おかっぱさんの映画レビュー・感想・評価

おかっぱ

おかっぱ

  • List view
  • Grid view

白いリボン(2009年製作の映画)

3.5

張り詰めた空気感が終始流れていて、ストーリーの顛末を見るまで緊張しながらの鑑賞。
父親の教えに怯えながらも、それに反抗する子供たちの表情たるや。いつも思うけど、宗教って自分自身の信仰心が育たないと足枷
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.2

つい先日、地雷で脚を失ったスポーツ選手が、「踏んだ瞬間、目の前の世界が崩れ落ちた。」と言っているのをテレビで見た後での鑑賞。両腕を飛ばされて母親を求めて絶叫していた場面が本当に辛かった。
そんな歳の子
>>続きを読む

よりよき人生(2011年製作の映画)

3.3

「うちは貧乏だけど泥棒はいない」みたいなこと言ってた割に…筋が通ってないー。
あのレストラン、ステキな物件やなぁと観ていての感想。夢も膨らむだろうけど、結果オーライなら良しなんかな。お金絡みの苦労がひ
>>続きを読む

少年モン、本当の名前は知らない(2015年製作の映画)

3.0

こんな状況に置かれた子、どれぐらいいるんやろ。自分の生い立ち云々言ってるセリフがあったけど、女の部分が母親になることを阻むんやろね…

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

3.8

「怒りでは幸せになれない。」
まったくその通り。きっかけはどうであれそれに気付くことが出来たのが救い。

弟くんはもっともがき葛藤するのかと思ったら、兄貴の話を聞いた途端改心しとるし。これまでの流れが
>>続きを読む

神のゆらぎ(2014年製作の映画)

4.8

観た後もずっと考えていた。群像のひとつひとつを反芻しながら、未熟ながらも丁寧につなぎ合わせる作業をしていた。

それぞれの選択がひとつの結果に辿り着く過程が描かれている中で、エホバの証人が取り上げられ
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.8


「こんな風に自然の中で自立させる子育てできる能力が自分にもあればなぁ…」って前半は思って観ていた。確かにみんな博学で並外れた身体能力の持ち主でスゴイ!カッコいい!だけど。
ん?ちょっと偏りすぎやしな
>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.7

数週間前に観て、カズオ・イシグロの名前をこのタイミングで思い出すとは!作品も良かったですが、ノーベル文学賞受賞おめでとうございます!

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.3

なんでみんなこんなにイラついてる?退屈な田舎町を出て成功したルイへの妬み?反りが合わないから出て行ったのかなー。それでも決心して家族と向き合う努力をしたルイは責められる理由などない!

キャストの演技
>>続きを読む

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

4.0

ずっと「自分にとっての真の友達」って?がテーマにある私にとって、この2人の関係は本当に羨ましい限りだなぁと。

最近身近な人のSNSを覗いては妬んだり凹んだり…この2人の間にはそんなものは超越して全部
>>続きを読む

フェンス(2016年製作の映画)

3.1

あんな父親いやだー!あんな夫婦生活送っても最後は認める奥さん。私には理解できんわ…って思ったけど、最終的に父親以外の周りの人間を団結させるきっかけになったんかなと思えば、それもよし!になるんかな。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.8

うーん。あの夫婦の感じ、自分とダブるー!本音をぶつけられずにお互い外に安らぎを求めるとことか笑。夏子は自分の地位も確立して、作家の妻という一見何不自由ない立場だけど、団地住まいの所帯染みたあっけらかん>>続きを読む

皆さま、ごきげんよう(2015年製作の映画)

3.5

フランスの皮肉や風刺が満載の作品なんだろうなぁ…と感じながら観てたけど、そこに明るくない私には些か難解だった。色々反芻してみたいと思わせる作品、かな?

ソウル・キッチン(2009年製作の映画)

3.9

催淫性デザート食べた税務署員…笑ったわー!
あんな店あったらいいなぁ…

スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方(2014年製作の映画)

4.1

好きやー!こんな兄弟関係。めんどくさい癖とかお互い抱えながらも双子故?の深いところでの繋がりが出来てるのが羨ましいなぁ。じわじわくる作品。

ルーム(2015年製作の映画)

3.8

産まれてから一度も外の世界に接したことがないという事実は、当たり前の世界を知っている私達からしたらとてつもないことだけど、ジャックにしたらあの「ルーム」が当たり前の世界になっていた訳で…

初めて空の
>>続きを読む

サンシャイン 歌声が響く街(2013年製作の映画)

2.6

うーん…ミュージカル仕立ては無理かも。
フラッシュモブ的なのもハッキリ言って嫌い。

「la la land」観たいなぁって思ってたけど大丈夫かなぁ?観た人のレビューではミュージカルが苦手な人もこれは
>>続きを読む

消えた声が、その名を呼ぶ(2014年製作の映画)

3.8

いつも映画を観ていて感じるのは家族の絆の強さ、執着。この話に日本人は当てはめられないなぁ…と。
壮絶で過酷な長い長い旅路。話せないまま異国を渡り歩く不安も、娘に会いたい一心で淡々と乗り越えていく姿。
>>続きを読む

25時(2002年製作の映画)

3.8

哀しすぎる一日…
イキっててもやっぱり7年もお務めは怖いんだなぁと。
フィリップ・シーモア・ホフマンいいなぁ。

ホテル・ルワンダ(2004年製作の映画)

3.9

同じ人種がくだらない理由で分断され憎みあう。不毛な流れに巻き込まれ、無念の死を遂げる…
とんでもない数の命が奪われる結果になった出来事や、その中で必死に人々を守った彼らの事をもっと知るべきだと思った。

僕が星になるまえに(2010年製作の映画)

3.4

ガンの痛み、苦しみが見ていて息苦しくて…あんな風にさらけ出して罵りあっても5分後には仲直りしてる関係って羨ましいな。そんな仲間だからあんな無謀な旅にも付き合ってくれるんだろうし。
痛いのに笑ったりして
>>続きを読む