tdswordsworksさんの映画レビュー・感想・評価

tdswordsworks

tdswordsworks

年間150本前後を映画館で観ています。
採点基準は以下のとおり。
☆☆☆☆☆ 5.0-4.5 生涯忘れられない名作
☆☆☆☆ 4.5-4.0 今年を代表する傑作
☆☆☆ 4.0-3.5 特筆すべき佳作
☆☆ 3.5-2.5 標準
☆ 2.5-1.5 駄作

映画(420)
ドラマ(0)

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.6

普通これ映画にしようって思う?という重くて地味な題材。終わってみれば、ああそっかって思うんやけど。
大都会で運に翻弄されながら生きている僕にとっては、想像もできないような世界。まるでファンタジーのよう
>>続きを読む

リターン・オブ・ザ・キラー・トマト(1988年製作の映画)

4.2

おもしれー。こんなにすばらしい伏線回収はなかなかお目にかかれません。

プロダクト・プレイスメントをコメディで活用するのは、秘密結社鷹の爪の劇場版で初めて観たのだけど、やっぱりコメディとの相性いいです
>>続きを読む

アタック・オブ・ザ・キラートマト(1978年製作の映画)

3.0

トマトの果汁→血しぶき→殺人トマトっていう安直なアイデアをしちゃうのがもはや罪なんですね。くだらないアイデアの散乱。もはや映画としての体を成していないけれど、映画館で気楽にだらりと観るなら1,000円>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.6

ゾンビ映画大好きなんだけど、公開当初はまったく観るつもりなかったんです。「映画を撮る人たち」を被写体にする映画は、展開が独りよがりで、圧倒的な当事者性による軸の強さを差し引いても好きになれないものが多>>続きを読む

(2017年製作の映画)

4.4

ほぼ全編が森林の中だが、映されていない彼らの日常が目に見えるようだった。

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

3.6

魔法の力で絵の中に入ったときの、実写とアニメのマッシュアップは、いま観ても新鮮。

セリフがおもしろくないのが致命的。爆睡してしまった。土曜の午前は眠いです…。

主演のお二人は今もご存命なのですね。
>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

4.2

渦中の人物探しが行われているとき、僕が思ったのは、笠松将くん演じる役の生徒の早とちりならいいなーということだった。でも英語の先生が再登場してアレやっちゃったもんだから、ああこれはみんなが傷つくやつやん>>続きを読む

このまちで暮らせば(2018年製作の映画)

3.2

町おこし映画なのに、ほとんど印象に残らないエキストラを除けば、登場人物のうちこの町出身の人は林業の師匠だけ。よそ者ばかりで、ぜんぜん田舎っぽい要素がなかったのが新鮮だった。

笠松将の話し方がとても印
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

3.8

初鑑賞。「オリジナル」を観たのだなというのが印象。

「七人の侍」とは、世界のすべてを詰め込むことができる優れたフォーマット。その発明は、世界のエンタテインメント史において決定的な意味を持ち、映画のリ
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.4

「用心棒」はイマイチ好きになれなかったけど、これは純粋に楽しんだ!ザッツ・ジャパニーズ・エンタテインメント!

椿の色が、僕の頭の中で色づいて、それはそれはもうスペクタクルなクライマックスでした。

猫は抱くもの(2017年製作の映画)

4.0

意味わかんないだの難しいだの、事前にレビュー読んで頭をオープンにして挑んだのがよかった。クセは思った以上に強い。けれど、映画史のどの系譜にも属さない独創的な発想に思わず舌を鳴らした。

話のプロットは
>>続きを読む

ALONE/アローン(2016年製作の映画)

3.2

膝をついて手を前に差し出すポーズのオーバーラップが象徴するように、いかにも演劇的な作品。回想シーンはひどく退屈だけれど、編集はとてもナチュラルかつ合理的で、シチュエーション・スリラーとしては及第点か。

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.2

自宅にTVがないので、池井戸潤原作の物語を映像化したものを観るのは初めてでした。
話の大筋はわかっているのに、ハッとしたり、イライラしたり、泣いたり笑ったりさせられて、いいペン捌きをするんだなあと思い
>>続きを読む

フェイス・ダウン(2015年製作の映画)

2.8

劇中で使われる言語のどれかひとつでも理解できたら、おもしろかったと思う。
ラストでようやく、この映画が何を語ってきたのか理解できた。

アイランド(2011年製作の映画)

