EDGEさんの映画レビュー・感想・評価

EDGE

EDGE

映画(1065)
ドラマ(0)

ガメラ 大怪獣空中決戦(1995年製作の映画)

4.5

Dolbycinema
4K HDR特別上映
パッケージ/輸入BD所有
さほど、クリーンな映像にもならず、暗い夜戦もほぼそのまま。
大画面に迫力あるサウンドでの爆音上映に近い感じでしたが、Dolbyc
>>続きを読む

グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION スターゲイザー(2020年製作の映画)

2.7

グリザイアの果実は、未見のファントムトリガーからの参入です。 原作ゲームも未プレイですが、前作から美少女アクションアニメとして観賞しました。
設定のあり得なさが、創作の楽しさです。
アクションもさすが
>>続きを読む

300 スリーハンドレッド 帝国の進撃(2014年製作の映画)

4.6

Dolby cinema一周年特別興行
パッケージ/DVD &BD所有

本公開時にも観賞してはいましたが、ビジュアルノベルの雰囲気そのままに暗めの映像で、あまり良い印象が無かったのですが、Dolby
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

Dolby cinema一周年特別興行
パッケージ/DVD &BD所有

映画館でも何回か観賞し、パッケージでも擦り切るくらい観賞してましたが、Dolby cinemaで Atmosなので、特別興行に
>>続きを読む

ホモ・サピエンスの涙(2019年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

SCREEN♯1
たまに来る、全く理解できない映画。
起承転結で言うと起の差し掛かりだけです。
たまに承の出だしだったり、転の出だしだったり…
残念ながら、結の出だしは見受けられませんでした。
驚きの
>>続きを読む

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

SCREEN♯1
宗教や人種の問題は、たとえ家族で言えども簡単には解決できない。
キッチンストーリーは、大して出て来ません。

脳天パラダイス(2019年製作の映画)

2.6

Odessa theater
色んな要素がごちゃ混ぜで… 柄本明さん、大暴れ。

ボルケーノ・パーク(2019年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

Odessa theater
もぅ、ツッコミどころしかない…
未公開ゾーンでもおかしくない作品。
序盤の流れから、タムさん/お父さんが、中国ディザスター映画に登場する。スーパーマンかと思いましたが、ラ
>>続きを読む

フード・ラック!食運(2020年製作の映画)

2.7

SCREEN♯9
想像以上に楽しめました
メイキングで、寺門監督が、焼のシーンで、どの程度拘ったかは、知りたいです。
映画館の近くに焼肉屋が有ったら、間違いなく入っていたことでしょう。


様々な役者
>>続きを読む

STAND BY ME ドラえもん2(2020年製作の映画)

2.3

SCREEN♯7
…ドラ泣き…何それ⁇泣かない…泣けない⁇
ミューツーの逆襲然り、日本CGアニメは、皮膚がドールのようで、怖い…
別にドラえもんにリアルは求めませんが…

ルクス・エテルナ 永遠の光(2019年製作の映画)

2.3

SCREEN♯1
…コレ何?
前作クライマックスも⁇な作品ですが、斜め上をいく感じ。
上映時間は約1時間と短めですが、何だか分からないストーリーにアホみたいに金切声をあげるキャラクターたち。
ギャスパ
>>続きを読む

ばるぼら(2019年製作の映画)

2.3

SCREEN♯1
…うーん…海外で評判の凱旋⁇
昭和40年代をアレンジせずに撮ったとしか思えないです。
自分には感性が合いませんでした。

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

過去記録
有楽町:スバル座
パッケージ/BD&DVD所有
コレに関しては、原作からの改変がとてもうまくいってると思います。
原作の動機が全く腑に落ちませんでしたので…。

THE CAVE サッカー少年救出までの18日間(2019年製作の映画)

2.7

SCREEN♯4
ドキュメントの再現ドラマという感じ。
下手に洞窟の少年たちにスポットを当てて、創作するより、状況の分かってる、外側からのアプローチが良かったです。
善意のボランティアを縦割りで対応す
>>続きを読む

詩人の恋(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

SCREEN♯1
新しい、胸くそ映画でした。
予告で、若干、嫌な予感もありましたが、悪い方向に当たりました。
終盤に奥さんが、言った言葉に胸くその全てが、表されておりそこだけ、スッとしました。

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

SCREEN♯1
2サススペシャル番組を見たような気分。
まるで、テレビシリーズ/日本テレビ版相棒でもあったかのように当たり前に主役ペアが走り回る。
綾野さん演じる、犬飼は、劇中でもストーリー上、家族
>>続きを読む

アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌(2018年製作の映画)

2.7

SCREEN♯1
主人公の性格が、少々めんどうですが、ストーリーは、赦しを主軸にしたいかにもアメリカンな映画でした。
自分は知りませんでしたが、実在のバンドがモチーフらしいです
個人的なイメージは、ジ
>>続きを読む

魔女見習いをさがして(2020年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

SCREEN♯6
メインキャストに怖さ有りでしたが、ビックリ…悪くないじゃない…😅
ラストは、正直無くてもじゅうふでしたが、ドレミファンの為の演出として…
エンディング曲を聞くだけでも価値アリ

ギャングスター・ナンバー1(2000年製作の映画)

3.8

過去記録
シネマライズ♯1
パッケージ/DVD所有
ギャングの美化が少々行き過ぎにも感じましたが、カッコイイとは、こういうモノと、作り手の確信を持ちながら作ってる様がステキにも感じました。
4Kとは言
>>続きを読む

シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!(2018年製作の映画)

2.7

SCREEN♯1
シラノ・ド・ベルジュラックの出来るまでの話し。
少し、前に観た剣の舞の出来るまでに似てる感じですが、こちらの方が、エンタメ・コメディ感が強くて、面白く観れました。

警部(1978年製作の映画)

2.7

SCREEN♯3
ジャン=ポール・ベルモンド傑作選:8/8
完走しました。
本作と、一番最初に観た大頭脳が良かったです。

大盗賊(1961年製作の映画)

2.5

SCREEN♯3
ジャン=ポール・ベルモンド傑作選:7/8

モンスター・ハント 王の末裔(2018年製作の映画)

2.4

SCREEN♯1

よこくでも何となく想像してましたが、パート2でした。
序盤で、ザックリあらすじめいたものもあるのですが…

そして、今回もヤハリ、トニー・レオン氏の芝居は私には合いませんでした。

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

3.8

SCREEN♯2
やはり、キチンと専門職の声優さんの吹き替えは、素晴らしい。
もっと、話題になって欲しい作品でした。
字幕が無いようなので、パッケージ買いで原語も観賞したいです。

>|