tdswordsworks

tdswordsworks

年間150本前後を映画館で観ています。
採点基準は以下のとおり。
☆☆☆☆☆ 5.0-4.5 生涯忘れられない名作
☆☆☆☆ 4.5-4.0 今年を代表する傑作
☆☆☆ 4.0-3.5 特筆すべき佳作
☆☆ 3.5-2.5 標準
☆ 2.5-1.5 駄作

銀魂(2017年製作の映画)

2.8

平凡な実写化に陥ってない点は評価できるし、評判がなかなかいいのもそれが理由でしょう。役者がキャラクターを忠実に再現しているらしいけれど、映画ファンにとってはむしろ彼ら各々のこれまでのキャリアの粋を脱し>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.0

恍惚のなかでエンドロールを迎え、それが終わったとき、僕の胸に去来する満足感は、ドキュメンタリーを観終えたときのそれではなく、優れたドラマを観終えたときのものでした。十分すぎるほどドラマチックだし、バレ>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.4

凄い。
普通に撮ったら激しく退屈な映画になりそうなのに、飽きなかった。

瀧内公美の抑制された演技と、めずらしく準主役を張る光石研の堰を切った感情表現が対照的で、ドラマが自然に生まれ、被災地を舞台にし
>>続きを読む

きみは海(2016年製作の映画)

3.8

難しいテーマをメロドラマにうまくまとめている。

快人が部屋で泣き崩れる場面が特にすばらしいが、透子の葛藤や迷いをひとり自省する場面がもうちょっと欲しかった。快人側には友人や元カノとのコミュニケーショ
>>続きを読む

キツツキと雨(2011年製作の映画)

4.6

脚本も演技も演出も完璧。

25歳の若手監督がゾンビ映画を嫌々撮るという設定の違和感を最後まで拭えなかったのでマイナス0.2。
小栗旬の筋肉にマイナス0.2。

(2014年製作の映画)

2.0

なぜタイトルが「球」ではなく「丸」なのか、観ている間ずっと気になっていたのだが、「球」という言葉に具象的イメージが強すぎてこの映画の主題がぼやけてしまうからかもしれない。僕の解釈では、球体を目にした者>>続きを読む

スクラップ・ヘブン(2005年製作の映画)

4.0

「バスジャックに居合わせた若者たち」を描くとすればちょっと薄味か。
特徴的な色遣いは印象に残るけど浮いてる感じもある。なにより、予想外にたくさんの人が死ぬ映画で、置いてきぼり感があまりに強いのが難点。
>>続きを読む

誘拐(1997年製作の映画)

4.6

中学生のときにテレビ放映で観ました。それまで刑事ドラマなんてまったく興味がなかったけれど、身代金を担いで大手企業の重役たちに都心を駆けずり回らせるという展開がおもしろすぎて食い入るように見ていたら、唖>>続きを読む

僕の世界の中心は(2016年製作の映画)

3.6

「ヒトラーの忘れもの」主演のルイス・ホフマンがオープンゲイの少年役。先の読みにくい目まぐるしい展開が、10代の多感さと不安を浮かび上がらせている、なかなかに楽しい作品。

カラフルな色遣いがちょっとド
>>続きを読む

裁き(2014年製作の映画)

4.2

社会は差別や偏見であふれているけれど、裁判という枠組みにおいてだけは、老若男女も階級も貴賤も関係なく、人間性が立ち現れる。そんなことを考えた。
裁判の構成要素をひとつずつ丁寧に描くことで、裁きの手が届
>>続きを読む

ごめん(2002年製作の映画)

4.2

前半の飛ばし気味なテンションが最高に楽しいので、そこからありきたりなラブコメに落ち着いちゃったらもったいないなと思いながら観ましたが、杞憂でした。

ひとつ言えるのは、この映画に関西弁はマストだという
>>続きを読む

転校生(1982年製作の映画)

4.0

君の名は。まで連綿と受け継がれる男女入れ替わりものの元祖だと聞いて、観てきました。小林聡美が主演だとは存じませんでした。
ひょっとすると、男女入れ替わりものが定着したのは、小林聡美の功績が大きいのかも
>>続きを読む

TAP THE LAST SHOW(2017年製作の映画)

3.2

如何せん脚本がテンプレで退屈。ラスト24分まで我慢してください。

ベテラン俳優たちによるドラマは安定して見ていられるし、色彩もカメラワークもクールで楽しめるので、あとはダンサーがダンスに専念して話を
>>続きを読む

トータスの旅 (2016年製作の映画)

