てさんの映画レビュー・感想・評価

て

映画(208)
ドラマ(2)

タイピスト!(2012年製作の映画)

2.8

最初のアニメーション
グラフィックがかわいい

大きい白い犬

今のわたしには話の展開で胸焼けする
わたしのお母さんが好きそう

かわいいものをみてかわいい〜ってなる映画

ヒールに膝下フレアスカート
>>続きを読む

砂の器(1974年製作の映画)

3.2

市役所のおばさんが姫カット
ピアノの上に置かれた飴色の灰皿
駐在所巡査の制服
(黒い肌に白い制服)
SL

悲しいのは今の気分じゃない

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.3

わん公が愛
犬が悲しい顔してるの見るとつらい

でかい犬、かっこいい車
堅物で不器用な偏屈な厳ついジジイ

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

3.6

とても丁寧に人を見て噛み締めている

わたしは人と話すのが苦手だから
あんなにたくさん話しているのがとても羨ましい

人は自分だけがつらいと思い込んでる

奥さんを思うといたたまれなくなる

いい部屋
>>続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)(1999年製作の映画)

3.0

雪の中の高倉健
広末涼子の無敵のかわいさと透明感

子供と外国人の演技
キスシーン

いい塩梅で酔えるのに急に冷水ぶっかけられる感じ

あ!志村けんだ!って思っちゃってにやにやしてだめだった

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.1

松田優作

明確な判断、迅速な行動
死んじまえバカが
壁に書いてある日本語がおもしろいから見て

こってこてのヤクザにデコトラ、暴走族
景気がいいな

トップガン(1986年製作の映画)

3.2

でかい・強い・重いはハマりやすい
わたしの弟が好きそう

豪快
規模も金もアメリカ!って感じで景気がいい
筋肉と白い歯

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

お兄ちゃんほしい

最後水平線に消えておしまいにしてほしかったな

羅生門(1950年製作の映画)

3.8

三船敏郎、京マチ子という俺得映画
京マチ子のパワーすごい

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.6

ポップなテンションでナチス、ヒトラーを扱ってるの初めてみた

裸の島(1960年製作の映画)

3.5

台詞なし
言葉のちからとは
言葉が必要な時とそうでない時があるのに気づかされる

震える舌(1980年製作の映画)

-

(途中で挫折)

子役の演技がうますぎて直視できない
引き込まれすぎて最後まで見れなかった

無伴奏チェロ組曲がぞぞぞと胸を掻き立てる
オープニングのフォントから好きなのに最後まで見れなくて残念
いつ
>>続きを読む

重力ピエロ(2009年製作の映画)

2.6

加瀬亮のかけている眼鏡が欲しい
岡田将生の顔は本当に整っているなと思う映画
好きって人が多いから期待値が高かった

向こうの家(2018年製作の映画)

4.0

思わず深呼吸しちゃう景色の良さ
爺専なのに不覚にも高校二年生にどきどきしちゃった、、、
瞳子さんみたいな女の人とっても素敵だね、明るくなりたいね

しっかり笑った
あそこでみてた人たちみんな引き込まれ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.0

序盤は、うわ…失敗した…って思っていたけど、最終的にはしっかり楽しめました。
おそらく一緒に観た人がよく笑う、楽しい人だったからです。
わたし一人で、いつも通りの低いテンションでみていたら楽しめていた
>>続きを読む

灰とダイヤモンド(1957年製作の映画)

3.5

繊細な美しさと角層に染み込む鬱屈にため息出ちゃう、東欧映画は強い(もれなく途中で寝る)

絵画的で神聖な表現が多い

序盤の銃撃でちょっと笑っちゃった

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.1

全世界の私が「あ…これは…」「知ってる…」「わかる…」などという頬の裏を舐めるような映画

なんとなく身に覚えがある人じゃないとエモさが伝わらない気がする

この江本拓のビジュアル好きだワ、、、

花様年華(かようねんか)(2000年製作の映画)

3.4

秘密は穴に吹き込んで土で埋めること
ビジュアルが好み
パシッとした七三とスーツ
襟の高いチャイナドレス
湿度
個人的なフェチ映画

ロスト・チルドレン(1995年製作の映画)

3.2

10のうち9が不幸
ずっと気持ちが悪い(好き)
マチルダよりミエット

これ薦めてきた人の好みめちゃくちゃ分かりやすい

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.2

リンチだ〜〜

解説読んでもう一回みた

よく通る大きく朗らかな声で胡散臭い爽やかさをふりまく人からこの映画を借りたんだけど、
あの貼り付けた笑顔の後ろになにを隠しているのかすごく気になる

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.7

ずっとセックスしてるし、ずっと暴言吐いてるし、ずっと薬きまってるし、しっかり殴る

パワーで押し切るタイプの罵詈雑言

爽快感溢れる下劣さが好きだけど、これ観て大笑いしてるのはあまり知られたくない

>|