けんさんの映画レビュー・感想・評価

けん

けん

劇場版 呪術廻戦 0(2021年製作の映画)

3.8

戦闘シーンかっこよすぎ
まとまって見やすい
あまり考えずに楽しめる作品

浅草キッド(2021年製作の映画)

3.8

まるでミュージカル
柳楽優弥の所作に感服
師匠の人柄に熱くなる
こういう生き方したかったと思わされる

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.7

悔しいけどいい映画。
本当によく作られており、どんどん話が繋がっていく。

途中で、「いやいや、それはおかしいやろ」と思ったところも後から説明され、一応納得はした。

遊園地の時はガラケーで写真撮って
>>続きを読む

鳩の撃退法(2021年製作の映画)

3.4

よく意味がわかんない!笑

なんのために殺すのか、なんの関係性でそうなっているのか、何の目的なのか、ずっとよくわからない映画。

ずっと違和感があり、それらが何も解決しないまま終わってしまった 笑
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

3.8

鈴木亮平の映画。
これに尽きる。
まさに怪演。この人がいなかったら映画の評価も大きく変わるだろうと思うほどの存在感。

作品としては前作より少しカラッとした感じで雰囲気がだいぶ変わっていた。

若干の
>>続きを読む

明日の食卓(2021年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

それぞれの生活があり、今にも崩れてしまいそうなくらい不安定の中、なんとか日常を暮らしている3家族。

物語の中盤から終盤、徐々に家庭が崩れはじめ物語は加速。
とても惹きつけられていった。
子役の演技も
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

3.8

本当にリアルで下北の日常的な生活を切り取ったかのような映画。

1番印象に残ったのは伊波とのhomeでのシーン。
余計なBGMなど一切無く、役者の演技力一本で魅了する。惹きつけられる。心地良く、自分の
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.4

なんかよく分からなかった 笑

あとちょっとノリが苦手かもしれない

折角、音楽や映像は綺麗で良いのに、中途半端なコメディ要素入れるからチープになった印象。
コメディ要素薄くしてもっとヒューマンストー
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.4

余韻に浸れる映画ではあったが、
最終的に何も解決しないまま終わった映画。

恐らく、とても緻密に丁寧に作られた結果であると思う。

細かいところにも気を使っており、非常に現実的でリアルを追求した結果、
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

3.8

最初の明るい感じから徐々に重たくなったいき感情が大きく揺れ動く映画。

最初の頃は、育て親の方に感情移入しており、この家庭を壊さないで欲しいと思っていたが、光の人生にスポットを当て始めてから、その境遇
>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

3.8

最後のシーンで様々な解釈ができるのは、それまで、兄が心に闇を抱えてる感じが上手く表現されていたのと香川照之の演技力。

凪待ち(2019年製作の映画)

3.7

どうしようも無いグズな男の郁男
ただ、そんなクズ男でもあまりにも可哀想出来事が次々起こる。

こんなにもクズ男なのに同情してしまう主人公の絶妙な人間味。

他の映画(ステップなど)でもそうだが義理の家
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.6

友人も言っていたが、この映画のように、大どんでん返しを謳う映画は基本肩透かしをくらい、後味が悪くなる。

そもそも、オチを予測させるような、話の構成では無いので騙されたも何もと言った感じ

また、大泉
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.9

難しいこと考えずに純粋に、自然体で楽しめた作品。

途中、心が離れていく様に胸が痛くなる。
お茶やコーヒーを出してくれる時、かかさずお礼を言ってた麦くんが徐々に言わなくなってきて、
あぁー心離れていっ
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

元ヤクザの三上が出社後、人と繋がり支えられながら社会復帰していく様を描いた作品。
この監督の特徴でもあるが、全体的にボワッとしており、物語に大きな変化がないまま進んでいく。

基本そのような邦画特有の
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

3.9

序盤から終始泣きっぱなし。
美紀の成長を紆余曲折ありながらもうまく描かれており感情が入りまくってしまった。
中盤で少し、落ち着いたものの、その中で家族の変化や環境の変化をしっかりと描かれていたため、謝
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

大枠として3年代の構成となっているが、起承転結がしっかりしており、分かりやすい内容。
また、本来こういう映画の場合、起承の部分が薄味になりがちだが、起の部分では下手に説明を入れていないため、賢治がどの
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

場面転換が多く、見直さないとついて行けなくなるものの、話としては非常に見入る内容。
国岡のかなり濃ゆい人生を、2時間半という短い時間で表さないといけないため、やむを得ない部分もあるが、もっと深掘りして
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.5

友人から勧められて鑑賞
邦画独特の世界観は嫌いではない。
色々な出来事の積み重ねだが、それぞれ結末がどうなったか、恐らくわざと描写されていない。本作品の巧なところ。

新聞記者(2019年製作の映画)

3.8

自分の正義を貫くか家族を守るかの間で揺れ動く心の葛藤が上手く表現されており、見てる側も悩まされた。
こういう世界が本当に存在しているのかは分からないが、目に見える表面だけを信じるなと言わんばかりの、現
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

感情の描写が下手くそな映画だと感じた
「7人の中で片思いのベクトルが飛び交う」みたいなことを言っていたため、様々なストーリが展開されることを期待していたが、山田裕貴、斎藤飛鳥以外の描写はほとんど無し。
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.4

前半と後半で映画変わりました?
個人的には前半の世界観の方が好きだった。
あと安藤サクラを活かしきれてない感じがした。