堀あいえashimoさんの映画レビュー・感想・評価

堀あいえashimo

堀あいえashimo

元・映画ライター。衣装研究者。

映画(14)
ドラマ(0)

KUSAMA: INFINITY(原題)(2018年製作の映画)

4.5

入り口からアートな空間。

色んな時代、色んな草間さんの顔に出会える映画。

外国の女性監督が撮っている。

もう一度観たくなる映画。
草間さんは、心の友だち。

草間さんの話を聞いていると、草間さん
>>続きを読む

ニューヨーク 最高の訳あり物件(2017年製作の映画)

3.0

前妻と現妻(別れそう)の女性が同居するというシチュエーション。しかも同居物件がラグジュアリー物件という。

アートギャラリーみたいなスペースの物件をめぐって繰り広げられるふたりの女性の会話劇が面白い。
>>続きを読む

イメージの本(2018年製作の映画)

-

相変わらずゴダールらしい映画であった。

そんな予感はしていたし、分かっていたのにまた観てしまった。

最近アニエス・ヴェルダは亡くなったけれど、彼女の遺作にも登場したゴダール節。健在。

土曜の昼な
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

good
ガールフレンド役の女の子が印象に残ってる。着ていた服も可愛かったし。
ガールフレンドと主人公が登場してはじまる最初のシーンは、まるでエリック・ロメールの映画の始まり方のようだった。

ピアノ
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

-

good
主人公の恋愛観が不気味すぎるし、その恋愛観には全く共感はできないのだが、衣装の素晴らしさから目が離せない。不気味なラブストーリーのなかでこそ美しさが際立つ衣装かな。なんだか不思議な映画をみた
>>続きを読む