櫻田佑さんの映画レビュー・感想・評価

櫻田佑

櫻田佑

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

キングスマンキングスマンしてなかったけどだからこそふいに来るキングスマンキングスマンらしさがより魅力的でした。

コンラッドかっこいい。

時代もあってか、少年心ウルトラくすぐりガジェットは出てこなか
>>続きを読む

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

3.6

同じ顔でもそのシーン・状況によって違う感情を感じさせてくれるイ・ビョンホンが凄かった。

事実だけどまあ最初にフィクションって言ってあったしまあまあと思って見てたけど最後の現場写真の本物?見て、オゥ.
>>続きを読む

オアシス:ネブワース1996(2021年製作の映画)

4.0

映画館でoasisを聴けるというだけでご馳走。
天使期のリアムの声。
荒々しさのあるノエル。
Don't Look Back In Angerの時のリアムを映してくれるなんてわかってるじゃないか。
>>続きを読む

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.7

こういう、事実はこうだけど真実はこうかもしれない、幸せはこうだけどその人にとっての幸せはこうかもしれない、みたいな映画観ると酔う。

大前提として犯罪のはずなのにそれがぼやけてきてしまう虚しさ、悔しさ
>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

3.9

いや親父わりとすぐに死体埋めに行くじゃんって思ったけど、そういうことならおけ。

最初の得体の知れないキモい雰囲気。
違う目線で最初からストーリーをきちんとなぞっていって、疑問を少しも残さずにフィニッ
>>続きを読む

ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償(2020年製作の映画)

3.8

この類の映画を観るたびに、歴史を知るたびに「こういう人たちが居たからこそ今の自分がいるのか。こういう人たちを弾圧してきたからこそ今の自分がいるのか」を考えてしまいます。

21歳。短かったのかな、長か
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

3.7

自分の信念に従って行動を起こせる人、覚悟のある人ってカッコいいな。

討論の内容はこれっぽっちも分かんなかったけど。

最後の方でインタビュアーが「『敗北』という言葉で言われたりする事もあると思うんで
>>続きを読む

ロックダウン(2021年製作の映画)

3.1

2人のぎこちない空気を見て、こんな事になってる人たちが世界中でめちゃくちゃいるんだろうなと息苦しくなった。

アンハサウェイかわいい。

展開に驚いたけど全然起こりうる事だろうし、もう起こってる事なん
>>続きを読む

黒い家(1999年製作の映画)

3.4

日本エレキテル連合 中野さんレコメンド。

西村雅彦さん出てくるたびに寒気がして最高でした。

小林薫さんが1番最初に出たシーンの得体の知れない怖さ好きだな〜と思ってたら死んじゃった。

と振り返って
>>続きを読む

カポネ(2020年製作の映画)

3.3

いやトムハーディすごハーディ。

人が亡くなるシーンより、人が弱っていくのを見るほうが辛い。

人参咥えてるシーンが特に辛かった。

(1990年製作の映画)

3.6

見た夢を起きてからまだ記憶が鮮明なうちにすぐに書き記していた時期を思い出しました。

それを繰り返すうちにどんどん夢の内容を覚えるようになって、夢の中で住んでる家とか住んでる街とかよく行く店が形成され
>>続きを読む

ヒットマン エージェント:ジュン(2020年製作の映画)

3.4

ごきげんな映画だ。
あのアニメ演出カッコいいからもっと見たかった。

酔った奥さんかわいい。

食われる家族(2019年製作の映画)

3.3

キモいです⭐️
ずっとキモいです⭐️

「マザー!」を観た時のあの吐き気をもよおすようなキモさを思い出しました。
得体の知れない毒に体を、家族を蝕まれていくようなキモさ。

キモくて嫌な気持ちになりた
>>続きを読む

樹海村(2021年製作の映画)

2.4

車からヌルッと降りてくるだけで空気を一瞬でその人のものにするデンゼルワシントンみたいな俳優さんが最強だと思っていて、もう暗闇からヌッとデンゼルが出てきたら笑ってしまう体になってるんですが、國村さんもい>>続きを読む

15キリングス(2020年製作の映画)

2.1

私が観ました。
みなさんは観なくて大丈夫です。

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.6

空気がずっとキモい。

「博物館を見に行ったら?」と最後の「壁の血の跡は残しておいて」で、この映画が伝えたい事を理解できたような気がします。

ただ空気がずっとキモい。
トニージュニアがやってきた時の
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.1

どのシーンも淡白でただただ時間が過ぎていくように見えるけど、でもそれは外から見てる他人であったり、こうして昔を思い返してみる時の話で。
あの頃の毎日一瞬一秒はきっととにかく激動で、どんなに小さな事でも
>>続きを読む

マルモイ ことばあつめ(2018年製作の映画)

4.1

世の中には知らなくていい事はあるだろうけど知らなくちゃいけない事のほうがたぶん圧倒的に多いな。

犯罪都市のユン・ゲサンめちゃくちゃ怖くてキモくて好きだったけどこの役も好きで参っちゃう。

スンヒが天
>>続きを読む

リトル・シングス(2021年製作の映画)

3.1

「セブンだ...セブン...セブンだ...若くて血の気多めの刑事と...暗闇で見たらほぼ一緒のモーガンフリーマンとデンゼル...セブンだ...うわ...犯人と一緒に...荒野に...セブンだ...うわ>>続きを読む

薬の神じゃない!(2018年製作の映画)

3.9

最後チョンヨンと同じタイミングで涙出ました。

ツァオ刑事役の人の目が、喋らないシーンでも「この人今何考えてるんだろう」と思わせてくれる哀愁を持っててすごいカッコよかった。

勉強してないだけだけど知
>>続きを読む

残された者-北の極地-(2018年製作の映画)

3.6

1人のおじさんがずっとハァハァゼェゼェ言っててそれを全然ずっと観れる映画。

陸でも海でも宇宙でも、どこかに1人取り残された系映画は息が詰まって辛くて目を背けたくなるけど、どうにか助かって欲しい、救い
>>続きを読む

トスカーナの幸せレシピ(2018年製作の映画)

3.9

前科あったり血の気が多めだけど腕だけは確かな料理人系映画好きのみなさんにぜひ。

「俺はオナニーの熱烈な信奉者だ」
将来子供が出来て、そういう年頃になったら父親としてぜひ言いたいセリフランキングに入り
>>続きを読む

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

3.7

団体の奴らが家に来てた時の空気がほんとに気持ち悪くて最悪だった。

守護教師(2018年製作の映画)

3.4

UFOキャッチャーのシーンだけでも観る価値あります。

極秘捜査(2015年製作の映画)

3.3

いや実話かい!史上1番大きい声でいや実話かい!って言った。

時間回廊の殺人(2016年製作の映画)

3.1

ミステリーコーナーに置かないでくれ。
大きい音がするホラーコーナーに置いといてくれ。

>|