pikaさんの映画レビュー・感想・評価

pika

pika

スコアは0.5点刻み
アイコンはフランソワーズ・ドルレアック

映画(1445)
ドラマ(7)

エヴォリューション(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

斬新な異種間交流!?
とにかくご飯が不味そう!!おえー!!

単体では子供が作れなくなった人魚みたいな女たちが病気と偽って少年たちを閉じ込め、自分たちの子孫を生育させてるのだろうか。
単体生殖を目指し
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.5

好きな人は好きなんだろう、色々と丁寧に仕掛けが張り巡らされているし小難しい諜報戦を補って余りあるヒロインの魅力に魅せられるしアクションもふんだんでクオリティ的には良いものなのであろうとは思うけど全然面>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

5.0

評価高いし期待していたけどそれ以上だった。良すぎる!最高すぎる。
生きるのに直接的に不必要だが生活を彩るアイコンを印象的に用いる魅力、それ以上に生きるということをこのような形で映画で語る芳醇さは至高の
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.5

話題になっていて友人に「どんな映画なんですか?」って聞いても「上手く説明できない!」と言われ見てみたが確かに形容しようがないジャンルのごった煮感で、ジャンル物のベタなお約束を踏襲しながらも様々なジャン>>続きを読む

ハードエイト(1996年製作の映画)

4.5

虚構のドラマ然としたおとぎ話のような導入から始まり、すぐに心掴まれてグイグイ持っていかれる娯楽的な面白さから後半、どんどんと生々しく人間臭い感情が奥底からえぐり出されていく展開がめちゃくちゃ面白い。>>続きを読む

モード家の一夜(1968年製作の映画)

5.0

台詞なく主人公の日々の行動を淡々とカッティングしていくオープニングだけでも面白いが喋りだすと尚の事最高。
インテリな独身男が14年ぶりに再会してベラベラと生き方にパスカルの哲学とキリスト教の宗教観を引
>>続きを読む

勝手に逃げろ/人生(1979年製作の映画)

3.5

ゴダールを見ると疲れるし、面白さの概念が他の映画作品とは違うところにある印象が強く、見る姿勢が問われると言うのか、こちらから能動的に歩み寄らなければ楽しめないような、でもそうは言っても理解や解釈をする>>続きを読む

肉屋(1969年製作の映画)

4.0

火サスか!?2時間サスペンスか!?なベタなサスペンスドラマなのにこの面白さ。
サスペンスにしてはミステリアス感はなく超どシンプルなものではあるけれども、メインディッシュはそこじゃなく、サスペンスを軸に
>>続きを読む

不貞の女(1968年製作の映画)

4.5

初シャブロル。
うぉぉぉぉ!!なんて終わり方なんだ!カッコいい!!!
オープニングから全ての瞬間に意図が含まれ、何気ないシーンも何もかもが生きていて無駄も隙もない!
テンポ良く淡々と端的にストーリーが
>>続きを読む

ママと娼婦(1973年製作の映画)

5.0

長いんだけど見事なほど下がることなくジワジワと右肩上がりに面白くなっていくので飽きないしどんどんのめり込まされる。
ドラマを見せるのではなく価値観を揺さぶる映画は見てる側の固定概念を剥がしていかねばな
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

5.0

うごぉぉ!めちゃくちゃ面白かった!!
なんでこんな史実の難しい話を娯楽作に仕上げられるのか!
史実を描き、実在の人物の情熱や功労を描きながらヘビーな題材であるのに単純に「映画としてめちゃくちゃ面白い娯
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

5.0

「フィフスエレメント」ファンにとってはリドスコが監督した「ブレードランナー2049」レベルのマジかよ!待ってました!なベッソンのSF大作!
期待以上ではなくまさに期待通り!期待以上なんてそんなのベッソ
>>続きを読む

ジェラシー(2013年製作の映画)

