いずみたつやさんの映画レビュー・感想・評価

いずみたつや

いずみたつや

映画(521)
ドラマ(0)

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

4.2

映画館に行くのもなんか不安な日々が続いておりますが、ランボー最新作とあっては公開初日に行かねば!とソーシャルディスタンス鑑賞して参りました。

驚きなのはほとんど心が壊れてしまっていたランボーが、人間
>>続きを読む

野性の呼び声(2020年製作の映画)

3.5

もう何度目かわからない映像化ですが、やはり最先端のCG技術によって、犬の表情が豊かに描かれているのは今作の挑戦であり、これまでの作品と一線を画する点だろうと思います。

犬が主人公であるため技術的に再
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.3

堂々たる演技合戦に思わず息を呑みました。

残酷な差別や偏見に基づく醜い主張は、決して過去のものではないし、私たちにとって対岸の火事でないことは言うまでもありません。

数々の理不尽に対して主演2人が
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.9

クールな女性たちの変装とカッコイイ振る舞いを見ているだけで十二分に楽しい作品でした!

前シリーズに比べて派手さも華やかさもカンフーもスケールダウンした感は否めませんが、とはいえこの3人をまた観たいな
>>続きを読む

名もなき生涯(2019年製作の映画)

4.5

断固としてヒトラーへの忠誠を誓わない主人公に対して、「もっとユーモアを持て」と言う村民のセリフは非常に腹立たしかったです。

目の前の理不尽な要求に疑問を投げかける人、認められない行為に拒否を示す人に
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.8

平気な顔をしてセクハラするわ圧力をかけるわ、男尊女卑のオヤジどもがあまりにも不快で、こんなことが日本でもあるんだろうと思うと鬱々とした気分になります。

ジェンダー・ギャップ指数が153カ国中121位
>>続きを読む

プリテンダーズ ふたりの映画ができるまで(2018年製作の映画)

3.0

ゴダールへの露骨なオマージュにはじまり、『ラスト・タンゴ・イン・パリ』の引用など、いかにも「映画オタクの学生」という感じが恥ずかしいような、でも少し懐かしいような、なんとも甘酸っぱい気持ちで観ました。>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

『ヘレディタリー』と非常に多くの共通点があることは、多くの方がおっしゃる通りだと思います。

僕が2作品で共通する最も好きな部分は「絶望が同時に強烈なカタルシスをもたらす」というところです。

爽快で
>>続きを読む

ザ・ビースト(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

きました!「未体験ゾーン」常連のニコラス刑事作品!

船で密輸されていたジャガーと護送中のテロリストが同時に逃げ出してどうしましょ!という、安易な足し算具合が爽快です。

殴られるたびに雄叫びをあげて
>>続きを読む

プライス -戦慄の報酬-(2019年製作の映画)

3.5

奇人にして天才のイライジャ・ウッドが出ていることしか知らずに観たので、ジャンルもあらすじも何も分からず、「一体何を観せられているんだ…」という困惑込みで楽しめました。

「未体験ゾーン」はこういう貴重
>>続きを読む

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

4.2

醜いものを醜いままに、残酷なものを残酷なままに、つまり「手抜きして甘いものを見せるな」というのはどんな作品にも常に思っていますが、よくもまあ…ここまで手抜きなしでやれたな…と。

しかもその異様な空間
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

4.0

施設の窓から世界へと「生まれ落ちた」ファルコン。

この主人公を演じるザック・ゴッツァーゲンがとにかくキュートで目を引きます。

彼だけでなく、役者陣のキュートさは感動を覚えるレベルです。

彼の脱出
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

全編ワンカット風というのは近年では『バードマン』がありましたが、今回はずっと話がシンプルなため、よりストイックに「技術の映画」として楽しめると思います。

天才ロジャー・ディーキンスが腕をふるった、目
>>続きを読む

ハスラーズ(2019年製作の映画)

4.2

ストリッパー版『グッドフェローズ』とか言ったらそれっぽいなぁと思うぐらい、ギャング映画を思わせる成り上がりの高揚と、盛者必衰の侘しさが漂っています。

生きるために、子どものために奮闘する彼女たちの漲
>>続きを読む

ドミノ 復讐の咆哮(2019年製作の映画)

4.3

紛う方なきデ・パルマ映画でした!

スリリングな視線のやりとり、エレベーター、スローモーション。毎度のことですが面白い演出の連続で、見る者の心を掴んで離さないテクニックの連発に感心させられます。

>>続きを読む

テリー・ギリアムのドン・キホーテ(2018年製作の映画)

3.8

構想30年、頓挫9回…!ひとまずお疲れさまでした。

映画の中で映画撮影をする入れ子構造で、さらに監督自身のドン・キホーテ制作トラブルそのものをネタにしたような箇所もあって、いつも以上に内省的な映画な
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「ジャパニーズ・ホラー」のいわゆる霊的なところが苦手な人にもオススメしたい(むしろそういう人の方がハマる可能性すらある)作品です。

『八つ墓村』のような不気味な田舎はJホラーらしい舞台設定だと思いま
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.5

