すとぱらさんの映画レビュー・感想・評価

すとぱら

すとぱら

犬も食わねどチャーリーは笑う(2022年製作の映画)

3.5

全ては"思いやり"なんよね..

ヒジ舐めんのは 良かった。
(いい意味で)

秘密の森の、その向こう(2021年製作の映画)

4.0

"今度はないの"
曖昧な約束に 二度とないと 確信する反論とお願い。素晴らしいセリフ..

"私が悲しいのは、私のせい"
優しさの中に ある悲しみ..

相変わらず 全シーン美過ぎ
タイトルバックまで
>>続きを読む

ヘルドッグス(2022年製作の映画)

3.8

なんせ、ギッシュな髪型に
タトゥーでタンクトップな
岡田くんのビジュアルに軍配👏

確かに字幕欲しいくらいの
聞こえにくさは、ツラい。

MIYAVIの白哉 臭がきえない..

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)

4.0

これぞ ラブコメ
キラキラし過ぎてへんのが
日本とちゃうから 観る気になる。

最後の解釈も タイムカプセルと未来人って事で 不満はそんな残らん。

韓国で流行ったやろなぁ..
(チュグゥルレ?)

川っぺりムコリッタ(2021年製作の映画)

4.2

骨まで 愛してもらえる幸せ
人それぞれ 噛みしめる幸せ

その幸せを 見つけれる事も才能

樹木葬っていいな、、

松ケンと 満島ひかり..
よこがおの鼻筋が 芸術的✨

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

3.1

原作には 負けてるやろなぁ...

主演の子が 可哀想なくらい
夏帆と将暉やな

どうせやるなら、
フィンチャーの ゲームくらい 
やっちゃえよと思った。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society(2006年製作の映画)

4.0

トグサの娘を救う為の選択
バトーが抱き締めるその娘
少佐みえた時は感激でした

百花(2022年製作の映画)

3.5

親子の記憶

曖昧な記憶でも 相手にとっては
忘れられない 大切な想い出

認知症..
忘れる事を 出来るのが人間
AIには悪いけど、人間らしい病

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

4.0

観るんやったら、IMAX一択

フルサイズの使い方が上手い

一番搾りにAKIRAでエヴァンゲリオン

LOVE LIFE(2022年製作の映画)

4.0

神野三鈴さんが
ベランダで 煙草吸いながら、

この映画の事
全部 言ってた気がする..

震え上がりそうなほど
良かった "後ろ姿"と
タイトルバック(曲紹介)

さかなのこ(2022年製作の映画)

3.8

誰かに なに言われようと
大好きって言える人は 強い

誰かの人生を
かえるくらい 強い

さかなクンには 解らんとされる
大人の事情が
私たちにも 見えなかった..

それは それで良い‼︎

セイント・フランシス(2019年製作の映画)

3.5

その考えは、世の中が仕掛けた罠

見えない タブーなんか

笑い飛ばして いこう

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.5

これから新幹線乗るん、躊躇うわ..

真田広之が 唯一の救い

🐞の英語と日本語の違いに驚き⁈

原作との違いが気になる映画化

ゆかり

サバカン SABAKAN(2022年製作の映画)

4.2

サバ缶だけでも、ヤバかったのに..

ミカンの甘さが
追い討ちで、崩壊です🥲

花様年華 4Kレストア版(2000年製作の映画)

4.4

全カット
どこを切り取っても、美しい映画

苦しいほど 悲しい

【boidsound上映】
 鼓膜に響き渡る
  キサス..キサス..キサス..

懲戒免職(2006年製作の映画)

3.2

サラッと描ける 峰不二子

(メゾンドヒミコDVD特典収録)

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

4.2

色気担当 オダギリジョー
( シャツ インで色気出る衣装術 )

隠さずに 受け入れてくれる
世界になって行く事を
映画を観たひと みんなが
願ってくれたらな..

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.5

DVD持ってるけど、
ちぃちゃい頃に観た
TV放送のロードショーで..

何十年ぶりに観ても
やっぱり ワクワクする。

とうもころし🌽

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.5

2000本目は 特別な映画と決めてた..

DVD買った時の自分とは、違う自分の視点でヘドウィグを 見届けれた。

片割れを探し求めて 魂で歌い続ける ヘドウィグに 胸が張り裂けそうになる.. 泣きそ
>>続きを読む

ぜんぶ、ボクのせい(2022年製作の映画)

3.3

クズな役でも オダギリショーは
ぶれなく オダショー

重むずい役を 難なく演じてた
白鳥くんは 今後どう化けるか
見届けていきたい。

なまず(2018年製作の映画)

3.9

邦画を見ているような韓国映画

なので 新しいモノ見たさな
自分にとっては 新鮮でした。

謎がちらほらあるんで
また観たなる、クセんなる。。

TANG タング(2022年製作の映画)

3.0

ちょっと無理くり感あって、ハッピーエンドで... 自分向けではなかったけど、、

市川実日子と満島ひかりの
共演には👏でした。

花芯(2016年製作の映画)

2.8

骨と一緒に子宮も 焼け残る..

その言葉が 残ってる。

アンハサウェイ/裸の天使(2005年製作の映画)

2.6

私私私欲の 塊だらけ。

ゴードンっぽいなぁと
思ったら そーやった..

無垢なる証人(2019年製作の映画)

4.3

ちゃんと知る、努力をする..

弁護士には なれないけど
証人にはなれる
自分を受け入れてる 強さ。

知らずに 染みついてしまってる
偏見を 落とせるもんなら
綺麗さっぱり 振り落としたい。。

>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989年製作の映画)

3.6

少年時代がイケメンすぎ..

面倒見が良い息子で
おっちょこちょいの
パパジョーンズが
幸せそうで 何より。

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984年製作の映画)

3.7

これ1番覚えてるかも..

心臓えぐり炙りシーンは
トラウマんなった、記憶

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981年製作の映画)

3.5

懐かしい..

ひたすらメインテーマ流れてて
昔、TV放送で観たあと1週間くらい
ずっと頭ん中でリピートしてたなぁ。。

>|