4.5

77分でこの密度、洗練されまくり。
娘が出てくる全シーンが最高。娘の存在感も然り、娘がいると演技に見えない。長回しが至高。
必要最低限のカッティングで多分に物語る演出が気持ち良すぎる。

本当に愛して
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.0

世界興収が「アベンジャーズ」を超えたって聞いてそんなに!?とギリギリ滑り込みで鑑賞。
徹頭徹尾よくできてる娯楽作なんだが個人的には長いし飽きるし背中がつって痛くてエンドロール始まってすぐ飛び出したくら
>>続きを読む

並木道(1960年製作の映画)

4.0

デュヴィヴィエ初鑑賞はレオ主演作。
なんたる可愛さ!なんたる愛おしさ!
「大人は判ってくれない」のレオを見て当て書きしたんじゃ、と思うくらいレオの映画だし当時の若さあふれる瑞々しさをこれでもかと魅力的
>>続きを読む

ラン・ローラ・ラン(1998年製作の映画)

3.0

大昔前に見たという記憶だけがあって、トム・ティクヴァをザッと見てみたのでついでに再鑑賞したんだが、アニメーション演出や道筋ですれ違った人のその後の人生描写、コミカルにタイムループしていくゲームのような>>続きを読む

容疑者、ホアキン・フェニックス(2010年製作の映画)

4.0

前に見始めた時はホアキンの出演作をあまり見ていなかったってのもあってイマイチ面白さがわからずすぐに見るのを止めてしまったんだが、最近ホアキンの出演作をガーッと見てきてすっかりファンになって改めて見ると>>続きを読む

トゥー・ラバーズ(2008年製作の映画)

4.0

叙情的な演出が持ち味のジェームズ・グレイで「白夜」モチーフのロマンス映画なんて見る前から切なそう!とビビっていたら、案の定切なく痛く辛い主人公の葛藤や感情がダイレクトに注ぎ込まれて見てられないほど震え>>続きを読む

マイ・レフトフット(1989年製作の映画)

4.0

まさかの2作続けて「家族って素晴らしい」映画だった笑
寝る前に少しだけどんな感じかチラ見してみよーって見てみたら面白すぎて止められず結局最後まで見てしまったくらい面白かった!

生まれながらの脳性麻痺
>>続きを読む

アンダーカヴァー(2007年製作の映画)

4.5

こんな切り口で「何より家族って大事」と語ってしまうとは!安易なジャンル分けに迎合しない映画作りがとても良い!
オープニングからガンガン面白いし、画面の色彩で転調させていくドラマ展開は見事だし、キャラの
>>続きを読む

裏切り者(2000年製作の映画)

4.5

凄い!始まってからずっと面白い!
ドラマの説明もキャラの心情も思考も演出意図も何もかもを、小難しくなくさり気なく、サラリと伝えちゃう綺麗でわかりやすい演出の上手さに感動!
久々にこれぞ腕前!みたいなセ
>>続きを読む

ラスト・オブ・モヒカン(1992年製作の映画)

3.5

いい意味で娯楽的な抑揚なくポンポンとタイトに展開していて意表をつかれつつ中盤はちょいと眠気に襲われたが、それらはクライマックスのための布石、引き潮だった!というくらい同じテンションなのにクライマックス>>続きを読む

プリンセス・アンド・ウォリアー(2000年製作の映画)

3.5

全体的にダラダラしていて130分は長いとは思うけど主題そのものが最後までイマイチよくわからないと言うか、ジャンル分けできない展開で先が読めない独特な雰囲気が結構面白い。
これはハッピーなのかバッドなの
>>続きを読む

マリアの受難(1993年製作の映画)

4.5

キター!これが見たかったんだ!トム・ティクヴァ!!トム・ティクヴァ監督には「一人の人間の生涯」だけを撮っていて欲しい!などと身勝手な願望が沸々と湧くくらい「パフューム」然り今作然り、ティクヴァ監督のこ>>続きを読む

ブック・オブ・ライフ(1998年製作の映画)

