ねこさんの映画レビュー・感想・評価

ねこ

ねこ

映画(82)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

search/サーチ(2018年製作の映画)

2.8

ドラマで良かった感。映画の必要性があったのか…。
テレビの中の話を観ている感じで感情移入が出来ず、余韻もなく、展開に無理矢理感もあり。
二転三転ストーリーは見応えあり。

藍色夏恋(2002年製作の映画)

4.0

さわやかで甘酸っぱくて懐かしくてキュン。何気ない風景や雑音、空気感がきれいすぎず整いすぎず素朴で◎ 当時の台湾の様子がどこか懐かしい。既視感は自分の学生時代と重なるからか。初々しく瑞々しく、脆く儚いあ>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.8

ユンゲサン、ロバート秋山か、とある宗教団体のボスにしか見えないがさすが巧い。誕生会の馬乗りで刺す場面、見せ場を3段階で表現。うまい。空港での対決で最後、声を上げ殴られ倒れる場面、倒れ方がうますぎる。ユ>>続きを読む

29歳問題(2017年製作の映画)

3.8

いきなりファンタジーのラストがもったいない。香港女子の生活や悩み、仕事などを垣間見られるので香港好きには興味津々で、日本と変わらないんだなあと親近感。誰もが悩みながら進んでいく過程を見て肩の力を抜くこ>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

2.9

韓国映画は好きだがこの作品は個人的にはイマイチ。二転三転のストーリーやカメラワークは相変わらず引き込まれるが主役2人が残念。ソルギョング、今作は印象が変わり洗練されたが線が細過ぎる故に存在感が薄い。役>>続きを読む

ザ・キング(2017年製作の映画)

4.0

テンポ良し、韓国お得意のカメラワーク、音楽も効果抜群。韓国映画はカット割りや撮り方が新鮮なので飽きずに観られる。多少ストーリーが荒いことと最後いきなりあっさり進むので拍子抜け。それでも総合的にエンター>>続きを読む

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版(1997年製作の映画)

4.2

所々荒削りだが香港のノスタルジーを感じる。香港好きにはかなりハマる。
逐一台詞で細かく伝えなくとも描写だけでも話が進む。センス◎
集合住宅やTVを投げ落とすシーンなど撮り方が秀逸。青春のなまめかしい独
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.3

盛っている箇所もあるのだろうがエンターテイメントとして楽しめる。議会のシーンはカメラワークも加え作り手の見せ場。視覚に訴えるシーンが多々あると例え脚色だろうがやはり楽しめる。
目玉焼きの焼ける音やウイ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

2.7

うーん…
前半寝てしまい後半もちょこちょこ寝た。
世間の評判とは真逆であまりに面白くなかった。
報道の自由を貫いた姿は確かにカッコいいのだけど、演技が…。
軽いというか先が読める演技で、久々にエンドロ
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.3

予想外に明るくテンポ良く進むおかげで深刻にならず軽く観られる。
もちろん本人の努力や苦しみは計り知れないが、周りに恵まれたことも大きい。
マックスの人柄良すぎ。主人公よりマックスの言動や行動にばかり目
>>続きを読む

インサイダーズ 内部者たち(2015年製作の映画)

3.3

ビョンホンの存在感がすごい。
おかげでラストのチョスンウが、やっていることはすごいけれど薄っぺらく感じ物足りなかった。
話が二転三転する韓国映画の脚本には感心。

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.4

あの2人を除き皆が生存していたとは、この夫婦の行動が如何に称賛すべきことだったか。
それでも6%…。
戦争のむごさをいつの時代も忘れてはならない。
イエジクが生きていて良かった☆
リシュが丸くなってい
>>続きを読む

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

3.5

自分の人生にこんなにも愛情を注ぎ注がれる時が来るのだろうか。

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.5

ハチャメチャで先が読めるけれども深い映画。生き方を考えさせられる。悩んでいる時に元気がもらえる。曲も◎

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.2

見ていて痛々しい主人公。もっと穏やかに生きられたら楽なのに。ああいう生き方しかできない人は大変だなあ。仕事もプライベートも人間らしくありたい自分への戒めになる。
最後のどんでん返しはお見事、スカッとし
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.3

ただただボブに癒やされた☆
動物が与えてくれる癒やしは最強☆
動物にも気持ちはあって、言葉が通じなくとも人間と心を通い合わせることが出来るということ。

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.2

あの人数でナチスに勝つ訳がなく、でも彼らには投降や諦めの選択肢はなく、死ぬ覚悟で最後まで戦ってこそ軍人という信念に、ただただ呆然とした。
いつでも自決できるよう誰もが青酸カプセルを当たり前に常備してい
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.0

思っていたよりもあっさり、軽い感じ。細かなところは突っ込まずにさらっと観る映画。ケビン・コスナーが良かった。

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.0

自分には人生の最期を一緒に過ごせる友達がいるかを考えながら観賞した。フリアンとトマスの友情はほっこりして羨ましい。死が間近でも日常は淡々と進み、自分が死をどう受け入れるかで残りの人生を有意義に過ごせる>>続きを読む

潜入者(2015年製作の映画)

3.1

登場人物の見分けが付かず、もやもやしたまま終わった。敵と信頼し合う程になるまでの流れがイマイチ薄い。捜査官を持つ家族の辛さが切なかった。

あの日、兄貴が灯した光(2016年製作の映画)

3.4

チョジョンソク、細かいところまで演技上手。ストーリーはご都合主義、普段の韓国映画より荒さも目立つ、それでも泣かせるのはさすが。コンビニの彼の伏線はうまいが雑。

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.0

怪獣映画の類は一切観ないけれどマットデイモンなので。
怪獣に関してはまあ予想通りの展開、ラストが雑。アンディラウとルーハンのシーンは思わず泣けた。
中国の戦法や音楽や衣装などはスケールが大きくて◎、マ
>>続きを読む

>|