ねこさんの映画レビュー・感想・評価

ねこ

ねこ

  • List view
  • Grid view

THE MOLE(ザ・モール)(2020年製作の映画)

3.0

本当に実話なのだろうか
あんなに簡単に潜入できるのだろうか
隠しカメラなんてすぐに見破られそうだけど

ああいう国に支援、協力、共感する組織があるからいくら制裁しても無駄なんだろうな
結局金さえあれば
>>続きを読む

V.I.P. 修羅の獣たち(2017年製作の映画)

3.3

キム・ミョンミンとパク・ヒスンはさすが。

イ・ジョンソク、不気味に笑うだけでは悪の存在感は出せない。

北朝鮮やCIAやいろいろ取り入れたものの、何となく恐怖…の雰囲気だけで見せている作品。

チャ
>>続きを読む

僕らの先にある道(2018年製作の映画)

4.2

また観たいと思う。
じんわり余韻の残る作品。

静かに進むストーリーに繊細な色や描写がマッチしてそれだけでもう。

お父さん…!
中国台湾韓国は家族愛の表現が卓越すぎる。
どの国も人生や生活、家族への
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.0

当時絶賛されていた作品。

どう面白いのか訝しがりながら最初のほうは流し見。

途中からものすごく見入ってしまった。

M:Iやスパイ映画が好きだと言う監督ゆえのテンポの良さ、展開の速さ、音楽に引き込
>>続きを読む

ヒットマン エージェント:ジュン(2020年製作の映画)

3.5

クォンサンウ演技上手くなったなあ。
ジャージ姿もカッコいい。
チョンジュノは随分痩せて顔変わった。

まあこんなもんでしょう。
クォンサンウの演技に期待していなかった分、予想よりは面白かった。

燃えよデブゴン/TOKYO MISSION(2020年製作の映画)

3.0

ドニーイェンのアクション観たさに。

それ以外特筆すべきものはなし。
雑すぎてなんかもったいない。

ノンストップ(2019年製作の映画)

3.3

うーん。
韓国映画にしてはB級、くだらなさが勝る作品。
笑いに持っていこうとするのがわかりすぎて萎える。

オムジョンファの年齢であのアクションはすごい◎
娘ちゃんも愛嬌たっぷりでカワイイ。
パクソン
>>続きを読む

新しき世界(2013年製作の映画)

3.8

イジョンジェは他の作品でも表情が乏しく心情がわかりづらい。
今作も同様。

パクソンウンの不気味な圧倒的存在感。

当時映画館で観た際は気付かなかったソンジヒョの「タバコは止めて下さい」。

この後の
>>続きを読む

インファナル・アフェアIII 終極無間(2003年製作の映画)

4.1

やはりトニーレオン。
そしてレオンライ。
そしてチェンダオミン!

ⅠやⅡでは観られないトニーレオンの気を許した笑顔がたくさん。
潜入捜査を命じられなければ、普通の人間らしい刑事でいられたんだろうなと
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

4.1

トニーレオンがいい。

ふとした表情や仕草が秀逸、
あとやっぱりカッコいい。

1度観て終わり、はもったいない。
2回3回と観るにつれ、初めわからなかったところが理解できたり隠れていた伏線に気付いたり
>>続きを読む

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

3.8

重いテーマが万人に観やすく作られているので、リアリティに欠け物足りないと感じるかもしれない。

「ミンジ、生まれ変わったら幸せになってね」

生まれ変わらなくてもいま現在を幸せに生きる権利があるのに。
>>続きを読む

フォース2(2016年製作の映画)

3.6

所々荒削りだけど何も考えず一気に観ることが出来る。

インドは美男美女ばかりだなあ。

ブダペストの街並みが観られるのもよき。

太陽の下で 真実の北朝鮮(2015年製作の映画)

3.5

ウソで塗り固められた国、国民。
現在のジンミちゃんもロボットみたいな大勢のうちの1人なのだろうか。

朝鮮舞踊が上手く踊れない悔しさの涙。
最後の場面も声を出さず感情を押し殺して涙を流すだけ。

ぎゃ
>>続きを読む

鵞鳥湖の夜(2019年製作の映画)

3.3

色やにおいや暗さが◎

独特とか個性的とか、雰囲気のある作品だけれどもそれ以上のものはない。

映画としてのストーリーや描写はもう一歩。

寝落ちしてますます内容がわからなかった。

グイルンメイ目当
>>続きを読む

薬の神じゃない!(2018年製作の映画)

4.2

テンポよき。
韓国映画のよう。

中国でもこんな映画が作れるとは。
この作品が中国の検閲を通るとは。
この映画が中国でヒットするとは。

しかも敵国インドをあんなに友好的に正当に表現している。

びっ
>>続きを読む

きっと、またあえる(2019年製作の映画)