4.0

「え?そんなことする?」の連続で、正直、序盤はついていけなかった…美男美女のイチャイチャがなければ中盤の急展開まで持たない。

ダニエルの髭がちょっとずつ伸びて人相が変わっていくのが、「島」での体験を
>>続きを読む

世界でいちばんの幸せ(2017年製作の映画)

4.0

子ども目線が徹底されていて、幼心への移入を誘います。「フロリダ・プロジェクト」の欧州版といったところでしょうか。
ママがいなくなったときにあそこまで不安になるアドリアンが可哀そう。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

4.0

バランスよくまとまってて、驚きの展開もあって、万人にオススメできる。

原題はニューヨークなのに、邦題になるとマンハッタンになるの、ちょっと興味深い。

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.0

劇場版コナンを観るのは4年ぶり。
安室の女になってきました。

サミットのサイバー攻撃対策甘すぎるし、小五郎に容疑かかったら真っ先に不正アクセス疑えよと思うけど、それ以上にあり得ないことが怒涛のように
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.4

空手チョップを喰らったみたいな、恋愛映画の枠に全く収まらない、新感覚。
会話のテンポも気持ちいい。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.2

サクラメントの絶妙なダサさは、埼玉県南部っぽい感じがして、どちゃくそ共感してしまった。と、同時に、高校生の頃に感じていた、自分の未来を自分で切り拓こうという覚悟、スクールカースト上位層への憧れと嫉妬と>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

2.4

何がいいのか僕にはわからなかった。もっと言うと、不快だった。寝落ちした。

僕にはどうしても、三十郎がヒーローだとは思えなかった。撮影から時が経ち、たった50年かそこらで、ポリコレの求めるものが変わり
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.8

先行上映にて。

法的な手続きを経ていないと、どうして「ほんとうの」家族と認めてもらえないのだろう。
そんなのどうでもよくないですか。
「ほんとうの」他人になるために、思ってもないことを、のっぺりと笑
>>続きを読む

海を駆ける(2018年製作の映画)

3.2

美しさしかない。

取り繕うのが面倒になって本音を吐露する瞬間の、美しさと醜さのないまぜになった場面が好きだったけれど、本作ではほとんど封印。
あまりにみんなストレートで拍子抜けした。

太賀について
>>続きを読む

ガチ星(2018年製作の映画)

3.8

壁のような坂。
ひととき心は動いても、習慣は動かない。
39年という人生経験は、壁のように動かない習慣を形づくるのに十分な時間で、それがたった1つや2つの出来事で変わってしまったとしたら、安っぽくなっ
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

4.4

アラン・ドロンの瞳は、こんなに美しいのに、不思議と性的な感じがしない。

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

3.8

原作を読んでるみんな、よく考えてもみてよ。
どうして25年もの間、実写映画化されなかったのか。

そう、原作はトレンディすぎてコミカルすぎて、大スクリーンに耐えられないからだよ。

実写映画化されると
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.2

ビルギットが赤ん坊を連れて遊びに来た場面で思わず涙がこぼれました。
そして最後まで観終えた今、メラーのお父さんのことを思うと、言葉が出ません。

エンタメ要素の強い「スリー・ビルボード」と比べるとドイ
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.4

東京国際映画祭で「プレイ」を観て以来、オストルンド監督の大ファンです。過去作と比べるとますます複雑性と技巧性を増して、傑作としか言えない。現実に接近した数々の暗喩によって、イヤになるくらい「あるある」>>続きを読む

プレイ(2011年製作の映画)

5.0

数年前の東京国際映画祭で鑑賞。
「ザ・スクエア」を観て、もう一度本作を観たくなった。「ザ・スクエア」は複雑性と技巧性を増して傑作としかいいようがないけど、ミニマルな本作のほうが映画として僕は好き。バス
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

4.6

人を見るとき、欠点に目が行きがち。
この話でも、序盤は、マーリアがアスペルガー症候群らしいこととアンドレらの片腕が不自由なことに注目させるけれど、なかなかユーモアもあるストーリーを楽しんでいるうちに僕
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.2

子どもの頃、弟や妹と「ジュマンジ…!」と#ロビンウィリアムズ の顔マネするのめっちゃ流行ってたあの#ジュマンジ がまさかのリメイク?!
全部が期待通りに進むアトラクションっぽさは、普段こういうのあまり
>>続きを読む

>|