ。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.3

怖過ぎないけどかなり緊張させられる極上スリラー。

といいつつ

この状況で妊娠って!滝の裏でやったんか?とか下世話なことを考えながら見てましたけどネ。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.1

バッドでもジーニアスでもないけどバッド・ジーニアスみたいな。

物語の後に続く彼らの人生に思いを馳せます。

オーバーボード(2018年製作の映画)

4.0

変則設定だけど中身は王道ラブコメ。

美男美女じゃなくてもやっぱりハッピーな気持ちになりますね。

>|