てしたさんの映画レビュー・感想・評価

てした

てした

2017/12/06〜 映画館で働いています。洋画が好き。声優さんが好きなので出来る限り字幕と吹替どちらも観るようにしています。サントラ収集も好き。アニメ作品も観ます。ほとんど鑑賞記録。レビューは書いたり書かなかったり。

映画(34)
ドラマ(0)
  • 34Marks
  • 24Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

160分越えの作品なのにもかかわらずあっという間だった。

スコアは暫定。ぶっちゃけオールスターのわちゃわちゃ映画!としてみれば5.0も軽いんだけど、内容含めると次作を観ないとなんとも言えない…。
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.9

終盤なぜかずっと泣いてた。
ゲームが好きなら是非観た方がいいし映画が好きなら観た方がいい。
どっちも好きならなお観た方がいい。
音楽も最高、未来にこんな体験ができるようになるのかなって思えるのも最高。
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

涙腺弱々な自分は冒頭から最後の最後までひたすらに泣いていた。結果、鑑賞後はどっと疲れていた。内容がめちゃくちゃに泣ける感動モノ!と言うわけではなく、ただダンスと音楽が素晴らしく良かった。

そもそもi
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

Twitterにて鑑賞前にサントラをきちんと聞いて行くべき!みたいなのが流れてきたので鑑賞準備のためにサントラを入手したはいいものの、グレイテストショーマンのサントラが良すぎてこちらを聞く暇もないまま>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

20180109/吹替
20180111/字幕
20180117/MX4D吹替
20180123/MX4D吹替


何回観るんや!ってぐらい自分の中でMX4Dハマった作品でした。
そもそも、エグジー役
>>続きを読む

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

3をスクリーンで見るために初めて視聴。
原作未読。

と、いうことで続Huluありがとう。

1については探偵物・推理物と期待していたがためにどうもこの【探偵】のポンコツ感が気になりすぎる、、という結
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

映画館で見た後の記憶を頼りにレビュー。

当時書店で働いていた自分はすかさず原作本を購入し2時間で読破、気になる点はあるものの映像化を楽しみにしていたのだけれどいざ劇場で見てみると全くの期待はずれ。
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

映画館で観た後の記憶を頼りにレビュー。

また漫画の実写化か、と言うのが実写化決定告知を見た時の感想。
作品名をあげたらきりが無いほど溢れている駄作実写化映画をさらに増やすのか…というため息しかでなか
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

待ちに待ったソー3作目。
観に行く前日に必要ないかなあと思いつつ1作目2作目を見返して行く徹底ぶり。
当日は妹と色違いのMARVELパーカーを着て観に行くという浮かれ具合。頭おかしい。

上映スケジュ
>>続きを読む

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

邦画はほとんど見ないためタイトルは知っていても特に観ずに過ごしてきた作品。3が上映されているのでこれはスクリーンで観る絶好の機会、と思いシリーズに手をつけました。Huluありがとう。

北海道には行っ
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

他の方のレビューを読んでいて気づいたことがあったので追記。


DCEU始動後初のヒーロー大集合映画。
DC初見だとスーパーマン死んでんの?ってところから始まる気がするんだけどその辺りどうなんだろうか
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

全体として、演技、雰囲気、台詞や間、音楽 全てにおいて好みを突いてきた作品。

キャストに関して、子役のマッケナグレイスは難しい問題を解いた後の勝気な笑顔、叔父フランクとじゃれて喜ぶ笑顔など表情の演技
>>続きを読む