ボクちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

ボクちゃん

ボクちゃん

映画(63)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.9

シンプルに楽しめる映画。

デビュー前からスーパースターに上り詰める過程で、彼の孤独と葛藤を描いたストーリー。

エルトンジョンの曲はそんなに聞いたことが無かったけど、やはり天才だと思った。

様々な
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

前半はコメディ的映画かと思った。

後半はなかなかシナリオも練られていて、シリアスな映画になったと思う。

ただ見終わって劇場から出るときは、暗〜い気持ちになった。

楽しかったとか、よかったーと言う
>>続きを読む

ディーン、君がいた瞬間(2015年製作の映画)

3.0

デビュー当時のジェームスディーンの才能に惹かれたカメラマンが、ジェームスを追いかけて撮影した、歴史ドキュメンタリー映画。

ジェームスディーンが好きだったので興味があって見た。

とくにおもしろいと言
>>続きを読む

ミッドナイト・ガイズ(2012年製作の映画)

3.8

面白い

年老いたギャングの友情物語。今までにないギャングのストーリー。

アルパチーノ。

出所した親友のギャングを、ボスの命令で、約束の時間までに殺さなくてはならない男。

殺す方も辛いが、殺され
>>続きを読む

幸せな男、ペア(2018年製作の映画)

3.2

最後まで見入ってしまう作りだが、結局何を言いたいのかよくわからず。

頑固でプライドが高い技師の話し。つまらないプライドに縛られて本当の人生の目的を叶えられなかった男の話し。

大阪商人のように金のた
>>続きを読む

マンデラの名もなき看守(2007年製作の映画)

3.4

マンデラが30年近く牢獄に入っていたにも関わらず、国民がマンデラを支持していたのが凄い

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.3

実話
ケヴィンコスナーが父親役

何の知識も無く見始めて中々面白いと思った。

モーグル選手からポーカーハウスの経営者となりFBIに逮捕され、裁判するストーリー。

数々のギャンブルシーンはスリリング
>>続きを読む

ラストツアー​(2019年製作の映画)

2.4

老人が再びコメディアンとして50年ぶりに舞台に立つ話し

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

ロンドン行き機内で観た。本当にいい映画。アメリカって本当にいい映画を作ると思わされた。

まだNASAが有人飛行に成功していなかった1960年代。知られざる3人の天才黒人女性達の活躍で、ロケット打ち上
>>続きを読む

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

3.9

飛行機で偶然観た映画が、とても面白く楽しめた。そして程よい感動も。

子供の頃からオリンピック選手に憧れ、色んな競技を試すが、才能がない主人公。それでも諦めずついにスキーのジャンプでオリンピックを目指
>>続きを読む

JOY(2015年製作の映画)

4.0

今までになかったタイプの感動の映画。いい映画だった。ホロっと来た。

家庭、子供、仕事、様々な問題を抱える主人公ジョイ。彼女が思いついた製品が苦労の末に大ヒット。1人の女性が成功をつかむストーリー。実
>>続きを読む

行きずりの街(2010年製作の映画)

1.6

何やろねこの映画。日本映画独特のわかりにくいストーリー展開と、嘘くさい脚本。最後まで観たけど、観ただけと言う感じで終わった。

12年前に生徒と恋に落ちた国語の教室。結局一緒になれず別れて、12年経っ
>>続きを読む

起終点駅 ターミナル(2015年製作の映画)

2.0

地元釧路が舞台なので最後まで見たけれど、んー⁈と言う感じの映画。

昔付き合った女性の裁判を担当する事になる元彼の裁判官と逢瀬を重ねると言うプロットに引かれたけど、特に大きな引き付けるストーリーでもな
>>続きを読む

アンディフィーテッド 栄光の勝利(2011年製作の映画)

3.9

ドキュメンタリーならではの面白さ。

プレーオフに進んだ試合の最後のシーンは実話ならでは。

ケガをしたマネーにもたらされた最高のプレゼント。コーチの話に感動した。

ラストのエンドロールの選手たちの
>>続きを読む

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

2.0

暗い

交通事故で刑務所に。そこでギャング仲間に入り、また犯罪を犯し終身刑に。家族を守るためとはいえ余りにも暗すぎる結末。何を得たらいい映画なのか

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

1.0

1の評価の映画は初めて。あまりにもシナリオがダサい。場面展開があり得なく、セリフも悪く、演技がわざとらしく下手で最後まで見る前にこの評価。よくこんな映画の出演をニコラスケイジも承諾したと感心する。復讐>>続きを読む

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

3.7

感動する

と言う映画ではないが、深みのある内容だった。

単なるボクシングの、サクセスストーリーではない。

でも、何だろね

本当の深い意図はわからない。

ストリート ファイターを継ぐ男(2015年製作の映画)

2.5

残念!

