tanuusagiさんの映画レビュー・感想・評価

tanuusagi

tanuusagi

THE GUILTY/ギルティ(2021年製作の映画)

3.3

オリジナル観て日が浅いからまだ観ないでおこう!と思ってたのに結局観てしまった。ジェイクの吸引力。。

こんな低予算で行けそうなワンシチュエーションものをNetflixが一体いくらかけて作ったんだ?ほぼ
>>続きを読む

奴隷の島、消えた人々(2015年製作の映画)

2.8

元の事件が酷い話のものだけに、何故そこにこんなフィクションをのせたのか…??という疑問が拭えません。

あと韓国作品の女性って結構この手のタイプで描かれることが多いのが不思議です。そんなにゴリゴリ推し
>>続きを読む

エンド・オブ・ウォッチ(2012年製作の映画)

3.6

現実もそうなのかもしれないけど、違う人種たちでの抗争による無駄なドンぱちで無駄に残酷に無駄に死んでいく人が多くて、すごく原始的な世界だと思いました。

そんなに好きな類のものじゃないはずなんだけどとっ
>>続きを読む

最強ロマンス(2007年製作の映画)

2.0

とにかくイドンウクの髪の毛じゃくじゃく切りまくりたい。

世界にひとつのロマンティック(2015年製作の映画)

3.0

ジェイクギレンホールを観たいというただそれだけで。
こんなの演ってるのと近い時期にノクターナルアニマルズ演るってすごい振り幅でたまらない。

しかしなんだいこの邦題。監督過去作に乗っかりすぎやん!

その怪物(2014年製作の映画)

3.0

リアクションに困る映画て感じでした。

びっくりするくらい強めにコミカルシーン差し込んでくるかと思いきや、ベタなホラーかサスペンスのような音楽で緊張感を煽る感じとか🤣
ゴウンてもう拭いきれない賢さが滲
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.3

エンドロール観てる時にはらはらと涙がこぼれて、これはこの先折に触れて思い出す味わいの深い映画だなぁと思いました。

観ている時からもうずっと「いい!」って思うものと、観てる時はふわぁっとしていて穏やか
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.9

結局のところ大人ってやっぱり何枚も上手で、みっともないところも終わっとるところも含めて大人にゃ敵わないんだわ…って、10代の頃痛感して悔しい気持ちになったけど、そんな頃の情景を愛のある視点で描いてくれ>>続きを読む

エベレスト3D(2015年製作の映画)

3.2

ジェイクギレンホール出演作をガシガシ観よう計画中。スコット役にジェイクはとてもピッタリしっくりでした。
難波さんという存在を私は知らなかったのだけど、会社勤めしながらスポンサー付けず自己資金だけで登り
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.2

宇宙が舞台の映画って、宇宙でまずいことになることは概ね確実で、そこから平和に終わるか更にまずいことになるかの二択であることも概ね確実で、じゃぁその過程でどうやってどれくらい楽しめるか?ってことがポイン>>続きを読む

監視者たち(2013年製作の映画)

2.8

私はソルギョングに釣られてしまいがち…

能力ずば抜けたプロたちで作られてる特殊捜査部隊がプロ犯罪組織と対決っていう、普通の王道警察ドラマでした。

このチョンウソンの役は、チェイスでARATAが扮し
>>続きを読む

反則王(2000年製作の映画)

3.5

ソンガンホは20年前から味わい深かった。
冴えない男の哀愁が漂うコメディって好きだなぁ。

鋼鉄の雨(2017年製作の映画)

3.7

善も悪もどっちもバリバリいける役者さんばかりをドドドーン!と集結させて終始ハラハラさせつつ、あちこちにちょいちょいユーモアも散りばめていて、万人楽しめる映画!っていう感じ。
相容れぬ者同士が徐々に心通
>>続きを読む

8番目の男(2018年製作の映画)

3.8

おもしろっ!!
音楽含めて、コミカルとシリアスのバランスが絶妙だし、それぞれの生き方が随所で滲み出てくるような描き方も好きです。

そして何よりムンソリ…力強いのにすっきりしていてくどくなくて、観入っ
>>続きを読む

王の預言書(2018年製作の映画)

2.7

息抜きでウヒとヘインが見たかったので。
ヘインはイケメン役じゃなくてこっちを先に見たかったな…

静かなる叫び(2009年製作の映画)

3.9

ドゥニヴィルヌーヴ作品らしい映像と音楽、じりじりとした感じ。犯人もヴァレリーもエリックも、どの立場からみても胸が潰れるような苦しさがあって、70分ちょっとの間、何度も意識して息を吸いなおさないといけな>>続きを読む

青い塩(2011年製作の映画)

2.9

もちろんソンガンホ目当てで。
好みではなかったけど悪くなかったです。
90年代の日本の映画みたいな雰囲気がありました。

弁護人(2013年製作の映画)