3.6

島に渡るまではすっげえイライラさせられるんだけど、終盤はマジカルファンタジー。甲羅を脱ぎ捨てた次郎を、兄の新太郎も息子の登も僕ら観客も、アッパレ!と見守っていた。

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

3.0

許せないほど中身がないのだけど、中身がないからといって駄作というわけでもなくて。
全然エロくもないし物足りないのだけど、意外なことに王道ドラマに生まれ変わってる。例えるならディズニー映画。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.4

おもしろかった。でも、キャラがちょっと弱いのが欠点か。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.8

誰もが一度は疑問に思う「戦争は大義で殺人は罪」という論理。デズモンドが出した結論は、矛盾だらけだけど、強い信念でガードされて揺るがない。その結論に、僕らは1945年と2017年にひれ伏す。日米が永遠の>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

2.6

実写化のハードルは低くはなかったはず。生半可な意気込みと原作理解ではしどろもどろなファンタジーに陥っえしまうリスクを、味のあるアニメーションの助けも得て、取り除くことに成功していた。

…が、僕にとっ
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.8

24時間テレビでやるお涙頂戴ドラマを、クオリティを極限まで高めたような映画。映画に世界の多様性を見たい僕としては、「みんな最善を尽くした!ボストンは強い!愛は悪魔に屈しない!」に終始するのが物足りない>>続きを読む

約束の地、メンフィス テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー(2014年製作の映画)

4.2

音楽ドキュメンタリーというと、制作かツアーの記録か伝記が多いけれど、本作はそのいずれでもない。描くのは現在、新旧のミュージシャンたちによって奏でられる音楽の楽しさ。昔の記録映像や思い出話が挿入されるこ>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.6

偏った映画だと思う。
実際とはだいぶ異なるらしいし、トランスジェンダーに対する偏見の描き方もあっさりしすぎてる。公園で殴られる場面も、差別に対する憎悪を呼び起こすよりもリリーの立ち居振舞いと風景美を際
>>続きを読む

風櫃(フンクイ)の少年(1983年製作の映画)

3.2

父親の表情と、ワイドスクリーンのカラー映画と、ラストシーンのシークエンスがよかった。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.2

映画監督が自身にとって最も強い影響をもたらした家族を描くのは、常道とも言えるテーマで、作品も数多あるけれど、これはそのジャンルの映画としては今年のナンバーワンを狙える秀作!
個別性を強調されたキャラク
>>続きを読む

満月の夜(1984年製作の映画)

4.2

愛と自由のトレードオフに、都市と郊外という対比を絡ませたのがおもしろかった。造成中の郊外住宅地の風景がいい。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

入江悠という監督は、パラレルワールドを描く人。本作で描いたのは、目の前で大切な人を失った人たちから見る社会というパラレルワールドだ。とても説得力があり、絶妙な緊張感で最後まで飽きさせなかった。

惜し
>>続きを読む

冬物語(1991年製作の映画)

3.8

マクサンスとルイックは、こんな最強の女にもてあそばれたことを誇りに思っていい。

夏物語(1996年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます。

日ごとにデートの相手を変える経験、僕にも無いわけではないから、そのときの視野の狭さ、優柔不断さ、自然と早歩きになる感じとか、笑えた。

誰とくっついてもハッピーエンドとは言えないので、ある意味では男に
>>続きを読む

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

4.4

話の展開に驚くほど説得力がないけれど、それが致命的というわけでもない。よいどれダメ男を演じる綾野剛、浜辺で竹刀を振る村上虹郎、そして彼らの殺陣をエキセントリックに描く。
それだけでじゅうぶんなのだ。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.4

地球外生命体の文字を解読してコミュニケーションを組み立てていく過程はとてもワクワクした。かつて大航海時代に、異国の者どうしが出会ったときのコミュニケーションも、あんな感じだったのかな。

けどさ、爆薬
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

4.2

映画を言葉で説明するなんて…難儀やな。
そのコンセプトに対する畏怖が、コメントを控えさせます。

ナイトライフ(2016年製作の映画)

3.0

最後まで観ればきっとすべての演出に納得できる。
しかし、そこに至るまでが単調すぎてちょっとツラい。

東欧諸国の、共産主義時代をいまだに引きずるような監視と牽制の空気と、EUに加盟して育まれてきた寛容
>>続きを読む

>|