tesseiさんの映画レビュー・感想・評価

tessei

tessei

映画を観た後って誰かと話したくなる。

映画(289)
ドラマ(0)

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.2

平和がいちばん。みんなで笑ってられるのが、いちばん。それ以上になにをのぞむのか。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.3

「もっとも崇高な芸術とは人を幸せにすることだ。」かっこいいなぁ。

この映画は、"みんな"のための映画だと思う。黄色い肌の人も黒い肌の人も白い肌の人も、子どもも大人も"みんな"のための映画。メッセージ
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.5

とっても好き。

大衆映画、ずっとサビみたいな映画で、メッセージがクリアでわかりやすい。見ててすごく気持ちいいし、登場人物のほぼ全員がいいやつ!チャレンジし続けたい!

とりあえず、ワイヤレス時代に、
>>続きを読む

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

「私はゲイだ。」主人公の父親が、本当の愛に気づいたのは、75歳の時だった。

過去を遡り、母親と父親が本当に愛し合っていなかったことが、回想シーンで描かれている。

感受性が高すぎる主人公は、当時子供
>>続きを読む

海を感じる時(2014年製作の映画)

4.3

過去に人にされたりしたりしたレインボーの喜怒哀楽が、全て今の自分に集約されていて、静かな海の海面のようにどこまでも一直線につながっているように感じる。

大きな海を前にして、自分の悩んでることの小ささ
>>続きを読む

コンセント(2002年製作の映画)

3.7

おもしい世界観だなぁと思います。
すごくお勧めできる映画かと言われるとそうでもないですが、個人的に嫌いじゃないです。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

登場人物が全員、他に依存している弱いダメな人たち。すごく共感できないところが多い。理性をとっぱらったらこうなるな的な。

ただ、そんなどーしようもない彼らがやっぱり愛おしいし、登場人物の気持ちがわかっ
>>続きを読む

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

4.4

新しい世代がきたなぁ。

僕の2つ下の監督。

音楽のチョイス、映像の写し方、ストーリーの作り方、独特できれい。部屋でこんな映画を流しておきたいなぁ。

そんなにお金かかってないかも、と思いながら、、
>>続きを読む

Shall We ダンス?(1996年製作の映画)

4.1

ダンスしたくなる映画。社交ダンスの火付け役的な映画。これでダンスが流行るの、わかるなぁ。

でもでも、演技がなんか大根なんだけど、途中からそれも慣れてくる。また、演出がちょっと過ぎるな、とか、いろいろ
>>続きを読む

傷だらけの悪魔(2017年製作の映画)

3.7

一匹狼って魅力的だな。最後のバタバタ人が倒れていく演出がすごく気になりましたが、伝えたいことがシンプルに伝わってきました。

サムサッカー(2005年製作の映画)

4.8

いつも"正しい答え"をもとめてしまう。でも、そこに答えはない。自分らしく生きて、それでいて人生を謳歌すべき。病気や癖なども個性としてとらえ、堂々と表現する。

とても綺麗で、哲学的だけどしつこくない映
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

4.2

恥ずかしいほどに純粋無垢で、不器用できれい。その程度は、観ている人をちょっと照れくさくさせてしまうほど。

オチを求めてしまうあまり、「え、もう終わり!?」となってしまったが、少し時間が経つと、じわじ
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.1

いろんなメッセージがつまった映画。ディズニーこんな映画も出すんだなぁと見終わってからすごく感心した作品。

子どもができたら、みせたい。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

4.2

大好きな岩井俊二監督の、その中でも最も好きな作品がアニメ化されたことだけで、嬉しい。セリフがそのまま再現されているところも多く、アニメ化で多くの人が見ること自体が嬉しい!

作品としては確かにイマイチ
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0

ルイーザが魅力あふれすぎる映画。服もキャラクターもめちゃ素敵!表情がとても豊かで、尊敬するレベル!

介護士じゃないかもですが、お仕事の素晴らしさ、それから結構美化されてると思うけど、尊厳死について、
>>続きを読む

私の男(2013年製作の映画)

3.6

凄い表現力。好みかというとそうではない。

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.8

狂気に満ちた名作。感情表現の乏しい主人公の行動が裏目に出てしまい、どんどん人を殺してしまう物語。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.8

熱い、母ちゃんだったなぁ!!誰かのためになりたいという気持ち、1日1日を一生懸命いきたいと思う気持ち、宮沢りえの熱い演技に心震えました。

めちゃくちゃ良い!!!!!

百円の恋(2014年製作の映画)

4.5

本気で、熱く闘った、その成長痛だけが次の道を開く一歩となる。いちこ、カッコ良すぎ。

>|