抹茶マラカスさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

抹茶マラカス

抹茶マラカス

3.5フツー
4.0勧めれる
4.5ヒャッハー!!
4.8年間ベスト級
5.0生涯ベスト級

映画(350)
ドラマ(17)

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

サム・ライミ版もマーク・ウェブ版も暗めのヒーロー譚だったのを一新。青春で学校と地続きなピーター・パーカー。
メンターとしてのトニーも良かったけど、ヴァルチャーもある種ヒーローになるピーターには必要な役
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.3

かなりスリリングなサイコホラー。
我々にとっては犯人探しは主題ではないので、どちらかといえばサスペンス。
レクター博士の異常性がビルの異常性より際立つ怪演。
それだけでなく、潜入パートは最高にスリリン
>>続きを読む

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.5

うーん、思ったより。結局薫として生きた場面を振り返って、その時の思いを胸に母になろうとするのでは、実母の悲痛な叫びは何も解決されない悲しいことに。まあ自業自得とも言えなくもない部分もあるが。
あと父親
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

いい話ではあるのですが…
虐待と認知症及び障がいのある子どもの交流の方は上手くまとまってると感じましたが、学級崩壊の方がちょっと。
子どもを抱きしめて優しくしてあげることで、子どももまた優しく接してく
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

かなり良かった。
青春群像劇の中に、言葉を発せない呪いを自分にかけた少女に、本音を言わなくなった少年。これに2人を加えた実行委員で進んでいく話は引き込まれるものがあった。
そもそもの呪いの原因も順の所
>>続きを読む

ルパン三世 1$マネーウォーズ(2000年製作の映画)

3.4

決着は粋だが、後半の展開で追っ手がついてこれる理由がわからない。結構しっかり作ってただけにそこが勿体無く映る。

ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ(2006年製作の映画)

3.8

かなり面白かった。次元vsルパンの構図も盛り込みながら、群像劇のようにダイヤに一味それぞれが収束してく過程は良かった。
ただ、ミシェルの抱える思う父親像と現実の父親との乖離という当初からの問題点に関し
>>続きを読む

ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜(1999年製作の映画)

3.3

オルゴンエネルギーの扱いが雑。っていうかもうボスはハルクだし、ナザロフの変身能力は便利すぎ。
しおらしい不二子はそれはそれで魅力的だったが、ロザリアはもう少しうまく使って欲しかったかな。

ルパン三世 炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜(1998年製作の映画)

3.7

謎解き宝探しよりは、かなり戦闘アクションに振った作品に。
弱体化される五ェ門と次元。
そのぶん銭形のとっつぁんにカッコいいところが回って来てる。
ただ、不二子が日本でそこそこの雑誌の編集長に収まってる
>>続きを読む

ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密(1996年製作の映画)

3.6

モロッコ人に通りすがりの古畑です、は怪しまれるだろw
破けた服が再生してるとかそんなことはまあ野暮だとしても、流砂から助かったくだりの説明は欲しい。
ボスの正体とかもわかりやすく、わりとアクションに寄
>>続きを読む

ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!(1995年製作の映画)

3.7

此れも普通に面白いが、なんだか敵をネオナチにする必要と、女嫌い設定は別にいらなかったと思うんだ

ルパン三世 ロシアより愛をこめて(1992年製作の映画)

3.9

普通に面白いがラスプートンは超能力者だったってことなのか?それは指を身体中に突っ込むのと関係はあるのだろうか

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.7

良い、良い、と聞いていただけにそこまでぐっとは来ませんでした。
かなり救いのない悲しいラブストーリーでしたが、中盤でのここっていう山場が欲しいような。
菅田将暉さんの演技は完璧でしたし、綾野剛さんも池
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.6

今回も最後は何が何だかわからんサイズ感とヤケクソ気味にすら見えるドンパチ。もはやトランスフォーマーが地球の歴史に蔓延ってることが分かったのに、まだ米軍は必死こいてトランスフォーマー退治を続けるのでしょ>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標(2014年製作の映画)

4.2

ハードボイルドなルパンシリーズ。次元もカッコいいが、敵となる殺し屋、そしてルパンではある種定番の政府絡みの話だけは大きいところも良い。
ただ、前後編に分けて、其々にOP.ED、更には前編のおさらいまで
>>続きを読む

スーパーサイズ・ミー(2004年製作の映画)

3.5

マックを食い続けるドキュメンタリー映画。実証姿勢が面白いが、ファストフードについて社会に問いかける大きな作品。

劇場版 生徒会役員共(2017年製作の映画)

3.7

予告編詐欺はまあ予想通りにしても全年齢対象目指したとか嘘やん!!笑笑
いつも通りのバカな(褒め言葉)生徒会役員共でした!

