すとぱらさんの映画レビュー・感想・評価

すとぱら

すとぱら

映画(1387)
ドラマ(59)

GO(2001年製作の映画)

4.3

血が汚い人なんか、おらん。
ぶち破れ、、
一歩 踏み出す勇気を くれる映画。


最後の「ダせぇ」柵越えが
アドリブやったら いいのにな。

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

4.6

梅田の地下にある
ミニシアタ-で観た、、

この映画が
ジャ-ムッシュとの出会い。

終始.. センスに圧倒されて、
幸福感に酔いしれながら
地上への階段を登った記憶。

エアポート(2014年製作の映画)

3.3

悲しいけど、、
こんなミラクル..
そーは ないで。。

コロンバス(2017年製作の映画)

3.9

建築の美は勿論やけど、、

個人的には.. 聴いて感じる、
耳福な 映画やと思う。

会話や自然の声..
トロケそうになる劇伴が最高♪

沈黙/ある沈黙(2016年製作の映画)

4.0

女性にしか、、
わからない本能。

女の人は 美しい...


沈黙を ぶち破れ!!

かもめ食堂(2005年製作の映画)

4.5

荻上直子監督×もたいまさこ
もはや 邦画ジャンルの 一種。

映画で、なごみたい時..
いつでも観れるように
DVD持ってる。

エンドロ-ルの写真が 特に好き..
おにぎりの具は 何が好き?

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

4.3

繰り返される スト-リ-も..
回収する伏線の為、

リピ-トされる ディランも..
あの エンドロ-ルの為。

最初に みた時も、
二人が着こなす 革ジャケットが
欲しなったの 思い出した。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.4

震えることは なかったです。

やけど..
松岡茉優の顔面力は 映画映えること、趣里の金髪、アンモナイト好きって事には 共感。

ミックス。(2017年製作の映画)

3.7

普段このんで
観ない系の映画でも、、

この蒼井優を拝めるなら
2時間 無駄やない。。

チチを撮りに(2012年製作の映画)

3.5


ナベマキさん やっぱええわー

まぐろファンタジー..

肉体と火山(2015年製作の映画)

4.7

閃光少女..

肉体はただの肉で、
精神は火山の様に
燃え上がる 時がある、、

追いかけきれない
あのラストシーン。。

日曜の昼食(2015年製作の映画)

3.3

非常事態宣言でてから、
日曜日の昼食は
毎週、宅配ピザたぁー!!

リトル・フォレスト 冬・春(2015年製作の映画)

4.5

憧れの生活の 映画。
砂糖醤油の納豆もち、焼き芋、ばっけ味噌汁 食べたい。

ちょっとした
後ろめたさも 味のうち。

カバネヤミが、New ワ-ド

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.8

ポップで..
お洒落なんやけど、、
ちょいグロな
人肉食男の
恋物語。

私たちの愛は誰にも負けない(2018年製作の映画)

4.2

最強のラブレターすね。

「君なしで成長したくない」


日本のキラキラ恋愛映画より..
よっぽど ラブストーリーやわ。

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

4.5

田舎とは言えない..
半端な都会で育った自分とは
違う生活で 生きている
いち子は 輝いてた。

お母さんの手紙が
気になりすぎて
冬/春を早く迎えたい。

片桐はいり4倍速(2009年製作の映画)

3.2

太賀の坊主と
すれ違う片桐はいり

キネカ大森で、
すれ違いたい。。

ディアーヌならできる(2017年製作の映画)

3.6

いくら代理
やからって言うても..
女性にしか わからない
母性本能はあげられない。。

男の嫉妬は いつまで経っても
ガキのまま。

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.7

電話帳で座高あげて運転
ガムと煙草に ボ-イッシュな..
LAのウィノナ ライダ-

気が強く 自分をしっかり
持って生きる 盲目の女性..
Parisのベアトリス ダル

この2話 お気に
>>続きを読む

永遠に愛して(2016年製作の映画)

4.0

グロテスク..
(ヨルゴス/トリア- なみ)

ダークファンタジー..
(ティム バ-トン/ギレルモ デルトロ ばり)

ピンポイントで流れるBGMのセンス
(テリ- ギリアム/キュ-フ
>>続きを読む

真西へ(2019年製作の映画)

3.8

少年/少女になる
きっかけって..
どっかに あったな。。

成長していく時の
ざわつく 気持ち、忘れてた。

雷の子供たち(2019年製作の映画)

3.3

エンドレス リピ-トな 中毒性の
高い 雨乞い唄が
耳から 離れない。

幼き頃の 退屈は 無限大

夜明け(2018年製作の映画)

3.6

全部クラゲのせい。

彼は これから 何回
夜明けを 迎えれるだろう...

一人の男、私の息子(2017年製作の映画)

3.4

過去のいざこざが
なんであれ、、

ちゃんと 伝わる..

ツケまに
珈琲とバラの花。。

ストローク(2017年製作の映画)

3.5

コロナに 感染する率
低めな 彼が..

猫アレルギーやなくて
良かった。

ノー・ドロウニング(2016年製作の映画)

3.6

希望は そう簡単には
捨てられない。

ラストの "お楽しみ"は..
ない方が 好みやったな。

世界の中心で、愛をさけぶ(2004年製作の映画)

3.7

カセットテ-プの文通..なんて
贅沢な青春。

セカチュ-言うて
流行ってたね.. 当時。
森山未來の未来を..
大沢たかおってのは ナイスやな~と思ってた記憶だけある。

>|