3.5

「日本の皆さん、この映画に期待と声援を」というソンガンホのコメントが冒頭に入っていて、なかなかどうして珍しいなぁと思いましたが、そうか、これは盧武鉉がモデルなんですね。
朴槿恵政権下での公開、なるほど
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.9

よくこんな映画作ったし、みんなよく出演したな…。そしてこれが30000人以上にマークされてるってことも普通に考えたらだいぶすごい話だと思う。

視聴前も視聴後も、やはりこの役はシムウンギョンしか考えら
>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.1

すごくなんとなく見始めたもののよかったです。
石井杏奈ちゃんはソロモンで見て気になっていたけど、やっぱりこういう役をガツンと演じるタイプなんだなぁ。
そして相手役が中川くんというのはナイスキャスティン
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.7

見えないから余計に緊迫感あるし、受け手が自分で画を創りながら視聴する必要があるっていうのも刺激的でとても面白かったです。
北欧感のあるじっとりした雰囲気と構成もよかったし、最後のシーンで夜が明けている
>>続きを読む

マイ・ブラザー(2009年製作の映画)

4.0

存在すら知らなくて、たまたまジェイクギレンホール作品として目にとまったっていうだけで何の気なく観てしまったんだけど、これは…思いがけずよかった。

戦争っていうのは仮に生きて帰ってきたからって元通りじ
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.3

これ長年「産まれた瞬間からブラッドピット」なのかと思っていてなんか抵抗があったんですが、じわじわと魅力が滲んできて良かったです。

しかもティルダスウィントンもケイトブランシェットも揃ってるなんて贅沢
>>続きを読む

甘酸っぱい(2021年製作の映画)

3.3

予告編見て「知ってるワイフ」的な雰囲気のかなぁー?と思ってボーッと見始め、見終えようとしたとこで「!」てなりました。
そういう感じなのね!わーお!

孤独なふりした世界で(2018年製作の映画)

3.4

この頃SFが気になってる流れで視聴。
静けさとか画の美しさとかエルファニングと主演の俳優さんのお芝居とか、色々細やかでとても良かったです。
でもだからこそ何かこう、、、ストーリーが薄味すぎるというか特
>>続きを読む

チャ・インピョはどこへ消えたのか?(2019年製作の映画)

2.2

ちょーっとやりすぎじゃないですかこれ??

ぽやーっと観られるコメディと思ってたんですが学生演劇部の演出みたいで逆に疲れてしまいました…

ある母の復讐(2012年製作の映画)

1.8

結局泣き寝入りしかないという酷い実態はわかりますが、映画としては魅力なしでした。
制作陣、浅はかすぎやしないか。。

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

3.7

人間、生きて死ぬだけなのにどうして私たちはこうもくだらないことに一喜一憂して、怒り狂い、嘲り、奢り、自尊心ばかりを後生大事に育ててしまうんだろ。って気持ちにさせられました。
思いもよらないところで思い
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.2

長い長い喪の作業。
私は生き直しの物語がとても好きだけど、これはそうそう容易く清々しさを感じさせてはくれないところがとてもいい。現実に起きる変化は緩慢だもの。
溜まり続けているものをなんとか消化しよう
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.7

ルーのヤバさはゴーンガールのエイミー(ロザムンドパイク)のそれに似ている気がする。
ジェイクギレンホール大好きな私でも、ルーの姿を見る度に胃がズーンと重たくなるような嫌な気持ちにさせてくるところ、ほん
>>続きを読む

ピンクリボン(2004年製作の映画)

3.0

青山真治AAのピンク版て感じ。
少し前に見てどうしても解せなかった「火口のふたり」がかつての日活ロマンポルノ的だという情報を得て、日活ロマンポルノて一体どういうものなのかっていう疑問が湧き、また大好き
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.5

あー、見たくない。他人のそんな姿見たくないだよ…っていう姿をみんなが晒す感じ、私はアメリカンビューティーのその感じを思い出しました。

キルステンダンスト目当てというだけで前情報ほぼ無しに観たので最後
>>続きを読む

百万長者の初恋(2006年製作の映画)

2.0

息抜きにと思って見始めたもののこれはシークレットガーデン級に見てて恥ずかしいやつでした。。
可愛いのに普通っぽいっていうイヨニの初々しさは、あまちゃんの時の能年玲奈を思い出させます。あとヒョンビンの髪
>>続きを読む

ハウスメイド(2010年製作の映画)

3.7

あらすじとかポスターデザインとかがうーむって感じなので、チョンドヨンとユンヨジョンが気になってリストに入れながらもずっと放置していたけど、イメージするよりかずっと良かったです。

韓国ってこういう格差
>>続きを読む

私を信じて -リサ・マクヴェイの誘拐-(2018年製作の映画)

3.0

「実話に基づいた映画です」って感じの映画です。
ケイティーダグラスの理知的で意志の強い女の子役は結構ハマっていて見事でした。

155センチって他役者と並んで画面に映るとこんな感じなんだなぁ…

>|