taroさんの映画レビュー・感想・評価

taro

taro

映画(32)
ドラマ(1)
アニメ(0)

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

カーターの最後の手紙の内容が物語のまとめにすごく良かった。laugh till i cryの伏線回収はすごく面白かった。
100分弱とすごく見やすい名作。

クリスマス・クロニクル(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

アメリカのクリスマス文化がわかる。ドタバタ劇が面白く、ジブリのような安心感もある。伏線を回収する終わり方が良かった。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.6

逃亡劇がとても鮮やかでスリルがあって面白い。ユーモアのある描写で飽きない。キャラが少なく話が理解しやすかった。お父さんは少し不憫だった。美女がたくさん出てくる。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.0

プーさんかわいい。十分ストーリーに引き込まれた。クリストファーロビンの状況にちょっと心がざわついてくる。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

自分らしくいること、人のよさをありのまま受け入れること、子どもは素直だからなおさらこれらは難しいけど本作の子どもたちはオギーを中心にこれを実践してくれた。
特にジャック!1番印象的なキャラだった。
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ミリオネアの問題が以前自分が経験したことっていう設定がずっと飽きずに面白い。設定の勝利。
主人公と兄との関係は感情移入できる。インド映画はやって欲しい展開をしっかりやってくれる。

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.7

面白かった。世界観の設定の紹介だけで飽きずに観てられる。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

ノンフィクションならではの緊張感。音楽に引き込まれるが、観た後に感じるものは少なかった。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.9

個人的にお気に入り。最初はアニメっぽい言い回しの違和感があって入り込めなかったが、最後の方はストーリーに集中できる様になった。絵がきれいで爽やかで、世界観もちょっと不思議で妖しくていい。

ソラニン(2010年製作の映画)

3.4

宮崎あおい可愛すぎる。逆に言うとこれしか思い出せない。

NANA(2005年製作の映画)

4.2

思い出の作品。神曲。1番かわいい古臭さ。
宮崎あおいかわいい。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.2

歳も近く感情移入しやすい描き方。絹ちゃんの方が大人になりきれず、停滞していた。セリフや演出にに少し臭すぎる言い回しが多々あった。

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.4

確かに面白い。アクションがすごすぎる。リアルだから緊張感ある。
感動はあまりない。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

Dr.シャーリーがトニーに手紙の書き方を教えてる場面が面白い。ラストにDr.シャーリーがトニーの家に来る場面は名シーン。終わり方すっきり

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.2

プレゼントを買うところのコントと紙芝居の部分が個人的名シーン

ナショナル・シアター・ライヴ 2020 「リーマン・トリロジー」(2019年製作の映画)

4.7

初めて本物の演技というものをみて驚いた。全然長くないし面白くて歴史もわかってすごく良かった。3つの空間と3人の俳優、ピアノのみで全然飽きることなかった。

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.8

新海誠の映画で1番面白かった。御茶ノ水がしっかり出てきた。めちゃくちゃリアル。お母さんの話も良かった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

数年経っても思い出す名シーンがたくさん。サントラがめちゃくちゃいい。

14歳の栞(2021年製作の映画)

2.0

意外とリアルすぎても面白くないし、思い出すことはできても感情移入はむり。途中寝てしまった。<普通の>中学生なんてないし、中学生代表で1クラス持ってくるのは難しい

さかなのこ(2022年製作の映画)

3.8

笑いどころがあって気楽に見る映画。話は単調だけど、のんがとにかくかわいくてずっと見れる。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.7

医学部の精神科実習で視聴。
完璧な作品。終わり方もいい。
名言多い

RRR(2022年製作の映画)

4.3

インド映画で1番規模の大きい作品。大抵のとこはどうにかなるし、ハッピーエンドが約束されてる。各シーンで必ずメインシーンがある。3時間以上は流石にちょっと長い

アルゴ(2012年製作の映画)

4.1

話わかりやすい。演出が緊張感あって面白い

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

4.0

公開日視聴。ウタが良かった。ワンピースの映画としては新しくてよかった。

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

原作ファンの期待を超えていった。映像の滑らかさがすごい。アニメっぽい違和感がほぼない。サイドストーリーもリョータの家族がバスケを通してソータの死を受け入れて行く過程が熱い。リョータのドリブルこそチビの>>続きを読む