イツキヨウさんの映画レビュー・感想・評価

イツキヨウ

イツキヨウ

ウィッカーマン(1973年製作の映画)

3.6

やたら下世話なカルト宗教を信じる島民たちに翻弄される本土からきた男の話
常識があまりにも通用しなさすぎる
意外と歌唱パートが多いため、カルト宗教ホラーとみせかけた、カルトミュージカル映画
この時代にみ
>>続きを読む

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

4.0

ヴェノム単体作品第2弾

多くは語れないが、軽いノリのダークヒーロー作品として満足度は高い
ただ、肝心のヴェノムの造形が可愛く見えてくるのは良くも悪くも…といった気がする
個人的には怖さが足りないが、
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.4

これまでの作品へのリスペクトを感じる作品だった
一時よりもスプラッター要素は減ったが、その代わりにミステリー要素が増えている
シリーズが長く続きすぎたが、本作だけ観てもなんとか楽しめるのでは?と思うス
>>続きを読む

悪なき殺人(2019年製作の映画)

4.3

前情報有りで見るのならば、2回観るのはどうだろう?と提案したい。
私は前情報0で鑑賞したのだが、情報を1から自分の頭の中で組み立てていくのが面白かった。
最初から置き去りにされ、観るにつれて気になる点
>>続きを読む

パニック・フライト(2005年製作の映画)

3.2

飛行機の真横の席に、教えてもないような自分の情報を知ってるやばめの男が座ってきて、逃げれないという映画
顔の作りは綺麗なのに、サイコパスらさい気持ち悪さが素敵
飛行機の中で観るこの作品は臨場感たっぷり
>>続きを読む

ブラッド・レッド・スカイ(2021年製作の映画)

3.1

飛行機×吸血鬼というハチャメチャ映画

椅子とか鉄を拳でぶち抜きながらの、ヴァンパイアアクションを期待していたのだけれども、全然強くない
その点では期待はずれ、でも、弱いからどうしても吸血鬼を応援して
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.1

序盤の展開には上手くついていけなかったが、カートゥーンを意識したアニメーションに感動
誕生譚であり、継承であるストーリーには胸が熱くなる
後半パートの盛り上がりや主人公の成長には胸が打たれるものがある
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.5

グロリア(アン・ハサウェイ)がとにかく可愛い
アン・ハサウェイが寝て目覚めるシーンが多いんだけど、全部可愛いです

巨大怪獣と動きがシンクロすると気づいて、飲んだくれながらハチャメチャコメディするのか
>>続きを読む

マチェーテ・キルズ(2013年製作の映画)

4.0

前作よりも中身は無いけれども、ここまでメチャクチャなことをされるとB級映画としては最高
視聴者を置いてけぼりにする話の規模のデカさ、次から次に出てくるキャラが濃すぎる敵キャラに、思わず観ていて脳汁が出
>>続きを読む

シャークネード カテゴリー2(2014年製作の映画)

3.3

トルネード×シャークの第2弾
一作目とやってることはあまり変わらないのに、まだ笑ってられる
段々と主人公がVSシャークネードの専門家的になっていく様子に草を禁じえない
バットで飛んでくる鮫を打ち返した
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

3.4

"筋力こそが全てを解決する"そんな作品

前世代的な感性がないと楽しめないのでは?と期待値はかなり低めだったが、結構笑えた
強くてやばい奴だという、説明がもはや不要なほどのムキムキな体
まったく感情移
>>続きを読む

アレックス STRAIGHT CUT(2020年製作の映画)

4.0

オリジナルカットを観て、記憶がまだあるうちに本作を観るのがオススメ
鑑賞前は、時間を逆行するからこその良さがあるのでは?という考えだったが、時系列順に編集されたアレックスもドぎつい
マルキュスとピエー
>>続きを読む

キラー・ジーンズ(2020年製作の映画)

3.5

ジーンズが人を襲う!殺す!食べる!
資本主義社会の汚い部分を煮詰めたようなアパレル店で店員達がジーンズに殺されていく
ジーンズが人に飛びかかる姿で笑える人にはおすすめ
もう少し笑いとハチャメチャ度合い
>>続きを読む

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男(2018年製作の映画)

4.3

第二次世界大戦にて、ヒトラーを殺した男が、後にビッグフット討伐を依頼されるストーリー
白状すると、B級映画を観て笑うつもりだった
しかし、タイトルからは想像のつかない美しい風景描写と男の哀愁が描かれる
>>続きを読む

シャークネード(2013年製作の映画)

3.8

鮫が竜巻に巻き込まれて上陸してきたり、空から降ってくる
このアイディアだけで笑えまくる作品
吹替でみたんだけど、チープさが凄かったし、展開に予想がつくのに笑える
ツッコんだり笑いながら観るのにピッタリ
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.7

おしゃれな雰囲気、盛り上がる音楽、色彩のセンスの良さが素敵なんだけど、本作についてはそれ以上に終盤の盛り上がり方がとんでもない
変態おじさんの視線とか、ガールズトーク中の笑い方もいいんだけど、本当に最
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.7

おじいちゃんの行動が破天荒すぎて笑えてくる
家族旅行に向かうためにハイウェイを移動するだけの話なのに、トラブル続きでゲラゲラ笑えた
何も考えずに頭を空っぽにして観れる作品
フランスのコメディは初だが、
>>続きを読む

ボストン市庁舎(2020年製作の映画)

3.6

ボストンの公務員たちと住民たちのドキュメンタリー
人種差別、男女差、貧困、教育など、重いテーマが取りあげられ、それに対して真摯に向き合う姿が描かれる
出来すぎている感があったが実態はどうなのだろう?
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

