のさんの映画レビュー・感想・評価

の

映画(49)
ドラマ(11)
  • 49Marks
  • 3Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.1

ずっと観たかった作品~!と思って再生したら知ってるエピソードが語られていて、おや?2回目かしら?となった 2回目でもよかった
わたしはわりと人の死を重く重く受け止めていつまでもメソメソしてしまうタイプ
>>続きを読む

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

4.6

you're my potato chip...
頭のほうから延々泣きっぱなしだったしなんなら今も泣きながら書いている
小さいころに考えていた「親を失うこと」がそろそろ現実味を帯びてくる中で、当時の果
>>続きを読む

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

小気味のよいテンポのコメディでけっこうおもしろかった、あと東北訛りがすき
人情に厚い人が多く出てきていたし、ご家老が文句を言ってた内藤さまのやさしさがあとから大きくなって返ってくるシーンはじんわりきた
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2000年製作の映画)

4.2

三人の笑顔かわいい~
アクションも色仕掛けも潜入も、個々の能力が高いのはもちろんなんだけど三人で協力してやってくのすき あとボスレーとチャーリーの愛され感もいい…怖いボスとその右腕、ではなく、エンジェ
>>続きを読む

ポーラー・エクスプレス(2004年製作の映画)

3.6

おそらく2回目
PS3くらいのCGゲームを見てるみたいなかんじの映像はけっこうすき
あの「北極の王」と名乗ったおじさんは一体何者なんだろうな…雪となって消えるときに手が最後に残るとか車掌さんも昔助けら
>>続きを読む

バッド・ティーチャー(2011年製作の映画)

3.0

欲望のままにやりたい放題するキャメロン… え~って思うことが多かったけど、気の弱そうな同僚に奢らせてたランチが最後はワリカンになってたのはよかった(?)

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

弁護士が怖すぎ
途中で夫婦が感情のままに言い合うところは感情に押し潰されそうになってた 病気になって死ねばいいと言ってしまったあとで泣くシーンがなければキツかったかも、わたしの気持ち的に…
読みたくな
>>続きを読む

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

アレックスの距離感がけっこう好きだったな~!と思った
結婚とか恋愛とか別に気にしなくてもいいじゃない、友達同士楽しくワイワイ、みたいな映画かと思い込んでいたので 結局ほとんどみんな誰かとくっつくのかと
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ好きかもしれない
金目ではなく夢を追いかけたひとたちがちゃんと周りから評価される終わりでスバラだった、ネズミはまあ……

ムーンは理想ばかりで現実から目を背けているようで苦手かもと思ってい
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.1

ウーン
絶対今そう思ってなかったでしょ!とか 最後別れてしまうやつ…とか このあと事故に遭うのでは?とか そういうことたくさん考えてしまった。傍目に見たらドラマチックなわけでもないような誰か知らない人
>>続きを読む

神様の思し召し(2015年製作の映画)

3.1

最後どうなってしまったの!教えて、、
途切れ途切れで観てしまったせいもあって、終盤畳み掛けるように家族が丸くなっていった感じがした

ひみつの番人(2001年製作の映画)

4.3

エミリーとフィリップのお茶のシーン、とてもかわいらしくて好きだし 二人がへんてこな名前で呼び合ってるとことか フィリップのちょっとお調子者な表情とか 最高にいいなあと思う
エミリーとフィリップのかわい
>>続きを読む

フィフス・ウェイブ(2016年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

2nd waveのところは恐怖でしかない 最近水害が多すぎて水の力の大きさを目の当たりにしてしまい、「これはフィクション…」という冷静な目で見れない
子供たちが実戦に送られるところは怖すぎて一気に観れ
>>続きを読む

ネイバーズ2(2016年製作の映画)

3.0

前作が気に入ったとかそういうアレもなく、でもChloë Grace Moretzが好きなので観た
前作の人たちも引き続き出ていて、なんだかんだ主人公と前作の大学生が手を組んだり、前作のネタを活用してた
>>続きを読む

ネイバーズ(2014年製作の映画)

