Terayaanさんの映画レビュー・感想・評価

Terayaan

Terayaan

映画の世界に浸りたい。俳優の魅力にハッとしたい。ものづくりの情熱に感銘を受けたい。映画を楽しみたい!

映画(300)
ドラマ(0)

ジャコメッティ 最後の肖像(2017年製作の映画)

3.6

はよ、描きぃ!
仲ええんかい!
とか、突っ込みながら見てた。結局みんなチャーミングだった。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.7

最後はせつない。結論出してないけど、出てしもてるような。
リアル家族は悪いところも見なくてはならない。

デンジャラス・トレジャー ~狙われた秘宝~(2016年製作の映画)

2.5

スコア低い映画のレビューは鑑賞後見ると全部納得。なんだエンディングテーマのチョイスは!?
絶景は記憶に残したい。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.2

ゴッホに見てほしい。ゴッホ愛が凄まじい。絵が魅力的で最後の方は本当にこんな世界がゴッホの目の前に広がっていたのか…と引き込まれる。100名以上の画家のことも頭をよぎる…
すばらしかった。

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

3.2

ありそうな話な生々しさ。怖いもの見たさみたいになるが、笑えたりもする。
切羽詰まった感。女性としてはかなり気になるテーマ。みんなと話してみたいテーマ。

アンコール!!(2012年製作の映画)

3.4

原題「song for Marion 」と思って観るのが良い。
シンディーローパーの「トゥルーカラー」ってよく口ずさんでいたけど、初めて歌詞を知って、めちゃくちゃいい歌…、イギリス英語とロックな歌はめ
>>続きを読む

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

3.4

ヘンテコな設定だけど、主役3人の良さで観れる3時間。父に勧められたのが、変に泣ける…。

アマデウス(1984年製作の映画)

3.9

すごい見応え。お勉強にもなる。
権力のある世界のえげつなさ。
音楽だけが真実。みたいな感じもした。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

音楽が良い!見てて痛い!ベルリンはアナーキーだ。スパイ業界は複雑。日本人はMI6についてウィキペディアで調べてから見るべし!

フラッシュダンス(1983年製作の映画)

3.7

名曲ばかりだし、服装とかもいい味。
風景も小物もおしゃれや〜アメリカンスピリット!

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.6

ポジティブな空気に包まれたほんわか作品。ブリグズビーベアの本編見たくなる!

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

前作もハリポタも見たことなく鑑賞。エディの演技が楽しみで、吹き替えだったのが残念〜

次見るときは字幕にしよう。

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.5

オープニングとエンディングがとても好きだった。
ダブリンはホームパーティでカラオケするのか?ヒロインの女の子は私が男だったら、結婚したい人。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.2

美しすぎて、入り込めなかった。
なぜか美しいイタリアの景色も最後はちょっと飽きた。
見てるこの部屋とのギャップが大きすぎたのかも。

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.5

エピソードごとに変わる人々の印象。ろうそくの灯り。
歴史のサプライズに戸惑う。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

アバターのエイチもリアルのエイチもどっちもいい感じや〜!

マザー!(2017年製作の映画)

3.4

すごいのを見た。
だけど、多分もう見ない。
はぁ。

なむあみだぶつ。

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.2

姉妹の美しさに見とれていると
思いがけず難しい繊細なテーマ

全てはっきりとしてくれないモヤモヤ感 混沌とした時代にあの姉妹は明確に美しすぎる

ポリス・ストーリー 香港国際警察(1985年製作の映画)

3.5

ジャッキーチェン、おさらい。
とにかくスタント、アクションのサービス精神がやばい。
香港のいい感じの雰囲気も良すぎるし、ジャッキーは警察なのにトレーナー着てる。
それもまた良し!
子供の時、トレーナー
>>続きを読む

YARN 人生を彩る糸(2016年製作の映画)

3.5

手芸と女性には深い関係がある。
手芸や家事を毎日こなす女性には心当たりがあり過ぎる言葉。

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

3.6

子供の頃に見た映画。好きで何度も見ていた。子供としてみた時は不完全な父もまた魅力的なのだと知った。

トータル・リコール(2012年製作の映画)

3.2

こんなんやったな〜と、思い出しながら鑑賞。昭和生まれにはやっぱシュワちゃんの存在感がほしいと思ってしまう。未来でも殴り合いかい!と、昔と同じ感想です。
エンディングは私好みに記憶違いしていた…。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.2

オズの魔法使いのようなモスグリーンの世界。ムラムラした空気感の中にパワーアメリカンな感じも。

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(2017年製作の映画)

3.5

ゴーギャンと同じ誕生日なので、感情移入して見ました。
切ない芸術家の人生。
しかし、タヒチにおいて芸術家は白人の価値観か?とも思ったり。。
最近の映画は映像が美しくうっとりしてしまいますね。

サブリミナル・マインド(2016年製作の映画)

3.6

キモ怖ハラハラ映画。「悪い予感/人の気持ちは操れるのか/動機」観ている側の気持ちも揺さぶる作りになっている。
あまり良いこと起こらないけど、面白かったよ。

(2017年製作の映画)

3.7

大切なものを失うことになっても、その向こうに光が見える。
河瀬直美監督はその光を美しく描いている。

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.8

漫画と違うけど、動く登場人物が見られるワクワク感

太陽(2016年製作の映画)

3.7

SFな話だけど細かいところまでつじつま合っていて面白い。フィクション感あるけど、ラストシーンがとても好きです。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.5

オリジナルから連続見。他の皆さんの評価とほぼ同じ感想。
絵は嫌いではないし、綺麗だったので次回作に期待❗️

>|