てすさんの映画レビュー・感想・評価

てす

てす

見た映画と当時の感想を思い出すため。
個人的に4.0の壁が大きい。

映画(298)
ドラマ(6)

虹の女神 Rainbow Song(2006年製作の映画)

4.1

働き方改革の今はわからないが、少し前まで映像業界まんまこの感じ。
市原隼人といえばこういう中二っぽい役の方が個人的には好き。
構成が上手いです。

マン・ダウン 戦士の約束(2015年製作の映画)

2.3

構成がぶっ飛びすぎて最初から嘘くさいのと演出があざとすぎて受け入れられなかった。
一言でいうとダサイ。

クリントイーストウッドの映画の方が断然良い。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.2

ラスト近くの父親の語りがこの映画のキモだったように感じた。
ラストまで多くは語らず、感じさせる。
その的確に言葉にしづらい感覚的な部分を、最後に父親はちゃんと言葉にして説明する。

けどちょっと長いか
>>続きを読む

トランスポーター(2002年製作の映画)

3.7

車のCMかと思うぐらい、車の撮り方がうまい。
運び屋なのに、強い。
神経質で雇い主に媚びないプロの仕事。

>|