2.9

自分にあんな感じで毎晩騒ぐ隣人がいたら精神的にキツすぎるなあと思ってしまった…
生涯の友人というかそんな感じの出会いを果たした仲間ではあるのかもだけど、節度を持って楽しんでほしいなあと考えるわたしはも
>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

3.6

主題歌くらいしか知らなかった
ポニョと宗介の純真さが眩しい…リサのようなひとかっこよくて好き

一枚のめぐり逢い(2012年製作の映画)

3.4

戦場から帰還してすぐの、神経が休まっていない感じが本当に悲しい。現実にもそうやって心を蝕まれてしまう人が多いのだろうなと考えてしまう
主人公にとって居場所が見つかったのはよかった…気づかぬうちにドッグ
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.4

くんちゃんの声、子供ぽくないので違和感。それでも、親の関心を取り戻そうとワガママを言う様子とか、思い通りにいかなくて怒りやストレスをどうにもできずに喚くしかない様子とか、どこか自分の幼いころを思い出し>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

自転車(ロードバイク?)で通学するシーンとか、テスト飛行で機体が浮き上がったときの感覚とか、実際に本番の飛行で平行になって進んでいくところとか、こう、広々とした空間を感じられてよかった…
自分自身いろ
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

うーん
最初からすでにクモの能力を得ていたり、アイアンマンと関わりがあったり…アベンジャーズに疎いので全然『スパイダーマン』ぽくなかったと思ってしまったし、アベンジャーズシリーズも観てないとトムホのス
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.1

シリーズ全部観るという意思のもと鑑賞
なんだか解決したのかしてないのかわからないままに終わったけどいいの?ともやもやしていたらエンドロールで日本語の曲が流れてきて全部飛んでいった

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

だめだあ……びしょびしょに泣いてしまう
最近ララランドで「愛しているひとと添い遂げられないライアンゴズリング」を見ていたので、「愛するひとと一度は離れながらも添い遂げることができたライアンゴズリング」
>>続きを読む

キャプテン・ウルフ(2005年製作の映画)

4.1

たぶんヴィンディーゼルを知った作品がこれ
ムキムキのひとが子供に振り回されている(そうでもないかも)様子はけっこうすき

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

3.8

たまたまテレビでやってたのを途中から。
シリーズの他作品を観たこともなく、事前知識ゼロで観たけれど そんなに複雑ではなくて気づいたらアクションにのめり込んでいた
脳みそが黙りこんでしまうほどの筋肉…す
>>続きを読む

シンデレラ・ストーリー(2004年製作の映画)

4.5

ふとしたときに観たくなる
主人公が周りに愛されていることがわかるダイナーのシーンがすき

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.4

何度観てもすき
キャラクターもストーリーも音楽も、全部がストライクゾーン

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

2.3

エマストーンとライアンゴズリングがいいのよ〜(おばちゃん)

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.0

ザックエフロンは青春のかたまりってかんじ

欲を言うなら息子や娘がその後どう過ごしているかまで知りたかった

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.1

メッセージ性が強すぎて最後泣くというかんじではなかったけれど
ひとつひとつの手紙がつながっていくストーリーはすき

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

映画の趣味が合うひとにオススメされるまで、人気すぎて評価が高すぎて避けていた。
初見時は急に歌い出し急に踊り出す、あのミュージカル特有の感じについていけなくて でもいつのまにか夢中になっていた cit
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

よしか、自分と重なるところが多かったり 共感するような共鳴するようなシーンがあったりで 途中何度か自分を見ているようでキツくなるところもあった
でもニと一緒にいることへの幸せに完全に同意はできなくて
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

-

the virgin suicidesでもそうだったけど 男の子がのどにひっかかるような声のかんじで淡々とナレーションしてくる映画に弱い気がする

ワン!クリスマス・イブ(2015年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

ほっこりよりコメディー色が強いようにかんじた
自分の気持ちに余裕があるときじゃないとちょっとみれないくらい不幸が起こるのはなんとも…

>|