てりたまさんの映画レビュー・感想・評価

てりたま

てりたま

評決のとき(1996年製作の映画)

4.4

見たと思って何十年も見逃してたー。なんで見なかったんだと悔やむほどいい作品でした。主演デビューとは思えぬマコノヒーの演技、よかったです。そして若くてとてもセクシー…脂のってるよ。
脇を固めるサミュエル
>>続きを読む

リバー・ランズ・スルー・イット(1992年製作の映画)

2.0

小説原作って感じで、映像とブラピの美しさをめでる作品で。

ボーイズ・ライフ(1993年製作の映画)

3.3

こんなに若い頃からこんなに演技できてすごいなぁーという感想。
当時の女子供の弱さを思い知らされる映画。名優デニーロがとことんモラハラDV男を演じる。

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.8

ラブストーリー。犬も出てくる。
仲が悪いお隣さんからはじまる感じが良き。獣医の受付と先生とかちょいちょい良いキャラもはさみつつ。
わかりやすい「愛」の作品で安心して見れます。

全く関係ないが、こうい
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.7

foxニュースのセクハラまみれなテレビ業界の裏側の話。まるで20年前のようなやり方のセクハラが起こっていた。
地位を掴むため奮闘する女性たち。
初めのうちは大統領選挙戦のニュースに盛り上がっているが後
>>続きを読む

悪の法則(2013年製作の映画)

1.1

麻薬絡み。
女豹役のキャメロン・ディアス…メイクやファッションが派手な役柄ゆえに、こんなに老けてた?てのが際立ってしまった。スパみたいなとこでうつ伏せでとても離れた位置にあるキャメロンのお乳の位置、な
>>続きを読む

パーフェクト・ストレンジャー(2007年製作の映画)

1.1

世にも奇妙な物語を見ていると思えばまだマシだが映画としてこのストーリー展開はなんだそりゃ(ガッカリ)のやつ。それやっちゃうなら今まで見てきたものは何だったんだ、潜入もなにもかも茶番では…何を見せられて>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.6

ベトナムで同じ軍隊にいた旧友。
アメリカの悲しい部分よね。色んな戦争がずっとあるわけで…。
ロードムービーで暗い感じにはならず昔話で盛り上がったり軍人としての絆であったりを感じながら進む。
電車で盛り
>>続きを読む

マックス・ペイン(2008年製作の映画)

2.7

妻と子供を殺された警官の復讐。
後半ムチャクチャで雑ぅー。漫画みたいになってた。
後でwiki見たら原作がゲームなのね…なるほど。そらストーリーより撃ちまくるわな。

ハスラーズ(2019年製作の映画)

4.8

もっともっと評価されるべきジェニファー・ロペスの完璧なボディと完璧なダンス、それを堪能出来る映画。
この映画撮影した時のジェイローは50代目前?!そりゃメイクとかあるにしても…キレイでセクシー過ぎる。
>>続きを読む

ヘヴン(2002年製作の映画)

1.5

爆破犯の美しいケイト・ブランシェットに一目惚れしちゃったボクが逃亡するよ。
最後までセリフも少なく見つめ合うふたりが手を取り合って逃げる。…だけの話、なのでイマイチ盛り上がりもしなかったな。
坊主に白
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.0

小さくなれる化学発明。
すごく長かった…。はじめのうちはお金や人生の充実に焦点が当たっていて、小さくなったらどうなるの?という興味。後半は、いずれ起こる人類絶滅どう生きる?重すぎず軽すぎずな感じで進む
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

2.9

家族や仲間が亡くなり、主人公はずっと悲壮感を抱えている。現実として、何人ものパイロットの仲間が亡くなり奥様たちの心労もハンパないよね。
静かに進んでいき終わってゆく映画だった。

レイトナイト 私の素敵なボス(2019年製作の映画)

3.8

タフな女性の人気司会者、コメディショー降板の危機をどうするのか画策する。
白人の救世主よーって街に出る企画はアメリカらしいなと、新しい企画に挑戦していくあたりが面白かった。
夫婦の関係、スタッフの関係
>>続きを読む

誘拐の掟(2014年製作の映画)

3.4

元警官の探偵、誘拐犯を探す。
やはり悲しい過去を背負う役がうまいリーアム・ニーソン。誘拐犯のやり方が残酷でサスペンス色強めで進むが後半はドンパチしてる間に終わってた。あれ?あ、終わりか、て気持ち。

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

4.5

見終わった後もしばらく甘い気持ちの余韻にひたっていられる映画。
失恋した女性が一人で遠くへ旅立ちその場所で出会う人々の人生に関わり、彼女はだんだん大人になっていった。必要な経験と時間だったんだね。
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.3

実話を基にした話。
別れた彼女が急病、自分の夢、家族の願い、結婚観などなど、主人公の彼にはいろいろありすぎた。
本人達にしたらそれはそれは大変な事で一生忘れないでしょうね、だから映画にしたんだろうけど
>>続きを読む