3.6

主役のスシャント氏へ、お悔やみ申し上げます…。

映画ではあんなにキラキラしていてますます今後が期待されていたはずなのに、ボリウッドの縁故主義の闇の深さ。

ストーリーは期待しすぎた感、でもラストの今
>>続きを読む

ぶあいそうな手紙(2019年製作の映画)

3.8

優しい映画。

音楽がとてもよき。
全体の雰囲気や空気感もよき。

久しぶりに「映画」を観た気がする。

舞台は南米なのに、何となくバルセロナの街並みを思い出す。

南米でも太極拳するんだな。
ワイン
>>続きを読む

ファヒム パリが見た奇跡(2019年製作の映画)

3.7

心温まる映画。
子役達の配役抜群。
メガネの女の子がキュート。
チェスが強いライバルの子もカワイイながらもいやな演技が上手。

お父さんもファヒムも魅力的でずっと目で追ってしまった。
あとチェス教室の
>>続きを読む

追龍(2017年製作の映画)

4.0

ドニー・イェン、いい人。
悪なんだけど、カッコいい。

イップ・マンよりこっちのほうが何百倍もステキ。
若作りウイッグ似合ってたと思う。
人情ある賀来賢人。

編集の雑さや荒削りな面はあるけれど、兄弟
>>続きを読む

青春神話(1992年製作の映画)

4.1

80年代の日本のような感じだろうか。

汚くてごみごみした、じとじと暗くて刹那的で混沌とした、不安定で危うい感じの生々しい空気感。

排水口から溢れる水の中を平気で歩く。
冷蔵庫から出して臭いを嗅いで
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.3

うーん
ジフニの演技は思ったほどではなかった。

彼の演技をデビュー作の宮から知っている者としては上っ面の薄っぺらい演技にしか見えなかったが何故だろう。

まるで迫力が感じられず。
あのくらいなら普段
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.0

誰もがゆったり穏やかな気持ちで楽しめるエンターテイメント。

こういうピースフルな映画は大事。

ジェシーの存在感。
本当に惜しいです。

悲しみより、もっと悲しい物語(2018年製作の映画)

2.8

これは久々に退屈な駄作。
韓国版は未見だがこういう脚本は韓国のほうが断然上手いだろう。

ここからは個人の感想。
リウイーハオ目当てだったが絶対に短髪がいい。あの汚らしい髪型でトーンダウン。
アイビー
>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

3.8

マックスチャン目当て。
やっぱりカッコいい。

ただのアクションだけでなく、
人間らしいストーリーを入れ込んで来るので感情移入しやすい。

ドラゴン×マッハ!(2015年製作の映画)

4.0

香港ノワール。
暗く重く救いが無く息が詰まる。
けれどもラストは割と軽かった。

なんと言ってもマックスチャン!
どんなアクションでも端正な表情が崩れない。
姿勢、構えや佇まいがスマート。
クール。
>>続きを読む

サイゴン・クチュール(2017年製作の映画)

3.5

ポップでキャッチーでオシャレで元気。

主役も母役もライバル役もカワイイしキレイ、キラキラ。
何も考えずに観られて、鑑賞後は元気になれる。

こういう作品を作る今後のベトナム映画に期待。

淪落の人/みじめな人(2018年製作の映画)

4.0

良作。

人の良い面を上手に表していて心温まる映画。

サムリー、良い役。

ワイルド・シティ(2015年製作の映画)

3.5

香港らしい香港映画。
香港映画に良くあるこういう鬱々とした感じ、これからも無くならないでほしい。
渡航や入国制限のある今、香港の街並みが思い出され懐かしい。
韓国ほどやり過ぎない傷め方がリアルで◎

スキャンダル(2019年製作の映画)

4.3

劇的な結末を期待していた人、女性が声を上げてここまでの結果を導くことがどれだけすごいことなのか考えて下さい

つまらないとかレビューの低い人、経験がないとか全く理解できないとかより添えない時点で、この
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

3.5

タップダンスという視点がまず良い。
韓国映画の斬新さ。
国土面積は小さいのに映画の規模は大きくいつも感心させられる。

ダンスシーンは引きで見たいと思わせつつ、最後にしっかり見せ場を持ってくる。

>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

3.5

何も考えずに観られる作品。テンポ良く、コメディとシリアスの緩急が上手いのはさすが韓国エンタメ。
悪役もいなくて爽やかに観られるのが良い。ボルダリングやドローンなどを演出に使うアイデアもすごい。
エンド
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.0

何故パルムドール?高評価が解せない。もっと良い韓国映画はたくさんある。
伏線が回収されておらず、何とも中途半端で消化不良。石や女子高生とのいきなりの密接や闇を抱えた設定の金持ち息子や旧家政婦と現家政婦
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

2.8

前評判が高過ぎたせいか、思ったよりは普通。3分の2は寝落ちして最後のクライマックスしか観られず。
面白いのはわかるが奇をてらいすぎ、ウケに走っている感。アクションシーンの長さも辟易。
もっと面白い韓国
>>続きを読む

>|