たさんの映画レビュー・感想・評価

た

映画(204)
ドラマ(0)

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

-

思い出がぐちゃぐちゃに混ざった夢のあの感じがそのまま表現されてておもしろかった 私も衝動的に消しちゃいそうだな〜

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

-

どんでん返しが過ぎるので途中で疲れてしまうこともあったけど面白かった
かなしみに対してお前もう何もするなよ!!と言いたくなるけどこれがかなしみっぽいなと思った
人間、ポジティブな感情しかいらないんじゃ
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

-

想像以上にファンタジー色強かった。
人間以外に感情を持つモノが出てきたらこんな大変な事になるんだなと思った。
途中、デイビッドの表情や動きのメカ感が強すぎて怖くなって観るのやめたけど本当に面白かった。

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

-

「殺人を予知するシステム」って上手い言葉で人々の自由を奪い内部まで統制していく政治姿勢、めちゃめちゃ怖いな。
今、かなりこの状態に近いような気もするし色々と考えさせられる映画だった。
ガラスのPCとか
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

-

面白かった。世の中の物事は全てに二面性があってそれを理解した上で自分が何を信じていくのかちゃんと自分自身で考えないとずっと苦しんで生きていくことになるというメタファーで色々と考えさせられた。多くのメデ>>続きを読む

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

-

細かいところまですごい綺麗で好みだったので飽きなかった
幼い故の素直さが人格を破壊していく感じ

セッション(2014年製作の映画)

-

表現するには色んなことをぶち壊していかないといけないんだなって思ったフレッチャー怖い

17歳(2013年製作の映画)

-

大人ぶった女の子、自分見てるみたいだった

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

-

匂いって見えないけど惹きつけるすごい力を持ってるってことを最大限に出されてた
女性の匂いを保存しようとする過程がどれも綺麗でした

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

-

スーッとする映画だった
あと雪ちゃんの声落ち着くなあとおもったら黒木華だった

おみやげみっつ!たこみっつ!

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

-

ツイストのシーン、好き
最後にダダダッッと面白くなる感じが良かった

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

スーがどんどん可愛く見えてくる
ラストでウオーーーっとなったけど全てをタオに捧げたおじいちゃんとその絆に感動した

君の名は。(2016年製作の映画)

-

テンポが良くいつでも何かしらでワクワクさせてくれるところがよかった。めちゃめちゃ面白かった。
新海誠は青春アレルギーが騒いでるイメージがあるけどそんなの取っ払ってみてほしい。

東京物語(1953年製作の映画)

-

私はまだ京子側の人間だと思った。
まだまだ子供で世の中の事なんて分かったような気だけで何も分かってないんだろうなあ

繕い裁つ人(2015年製作の映画)

-

服を着ることの大切さがわかるような気がした。好きな事に出会った時の感動を思い出したりとかそれに対する今の自分の姿勢を見直したりとか見ながら色んなことを考えてしまった。
神戸いきたい、、、

>|