静かなピアノの旋律と灰がかった画調、善悪や美醜ではない「人間らしさ」にひたすら向き合う様に、「ああ、イーストウッドの映画だなぁ」となんとも言えない安心感が込み上げてきました。

特に近年は「かつてこん
>>続きを読む

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

4.0

モノクロの記録映像を修復、カラー映像化し、効果音や音声を合成することで再構築するという聞いただけでワクワクする試みですが、実際に作品を観てみると想像を超える驚きがありました。

戦場で多くの若者が「生
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

2.0

評判が良くてかなり期待していたんですが、ちょっと目を疑う出来で大変ガッカリしました。。

まず登場人物が満遍なく魅力がないので、全然興味が湧きません。唯一人間味があるかと思えたアナ・デ・アルマスのキャ
>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

2.5

オリジナルを知っている前提での「ハズシ」が多めで、それはそれで楽しい面もあるんですが、結局のところオリジナルとの違いを見せるため以上の意味が感じられず、どうも軽薄に感じてしまいました。

オリジナルの
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

4.2

暗く汚い路地裏で、人とも猫ともつかない謎の生き物がクネクネと歌い踊る。

この「猫人間」はネズミを踊らせ、大量のゴキブリに行進を強いて、挙げ句の果てに彼らをむしゃりと食べてしまいます。

“食用兼踊り
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.8

絶望から生き延びるために音楽を聴き、ステップを踏む。映画や音楽、エンターテインメントが持つ力で高らかに希望を示しそうと試みた意欲作だと思います。

僕のお気に入りはジョジョのお友達ヨーキーくんです。コ
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

7000回転の世界、周囲の景色も肉体もすべて消え去り、魂に響く問いかけ。

理性を超えた興奮と感動に全身が沸騰するようにブワッと鳥肌が立ちました。

シンプルなストーリーではありますが、キャロル・シェ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

半地下と高台を行ったり来たり。階段を上ったり降りたり。象徴的なカットのつるべうちで、映画的な表現の面白さが爆発した凄まじい作品でした。

笑いと恐怖を往復する演出も絶品です。

まるでスパイ映画のワン
>>続きを読む

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

4.0

エドワード・ノートンの差別に対する怒りと悲しみと、不条理に苦しむ人々への優しい眼差しが映画全体を貫いていると思いました。

都市の繁栄の裏に多大なる犠牲があることを描くこの作品は、格差社会とレイシズム
>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.8

「逆転シンデレラストーリー」は確かに新鮮なんですが、そこをあまりこれ見よがしに感じさせないというか、自然に受け止められるのが心地よい、爽やかな映画でした。

(ドギツイ下ネタはもちろん大量にあります!
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

4.9

4K上映行ってきました!

最高!電話ボックスをぶん投げる筋肉モリモリマッチョマンの変態も4K!「第三次大戦だ」も4K!メイトリックスに肉弾戦を持ち掛けられて恍惚の表情を浮かべるベネットも4K!狂って
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

冒頭、おなじみのオープニングクロールの「The dead speak!(死者が口を開いた!)」で思わず笑っちゃいました。

もちろんパルパティーンさんの復活は予告編で知っていましたが、まさかそんなに手
>>続きを読む

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.8

冒頭からド派手なアクションと下品なブラックユーモアの乱れ打ちで脳が沸きました!

よりによって蛍光色のアルファロメオでの逃走劇。歴史ある建物や美術品をぶっ壊しまくって(アポロとダフネはローマですよね?
>>続きを読む

THE INFORMER/三秒間の死角(2019年製作の映画)

2.0

物語を「語る」ことを優先しすぎて、ほとんど誰かが「喋る」ことで話が進む、僕の苦手なタイプの映画でした。

これは「小説の映画化」が足を引っ張ったのではないかと思います。

原作小説は読んでないのですが
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.8

良く言えば「軽快」で、悪く言えば「バカバカしい」作品…いや待てよ、どちらにせよ最高ではないか!

このシリーズの開き直り方は本当に清々しく、「バカバカしいこと好きなんです!」という作り手の楽しそうな感
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

3.7

まさに「戦車版ワイスピ」と呼ぶにふさわしい快作!

アクション映画ではお馴染みの「背中合わせからの銃撃」「放たれた弾丸同士がぶつかる」などのシーンを「戦車」に置き換えることでビックリ仰天な面白シーンを
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

4.3

最近流行りの「数十年後の続編」のほとんどがファンサービスに終始するだけの安いノスタルジック作品ですが、それらとは一線を画す完成度だと思います。

前作をベースに新たな物語を展開しようとする姿勢が随所に
>>続きを読む

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.0

ジャンルにとらわれない、自由な展開が楽しい作品。

思春期、反抗期の子どもの無軌道な暴力性に対する恐怖の話として観ることはできますが、子どもだからと下手に道徳的な話にしようとせず、ゴア描写をしっかり入
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

2.8

新しい見どころと言えば、マッケンジー・デイヴィスのカッコ良さだけで(それ自体は観る価値十分なんですが…)、驚くほど新鮮味に欠けました。

監督はティム・ミラーではありますが、本家ジェームズ・キャメロン
>>続きを読む

>|