まさかの映画化「劇場版生徒会役員共」
http://tea-rwb.hate
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.9

良い実写化で窪田さんの怪演が光ったかと。原作に丁寧ゆえに続編のための伏線がガンガンありますが、キャスト変更が少なくとも必要なのは残念。この座組でまた見たいです。

原作に丁寧に。「東京喰種トーキョーグ
>>続きを読む

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

3.5

味付けの濃さはそのままに、絵的な物体と話の風呂敷を大きく広げることに成功してしまった。そう、してしまったというべきだろう。明らかにカーアクションが多すぎるし、そもそもポストシカゴのアメリカのスタンスを>>続きを読む

ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え(1991年製作の映画)

3.2

展開は基本的には面白いが、多国籍軍がノルマンディー上陸作戦をルパン相手に展開するってのはフィクションでも度が過ぎたかな。いくら盗賊でも個人に対して多国籍は国際世論が倫理的に許されないはず。

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年製作の映画)

3.6

高カロリーは変わらず。二郎食いにいってるみたいだ。就活とかのくだり全カットでいいし、米軍強ええはカットで、人類がディセプティコン倒す展開はサムの一回で十分。米軍強ええのためにこんがらがるオプティマスに>>続きを読む

ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎(1990年製作の映画)

3.5

ヘミングウェイ・ペーパーのお宝周りは良く出来てたし、面白かったが、爆発したのにすぐ復活してるバー「マリア」と、もう一つの中心だったマッシュとの決着のつけ方の杜撰さが残念。ガルセスもあそこまで上り詰めた>>続きを読む

リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード(2015年製作の映画)

3.9

少し強引ながらも各キャラの特徴をしっかり分からせながら、見せ場もしっかり。
アーシュラ先生は失敗したらどう責任取る気だったのか、とか、シャイニーロッドの魔力が切れた描写の後でも魔法が使えていることとか
>>続きを読む

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(2017年製作の映画)

3.3

泣けますよ、泣けますけど、ノゲで私が好きだった部分はむしろ削ぎ落とされてしまってるのかなぁ。映像の美しさと2人の関係性だけでお金のもとは取れると思うけど、納得いかないとこが結構あった。
映画よりアニメ
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

4.2

バイバイバタフリーでやっぱり泣いてしまった。あと言うこと聞くリザード、リザードンがなんか不思議笑
ピカチュウの衝撃はまぁアリかな…

今だから出来たありえたかもしれない世界「劇場版ポケットモンスター
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.9

大量のギャグ&パロディ!此処まで来たらディ◯ニーにも喧嘩売って欲しかった笑
冒頭15分で1800円の値打ちはありました。
ただ、ずっと笑ってられたけど、シリアス部分で考えると微妙なところも。

漫画実
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.7

ヴィランとなるエレクトロに関しては、戦いもあるいはヴィランとなった顛末も、ノーマル状態も含めてgood。
だが、グリーンゴブリンとなるハリーは、流石に冷静さを失ってヒステリックに殆ど逆恨みと言って良い
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.4

とにかく残酷なまでにリアルな戦場描写。音響もかなり意識してる。
日本兵の考証もしっかり出来てる感じだし、この映画への思いを感じる。
願わくば、デズモンドが銃を取らない理由が前半部のレンガであって欲しか
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー02 ディアボロモンの逆襲(2001年製作の映画)

3.8

オメガモンがやられた後の絶望感は凄い。
僕らのウォーゲームみたいにエンジェウーモンとホーリーエンジェモンのとこを削って、ブイモンとワームモンに出番あげても良かったかも。

デジモンアドベンチャー02 前編 デジモンハリケーン上陸!!/後編 超絶進化!!黄金のデジメンタル(2000年製作の映画)

3.0

デジモンらしくない大人向けな雰囲気。
基本的には良いが、ホーリーエンジェモンとエンジェウーモンの究極体の安売り加減がどうしても許せぬ。究極体自体もそうなれるものではないし、ホーリーエンジェモンやエンジ
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!(2000年製作の映画)

4.8

世界中からの応援が仇となって敗北からのそれを相手に転送して勝利の流れは綺麗事じゃない応援を生かすパターンで爽快。
オメガモン登場だけで爆上がりだし、この時間で4人と3匹に事実上絞った結果の傑作になった
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー(1999年製作の映画)

4.0

パロットモンとの戦闘は完全に怪獣映画のそれだが、同時にファーストコンタクトものとしても秀逸。20分とは思えぬ濃密さと、思い出補正による懐かしさがすごい。
アグモンってデカイし、喋れなかったんだ…初代見
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ネタバレ食らった上で鑑賞です。

伊藤英明のスタンスが警察官と復讐者の間でブレてるのが残念。他の遺族と同様に復讐者として生きる決断をしてるから捜査情報の漏洩という大罪を犯して本を書いてるのに、最後に時
>>続きを読む

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女(2016年製作の映画)

3.8

アニメのみ視聴で原作未読。
魔法に対する説明の足りなさ、状況をすべて台詞で説明しちゃうとこ、主題の横ずれと放置、そもそも原作未読を置いて行くリーナ関連及び先輩の立ち位置、なんかみんな小笠原諸島にいるや
>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

4.3

お仕事ものジャンルでしっかりと林業について扱い、林業の意義も、抱える課題も描き出している。
また、地方に特有の村意識を乗り越えて、徐々にコミュニティに受け入れられて行く様も非常に丁寧かつしっかりと描写
>>続きを読む

ノウイング(2009年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ノアの箱舟×親子愛みたいな。
子どものことに取り憑かれたダイアナと、地球を救うことに取り憑かれたジョンの対比と思ってたら、ジョンの方も地球を救うのを忘れて自分の子と親との関係再構築に頑張りだしたのでア
>>続きを読む