3.5

すげぇ笑
比喩や抽象もなく直接的にガツンと終末を描いちゃう気概に感動した笑
直接的過ぎてネタみたいに見えてくるところもあり、全然違うんだけどギャグのない「聖☆おにいさん」と言ったら怒られそうだけど何と
>>続きを読む

愛・アマチュア(1994年製作の映画)

4.5

ハル・ハートリーを一気に見てきてよく聖母マリアの絵が出てくるなぁと感じていたが、今作では死んだと思われた男が記憶喪失になって蘇り、修道院に15年いた処女で色情狂の女と出会うっつーキリスト教云々を象徴す>>続きを読む

はなしかわって(2011年製作の映画)

4.5

うぉー!なんていい映画なんだ!!
作家性がツボだからなのか、一瞬にして映画に引き込まれて惚れてしまった!ちょーたまらん!

住所不定で彼女の家を転々とする中年男。
服は一着、残高3000ドルの口座は凍
>>続きを読む

シンプルメン(1992年製作の映画)

4.0

音楽がめちゃくちゃ良い!!
ゴダールみたいな政治経済話を繰り広げる感じや「はなればなれに」オマージュのダンスが最高!
レビューで散見するエリナ・レーヴェンソンの存在感と魅力、確かにたまらん!笑

犯罪
>>続きを読む

アンビリーバブル・トゥルース(1989年製作の映画)

4.5

初ハートリー。オススメされたのでまずは初期作から。
始まってソッコーで心掴まれた。何と言葉にしたらいいのか形容できない新鮮な魅力が満載でとにかく好み、とにかくツボ!

誰もが顔見知りの何もない典型的な
>>続きを読む

おかしなドラマ(1937年製作の映画)

3.0

フランス人によるイギリスを舞台にしたスクリューボールコメディ。
野暮ったい展開でキャラたちのパニックとは裏腹に見ているこちらには緊迫感ゼロなんだけどそんな温度差が滑稽で可笑しくて面白い。
が、中盤あた
>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

5.0

有名な古典で映画も存在は昔から知ってたけど自分とは別世界の存在で全く合わない作品だと思ってたけど見てみるもんだな。
ちょー最高!!ちょー少女漫画!!最高過ぎて死ぬかと思った!笑
ラストなんて「耳をすま
>>続きを読む

つぐない(2007年製作の映画)

4.5

おぉ!!面白かった!
少女の主観で感情を共有させながらすぐさまその本意を観客に提示させ、少女の少女たる時代ゆえの葛藤や思い込みを直接的に描写する、と言う前半の視点の切り替えが独特だなぁと見ていたらそれ
>>続きを読む

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

3.5

面白い〜!
小学生くらいの時によく地上波で放送されてて幼心に怖かった記憶しかなかったんだが、改めて見ると隙なし文句なしの愉快なコメディで楽しかった!

オープニングから完全に振り切られたコメディ演出が
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

デル・トロのブレない姿勢に感動。時代を描きながら普遍的な人間の本質を真っ向から見せ、童話的な語り口で辛辣に世の中を風刺する。
まさに真骨頂と言えるドラマだが、ブレずに続けてきたがゆえの円熟した完成度が
>>続きを読む

クロノス(1992年製作の映画)

4.0

「シェイプ・オブ・ウォーター」の予告が最高過ぎたので苦手だったデル・トロを見てみよう④

なんだこれ笑!面白い!
デル・トロ作品は好きなのもあるけどしっくり来ない感じがあって、相性良くないのかなぁと結
>>続きを読む

デビルズ・バックボーン(2001年製作の映画)

3.5

「シェイプ・オブ・ウォーター」の予告が最高過ぎたので苦手だったデル・トロを見てみよう③
デル・トロ曰く「パンズ・ラビリンス」と同様にスペイン内戦を舞台に子供、今作では少年の目線で描いたゴシック・ホラー
>>続きを読む

>|