始めの雑貨屋でチンピラに絡まれて、圧倒的に叩きのめすシーンだけは力が入ってよかった。

あとはシナリオが今ひとつ。

1人1人の人間描写が浅くてその人物に入り込めない。サラーっと物語が流れて
>>続きを読む

ギャングスターズ 明日へのタッチダウン(2006年製作の映画)

3.9

楽しめる!

実話ゆえに面白い!

少年院に入っている不良ギャングを更生させるためにフットボールチームを作り、初めは弱者チームなのにドンドン強くなる話し。そして自分たちの可能性に目覚めていくストーリー
>>続きを読む

あいあい傘(2018年製作の映画)

5.0

シンガポールへ行く飛行機の中で鑑賞。涙止まらなくなり大変。インフルエンザで体調悪かったからと言うわけでもなく、胸にグッと来た。

ストーリーはシンプルだけど登場する人たちの心の優しやさ、葛藤、辛さ、静
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

笑った!低予算映画にしてはよくできていると感心した。視点が面白い。

ワンカットのみで制作したゾンビ番組のテレビ生放送企画。それを制作開始から台詞合わせや撮影風景。それが映画の設定になっている。

>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

やばいです。見る前から泣けるだろうとは思ってたけど、ずっと涙が出て止まらなかった。

世の中には親切な人と、そうじゃない人がいる。自分は親切な人間にならないとなぁとこの歳になってあらためて思った。
>>続きを読む

いまを生きる(1989年製作の映画)

3.6

青春時代の力づくで押さえ込もうとする大人たちへの反抗。

高校教師から詩の素晴らしさを教えられた生徒たちが、規律に縛られないで自分達の湧き上がる思いに駆られて行動することで、本当の自由を考えている行く
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.5

ありえない設定だけど、あって欲しい設定。有名な美人女優が、普通に生きる男と出会い、結ばれる設定。ステキなストーリー。でもできればここまでコメディ的にせず、もっとシリアスな展開でもよかったのかも

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

4.0

まさか自分がガンに?

若くして脊髄のガンに侵された主人公の物語。

タイトル通り生きれる確率はフィフティーフィフティー。決して暗くはなく、恋人、親友、家族との関係をコメディタッチで描いている。最後は
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.1

気楽なラブコメディかと思いきや、まさかホロっと来るとは思わず、スコアは4.1。あの頃に戻れたら。それが本当に叶う映画。よくあるタイムトラベル映画かと思いきや、シナリオがほんとによくできていた。

高校
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.8

前に途中まで見たのを忘れて、レイチェル・マクアダムスの映画を探していたら、この映画だったので観ていたら前にも観たのを思い出した。

1回目の時はそんなに面白いと思わなかったけど、今回最後まで観たら、と
>>続きを読む

おとなのワケあり恋愛講座(2014年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

特に内容もなく。お気楽恋愛コメディ。

ストーリーに難あり。妻役の女優さん可愛いなぁと思って観てたら、ジェシカアルバだった。

大学教授と、その生徒が子供が出来て結婚。結婚後アメリカへ渡るも妻が不倫。
>>続きを読む

ブロウ(2001年製作の映画)

3.9

アメリカにコカインを広めた男の実話の映画。覚せい剤物て、裏切りとか、警察の逮捕劇とかあるが、変にドロドロした内容では無く、ある意味アメリカン・ドリーム的に明るく描かれていて、こんな人生を生きた男が本当>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

単純に面白かった。音楽映画として凄いよく出来てる。劇場で観る(聞く)のがオススメ。エンドロール終わって、音楽が止まって、劇場に静寂が訪れた時の不思議な瞬間を味わって。

改めてクイーンの音楽性の高さに
>>続きを読む

白い闇の女(2016年製作の映画)

2.5

新聞記者と、謎の女との不倫。殺人。サスペンス。

可もなく不可もなく。感動も葛藤もなく。

どうせなら濡れ場をもっともっと激しくでもしてくれたら、少しは見応えあるのに。それも物足りなし。

親愛なるきみへ(2010年製作の映画)

3.5

すぐに会おうね。いつもの2人のサヨナラの言葉。

辛い。辛すぎる。

戦地で危険と背中合わせの中、遠く離れた彼女から届いた手紙には、別れが書かれていた。あんなに愛し合って、あんなに待っているといった彼
>>続きを読む

パーフェクト・タイム 100億分の1の奇跡(2014年製作の映画)

3.5

神への信仰。実話。 これが本当なら神を信じてみようと思う映画。

サーフィン。美しい自然。出会い。恋人。別れ。家族。友人。事故。

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

4.2

フェイント。まさか泣かさると思わず。

エッチなチャラ男のコメディーかと思いきや。ファイザーの宣伝映画と思いきや。

パーキンソン病の彼女との将来に悩む。

アンハザウェイがやたらと綺麗。

ラストの
>>続きを読む

>|