ノック・ノック(2015年製作の映画)

1.0

キアヌが女の子達にはめられるお話。
え、終わり?ポカーンだった。
見なけりゃ良かった映画ナンバーワンかもしれない

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.4

アクションコメディ。
ドウェイン・ジョンソンが時々見せる元イジメられっ子の子犬のような表情がかわいい。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.5

レオとブラピ。
タランティーノの好きな物がとにかく盛り込まれてる映画だった。
ブラピがセクシーだった。

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

面白かった!
主人公トニーのキャラがいい。用心棒にぴったりの人物。もりもりよく食べる、人も殴る、口が悪い、けど人情はある。まるでジャイアン‪w
ドクは黒人だけどまるで黒人ぽくない。this is us
>>続きを読む

パリ、嘘つきな恋(2018年製作の映画)

3.0

女大好き嘘つきオジさんのラブコメ。
嘘つくにももう無理あるでしょーってとこまで行くと笑えてきて微笑ましかった

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

5.0

ムンバイで起こったテロ。
なんて惨い…何も躊躇すること無くホースで水をまくよう銃で人を撃つテロリスト。なんて酷い、悲しい。
終始リアルすぎる恐怖、緊張感が途切れない。
ホテルの従業員の人間性が素晴らし
>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

2.9

麻薬取締警官のデンゼル・ワシントン。
デンゼルがセクシーだった。ほんと何でも演じることが出来るんだなー、凄い。

ランダム・ハーツ(1999年製作の映画)

1.8

飛行機事故によって妻、夫が不倫していた事を知る。残された者同士が近づいていくジリジリ具合までは良かったけど、くっついてしまうとただの不倫ラブストーリーみたいになってイマイチだった。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

1.8

盲目のシングルマザーが息子の為に働いて働いて貧しくて苦しい日々をおくり、救いようのないぐらいとことん可哀想な展開へと進む。
マツコ・デラックスが最後まで見れないって言ってたけどこれはそうだねぇ。何を救
>>続きを読む

ニューヨーク 最高の訳あり物件(2017年製作の映画)

1.5

豪邸を慰謝料として受け取る2人の元妻たちの話。
面白さは…あんまり無かったなぁ。
賢く経済的に自立して生きていくって大変だよね。

ボヘミアン・ラプソディ ライブ・エイド完全版(2018年製作の映画)

5.0

ライブエイドのシーンからエンドロールまでの部分を何度も何度も繰り返し観ている。
素晴らしくて全曲泣きながらみている。
いい曲だなあ、観客との一体感素晴らしいなぁ、最高の声だなぁと涙があふれる。

奇跡の絆(2017年製作の映画)

3.7

実話を基にした話。
デンバーがぽつりぽつりと話す過去の話が悲しかった。幼少期からずっと貧しく人種差別の中で生きてきた。
エンドロールの本人映像にぐっときた。
似たような話のサンドラ・ブロックが貧しい黒
>>続きを読む

命みじかし、恋せよ乙女(2019年製作の映画)

1.0

日本を幻想的にトリッキーさを混じえて表現したかったのでしょうが、ちょっとした部分でいちいち違和感。大違和感。セーラー服に緑ジャージ着た35歳ぐらい(に見える)女性がアヒル口してして登場した時点で、わあ>>続きを読む

交渉人(1998年製作の映画)

5.0

面白かったぁ。
昔テレビで見た事あったからそれ以降は再放送があっても見ずにいたんだけど、20年経ち今見たら改めてこれ凄く良い映画じゃん!てわかった。
まず出演者が良い。
主演サミュエルの演技がカッコイ
>>続きを読む

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

4.1

面白かった~。
実話を基にしたプロレス一家の話。
ジャケ写からドウェイン・ジョンソンがお父さんで主役なのかと思ったら全然違った。
お兄ちゃんの彼女の両親と家族の顔合わせするシーン地味に面白かったな。
>>続きを読む

ナインイレヴン 運命を分けた日(2017年製作の映画)

5.0

9.11を知っていると、階段を上る消防士を見るだけでもう涙が出る。わかっていて見るのにはとてもつらい。だから初めから「エレベーター」という密室の話だからもうずっと悲しい気持ちで見ていた。

今何が起こ
>>続きを読む

ローマ発、しあわせ行き(2016年製作の映画)

2.4

ロードムービーにちょっとラブコメをプラス。
SATCファンへの気遣いなのかSJPの吹き替えがキャリーと同じ声優さんだった。おかげでキャリー・ブラッドショーの恋愛体質とかぶりっ子気味な部分が見えちゃって
>>続きを読む

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

2.3

若くして自分の命があと僅かと知った女性の話。
まだ23で二児の母、トレーラー暮らし。苦労しかない物悲しい空気のまま進む。夫にも娘たちにも自分の病気の事は話さない。
スカイダイビングしたいとかそんな派手
>>続きを読む

>|