森島さんの映画レビュー・感想・評価

森島

森島

映画(205)
ドラマ(0)

GO(2001年製作の映画)

3.2

メッセージも今更刺さるものではなかった
柴咲コウがかわいい

死霊のはらわた II(1987年製作の映画)

3.1

B級とも呼べないコメディ
主人公の一人芝居はよかった

インスタント沼(2009年製作の映画)

3.4

麻生久美子は絵が保つなぁとずっと思いながら時間が経って、最後にYUKIの主題歌が流れたから何となくいいものを観れた気になれた
何となく

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.4

映画への愛が溢れていることが退屈であることの言い訳になるのだろうか
溜めて溜めて開放するありがちなタランティーノだった
終盤は全部良かった

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.0

オタクの都合の良い妄想としか思えなかった
きれいな絵は実写でいい

ブレイド(1998年製作の映画)

3.3

この手の映画はスクリーンで観ないと面白くないし戦闘シーン以外がちょっとひどい

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

松岡茉優がオナクラで働いているシーンがあるから名作

死霊のはらわた(1981年製作の映画)

2.8

ハラハラドキドキはするけど今観るとチープさしか感じなかった

メランコリック(2018年製作の映画)

3.5

話がねじれてねじれていく感じが心地良かった
コンビ物として良い
リアリティに欠ける部分とか矛盾には目を向けないようにした

下妻物語(2004年製作の映画)

3.0

色彩が過剰すぎて内容が頭に入ってこない
スクールカーストで下の方にいた女性が好きそう

アメリ(2001年製作の映画)

3.6

演出もユーモラスなところも色彩も好きだった
女の都合のいい妄想としか思えない自分もいた

(1963年製作の映画)

1.6

最初から最後までどこか名作なのか分からなかった

悪の教典(2012年製作の映画)

3.0

サイコパスを丹念に描いていて良かったけど殺し始めてから単調だった

ホテル・ルワンダ(2004年製作の映画)

3.3

感動の実話
エンタメとしてはあんまり(そもそもエンタメ系ではない)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984年製作の映画)

3.4

話を理解した上で観ればめちゃめちゃ面白いと思う
一回では分からない

カジノ(1995年製作の映画)

3.3

途中からカジノ関係なくなってた
マーティン・スコセッシのマフィア物は安定している

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.7

後出しじゃんけん感があったけどハラハラドキドキだった
少し長いのが残念

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

2.8

演出と色彩が過剰なPVを二時間見せられている感じだった
好きな人は好きそう

>|