4.3

ボーイスカウトをやっている男子高校生3人組が主人公
ボーイスカウトで磨いたスキルを使ってゾンビーワールドを攻略していく?
高校生で未だにスカウトということもあり、さえない男子の設定
こういう3人組のぽ
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.8

立方体の箱の中で目覚めた人間たちが、脱出を試みるというシンプルな内容
設定がシンプルがゆえに、登場人物の特徴が映えるし、追い詰められていく様子も良かった
90分の中で展開がどんどん進んで行くが、早すぎ
>>続きを読む

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.8

トンデモ設定のいいキャラクターが多い
BBQの大会で優勝を目指してるオヤジが本当にいいキャラしてるし、主人公が脚に生やした銃をぶっ放しまくるシーンが最高
存外に、エフェクトからして意味があるし、それを
>>続きを読む

マチェーテ(2010年製作の映画)

4.4

マッドマックスを彷彿とさせるラストのゴタゴタ、クソほど厨ニなキャラデザオンパレード
豪華すぎるキャストから大人が金かけて全力でふざけてる感じが伝わってくる
マチェーテ(ダニー・トレホ)がいかつすぎてB
>>続きを読む

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

3.0

Mr.タスクに出てきたJKを主人公に作品作るとは…な一作
ヨガが大好きなアホなJK二人組が悪と戦う
ヨガが流行りだした頃どうしてカナダのB級映画にはこんなにも笑わされるのだろう?
登場人物が出てくるご
>>続きを読む

アンテベラム(2020年製作の映画)

3.4

こういう話かーと中盤から驚かされた
スリラーというジャンル設定が正しいのかなというくらいに不思議なストーリー
多くは語れないけど、序盤の不可思議が後からわかっていくのが面白かった
怖くなかったけど、こ
>>続きを読む

MONOS 猿と呼ばれし者たち(2019年製作の映画)

4.0

作中でも舞台設定などは語られないが、疑問を持たず、現実か非現実か気にせずに見入ることができた
まるでドキュメンタリーのようにもみえるが、ところどころ若さによる暴走がありそれが美しいし、脆さや社会の怖さ
>>続きを読む

tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!(2021年製作の映画)

4.1

配信前に劇場で鑑賞
結果、音響も良かったし、ストーリーにも大満足
30歳という区切り間近な主人公が時間を気にして生きている姿は、19歳でも29歳でも刺さるのではないか?
チック、チック…という効果音も
>>続きを読む

ムカデ人間3(2014年製作の映画)

2.6

ギャグに振り切ったのか…
500人規模でつなげるシーンは圧巻
1, 2で出てたキャストがたくさん出てるところもいい
ただ、ストーリーには魅力を感じられず…
前作までで出し切った感じですかね

ムカデ人間2(2011年製作の映画)

4.1

『ムカデ人間』があるからこその2であり、連続鑑賞して本当に良かった

前作を簡単に超えて来るか…と絶望
気持ち悪さが半端ない
マーティンのメガネ無しで目がギョロッとてしてるのも、メガネありの蒸気でレン
>>続きを読む

ムカデ人間(2009年製作の映画)

3.5

こんなにおもしろいと思ってなかった
外科医が人間をくっつけて一つの生命体を作りたいという欲求を満たす話
グロさというよりも奇抜さのほうが目立つし、割と本作はホラーコメディなのではないか?と思える笑えっ
>>続きを読む

アレックス(2002年製作の映画)

4.0

冒頭からカメラワークで三半規管壊しにきて、点滅で脳をおかしくする
「時間はすべてを破壊する」という冒頭の説明のとおりで、ショッキングな内容、救いようのなさ、狂喜を描いたストーリーを時系列のまま並べない
>>続きを読む

ブラッドショット(2020年製作の映画)

3.8

防御はしない、攻撃のみだくらいのノリで突っ込んでくヴィン・ディーゼル
スピード感あるし、ここまで俺強えされると気持ちいい
マッチョが暴れる様子を部屋を真っ暗にして観るのは最高でした
何も考えずに観れま
>>続きを読む

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

3.4

ライアン・レイノルズがお気楽なキャラですごいあっていた。
そして、ガル・ガドットはとにかく美しい。
ロック様はもうちょい暴れてほしかった。
キャストの魅力をみせるための作品な気がした。個人的にストーリ
>>続きを読む

リトル・ガール(2020年製作の映画)

3.8

性別違和を感じている8歳のサシャ
幼い頃から肉体と精神との性の違いに気づき、子供ながら好きな服を着れず、周りからも認めて貰えない"彼女"と家族の物語
セラピーシーンが何度も入るが、サシャだけでなく母親
>>続きを読む

彼女が好きなものは(2021年製作の映画)

3.7

前情報をほとんど入れておらず、気楽なラブコメのつもりで鑑賞していたが、思っていたよりも話が重い
ゲイと腐女子というシンプルではないカップルではあるものの、今後こういった形の関係も増えていくだろうと思う
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

4.0

良い意味で期待を裏切られた
音楽もホラーの展開も素晴らしいし、複数の設定が上手く絡み合っている
伏線を綺麗に回収していく作品だと思えた
ネタバレ無しで挑んだほうが楽しい作品で、色んな方向から視聴者を刺
>>続きを読む

DAU. 退行(2020年製作の映画)

3.5

6時間という超長尺、演技感のないキャストたちで出来上がっていて、前知識なくてものめり込める
後半パートでの怒涛の胸糞展開がすごい
ドキュメンタリーであり、普段目を向けない思想についてガッツリと見せつけ
>>続きを読む

>|